ライターになるための学校と学費(大学、専門学校、スクール)

ライターになるための学校の種類

ライターになるために、絶対に通わなくてはならない学校はありません。

ライターには国家資格や免許なども存在せず、どのような人でもライターとして活躍できる可能性があります。

しかし実際に仕事をしていくうえでは「文章を書く力」が不可欠です。

語彙力や文章構成力、文章表現力といったライティングの基本スキルのほか、クライアントから求められていることを的確に理解する力など、幅広いスキルが要求されます。

これらは独学で身につけてしまう人も大勢いますし、ライター志望者向けのスクールに通ってスキルアップを目指すことも可能です。

ライターになるには

ライターになるための大学

ライターになる道はさまざま考えられますが、もし大手出版社に就職して「編集職」として経験を積み、そこからライターとして独立することを考えているのであれば、学歴は重要だと考えておいたほうがよいでしょう。

大手出版社の応募資格は「4年制大学卒以上」となっているところが多く、高卒や専門卒や短大卒などの人では就職が困難だからです。

また、出版社は採用人数がさほど多くない割に応募者が殺到するため、相当な高倍率になることも珍しくありません。

できるだけしっかりと勉強をして、早いうちから就職の対策をしておいたほうがよいでしょう。

なお、どこか特定の大学に入っておけば就職が有利になったり、文系だから有利になったりすることはなく、理系から出版社へ就職し編集者となっている人も多くいます。

ライターになるための専門学校

専門学校のなかには、マスコミ・出版系のコースのなかにライターを目指せるところもあります。

実際に活躍している記者やライター、編集者から文章の書き方を学ぶことができるため、実践的な勉強をしたい人に向いているでしょう。

一般的な専門学校の場合は2年間で学ぶコースが多く、学費は年間100万円前後です。

こうした専門学校に通ったからといって必ずしもライターになれるわけではありませんが、編集プロダクションや中小の出版社では、4年制大学卒でなくても採用しているところが多いため、こうしたところに就職するという人は多いようです。

ライターになるためのスクール

ライター志望者向けの民間のスクールや講座も多くあります。

新聞社やマスコミなどの民間企業や、各種団体などが提供するものが多くを占めており、在学期間やカリキュラムは学校によって大きく異なります。

「編集」に軸を置いたカリキュラムのものもあれば、ライティングの技術を中心に学べるものもあるため、自分が身につけたいスキルをイメージしたうえで選ぶとよいでしょう。

プロの講師から直に指導や添削を受けられたり、同じ目標に向かって頑張っている仲間と出会えたりすることは、スクールに通うメリットといえます。

期間は2.3ヵ月から半年程度でひと通り学べる講座が多く、夜間のみ・土日のみなど学生や社会人でも通いやすいカリキュラムとなっているところも多くあります。

費用は内容や期間にもよりますが、数万円から数十万円と幅広いため、自分のスケジュールや予算、カリキュラムの内容などを総合的に考えて判断するとよいでしょう。