書道家のやりがい・楽しさ・魅力

収入が安定するまでは副業しながら書道を続けるなど、厳しい世界ですが、書道家の人たちの原動力はどこにあるのでしょうか?

この記事では、やりがい・楽しさ・魅力について解説していきます。

書道家のやりがい

伝統文化の担い手として

書道は日本に古くから伝わる大切な伝統文化の一つです。

この道のプロフェッショナルである書道家は伝統文化の担い手という側面も色濃く、やりがいにつながっています。

書道家は時代を越えて人々に愛され親しまれてきた書道の伝統を、次の時代に引き継ぐ責任を背負っているのです。

教育者としての役割

多くの書道家はその技術を生かして、教育者としての立場を持ち、学校や地域の書道教室で作品の添削指導にあたっています。

書道は真摯に練習に取り組むことで確実に上達できるのが魅力で、生徒の成長を目の当たりにしたとき、教育者として喜びを感じ、それを創作活動の糧にしているという人もいます。

指導していた子どもたちの作品が各種コンクール等で評価されたときなどは、自分のこと以上に大きな喜びを感じるという人も少なくありません。

書道家の仕事内容

書道家の魅力

  • 作品が評価される
  • 多くの人の目に触れる
  • 好きなことに没頭できる

作品が評価される

書道家にとって最大の喜びとも言えるのは自分の作品が評価されることです。

多くの時間を費やして完成にこぎつけた作品が各種コンクールで受賞したり、展示会で値段がついたりした時はそれまでの苦労が報われる瞬間であると言えるでしょう。

書道家は時に多くの人が見ている前で筆をふるうこともあり、近年では音楽に合わせながら大きな筆と紙を使って行うパフォーマンスも注目を集めています。

失敗は許されない大きな緊張感の中で作品を完成させ、見ていた人たちからたくさんの拍手をもらえた時などもやりがいを感じる瞬間の一つであると言えるでしょう。

また商業書道家にとっては、自身の作品が取引先の利益に貢献し、先方に感謝されることも多々あり、それが次の仕事へのモチベーションにつながっています。

多くの人の目に触れる仕事

自分の作品を販売して生計を立てている場合は、自分の作品を高値で買ってもらえたり、多くの人の目に触れる作品を手掛けたりすることが大きな魅力です。

高級ホテルや商業施設に自分の作品が飾られたり、有名料理店でインテリアとして使ってもらえたりすることは、書道家にとって大きな喜びです。

商業書道家の場合は、大企業と仕事ができたり、有名な作品や企業のロゴに作品が使用されたりすれば、日常でも目にする機会が増え自分自身が喜びを感じるだけでなく、多くの人に認識してもらうきっかけとなるでしょう。

商品や企業のイメージを担当した場合は一気に名前が知れ渡り、多くの仕事が舞い込んだり作品の価値がアップしたりすることも少なくありません。

好きなことに没頭できる喜び

プロとしてやっていく以上、つらいことや苦しいことがあったとしても「書道が好き」という気持ちはゆるぎないものです。

自分が好きで極めたいと選んだ道で生活できる書道家は、その多くが好きなことに没頭できることに幸せを感じています。

書道に没頭し、作品制作に多くの時間を費やせることは最高の喜びであるといえるでしょう。

「書道家のやりがい」のまとめ

自分が書いた書道を評価してもらうことで喜びを感じるのはもちろん、指導した子どもたちがコンクールで入賞したときなどもとても嬉しいと感じる書道家が多いようです。

また、公共の場で自分の作品が飾られたり、企業のロゴに自分の字が使われたりすることにも、大きな魅力を感じています。