女性のイベントプランナーのキャリアパス・結婚後の生活

女性でイベントプランナーを志す人も多いでしょう。

イベントプランナーは女性の活躍も目立つ仕事で、職場によっては男性と同じくらい、あるいはそれ以上に女性が活躍しているところもあり、男女の差は一切ない職業です。

また、結婚後もイベントプランナーとして働く女性は多くいます。

本記事では、女性のイベントプランナーの現状や強み・弱み、結婚・出産後の働き方などを紹介します。

女性のイベントプランナーの現状

「イベントが大好きで、自分の企画したイベントで多くの人に喜びを与えたい」という熱意があれば、イベントプランナーの仕事に就くのに男女の差は一切ありません。

実際、イベントプランナーは女性の活躍も目立つ仕事で、職場によっては男性と同じくらい、あるいはそれ以上に女性が活躍しているところもあるようです。

また、イベントプランナーの中でも、とりわけウエディングプランナーに関しては、女性が主体となることが多い職業です。

女性の比率が非常に高く、プランナーのほとんど女性という職場も少なくありません。

女性のイベントプランナーの強み・弱み

イベントプランナーの仕事には

  • 豊かな感性やセンス
  • 計画通りにスケジュールを進めて行く管理能力
  • クライアントや他のスタッフと円滑に交渉を進めていくコミュニケーション能力

が必要です。

そのため、

  • 人に対して気遣いができる
  • 人間関係を築いていける

ことを得意とする女性が力を発揮できる面も大きいようです。

自分のアイデアを形にできる喜びを味わいながら、仕事に打ち込む女性のイベントプランナーは大勢います。

また、女性向けのイベントも多く企画されるため、

  • 同性からの視点でイベントを作る
  • 女性を集客するためにプロモーションを行う

といった際にも、女性のイベントプランナーは重宝されます。

イベントプランナーの結婚後の働き方・雇用形態

女性が仕事を通じてキャリアアップしたいと考えたとき、どうしても直面するのが結婚や出産後も働き続けられるかどうかという問題です。

結婚後もイベントプランナーとして働く女性は多くいます。

結婚後は

  • 仕事をセーブする
  • 正社員からアルバイトになる
  • 企業勤めからフリーランスのイベントプランナーになる

など、働き方を変える人も少なくありません。

イベントプランナーは子育てしながら働ける?

企業に勤める場合

企業に勤める場合は、

  • 勤務先に産休や育児休暇の制度がある
  • きちんと取得できるような体制が整えられている

ようであれば、引き続き働けるといえるでしょう。

子どもが小さいうちはフルタイムではなく、時間を短縮して働ける制度を整えている企業もあります。

実際にこれらの制度を使っている先輩がいれば、心強く感じられるでしょう。

独立した場合

独立した場合は仕事をするもしないも自分次第ですから、場合によっては子育ての時間をつくりながら働くこともできるでしょう。

どれだけの量の仕事を請けるかを自分で決められるため、不安定な生活になりやすい反面、ライフスタイルとの両立はよりしやすい働き方だといえるかもしれません。

ただし、フリーランスでイベントプランナーの仕事をするには、

  • 経験
  • 知識
  • スキル

が求められます。

すでに業界で経験を積んでいたり、人脈を作ったりした女性イベントプランナーが、結婚や出産を機に独立することもあるようです。

イベントプランナーは女性が一生働ける仕事?

イベントプランナーは、

  • 仕事が忙しい
  • 激務というイメージ

もあり、女性が一生働くのは難しいと考える人も多いかもしれません。

ただし、会社の制度を利用したり働き方を変えたりすることで、働き続けることはできます

少子高齢化のなか、今後はイベントづくりの中で女性ならではの視点が生かされることも多く、年齢を重ねても仕事を続ける女性イベントプランナーは今後より増えていくことでしょう。

「女性のイベントプランナー」のまとめ

女性もイベントプランナーとして活躍でき、むしろ同性向けのイベントでは重宝される場合もあります。

ただし、妊娠・出産などの大きなライフイベントに合わせて雇用形態などを変える必要はあるかもしれません。

自分のライフスタイルに合わせて働き方を柔軟に変更できるように、経験やスキルを積み重ねていくとよいでしょう。