このサイトはパッケージデザイナーを目指す人のための情報サイトです。

パッケージデザイナーとは?

パッケージデザイナーは、食品や日用品、家電などさまざまな商品のパッケージをデザインする仕事です。商品のコンセプトやイメージ、パッケージに使われる素材の特性を適格に理解して、消費者が手に取りたくなるようなパッケージをデザインします。この仕事に就くには、まず大学や専門学校でグラフィックデザインを学び、卒業後は大きく分けて、メーカー系の企業に就職して企業内デザイナーになる道と、デザイン事務所や広告代理店でクライアントから仕事を請け負うデザイナーになる道の2通りがあります。平均年収は400万円~500万円程度とされていますが、独立した人気デザイナーのなかには年収1000万円以上を手にする人もいるようです。パッケージデザインは、形を持って店頭に並ぶ商品が作られ続ける限り必要とされるため、職業としてもそれなりに安定した需要が見込めるでしょう。

パッケージデザイナーの仕事内容

パッケージデザイナーは、食品や日用品、家電などさまざまな商品のパッケージをデザインする職業です。

商品のコンセプトやイメージ、パッケージに使われる素材の特性を適格に理解して、消費者が手に取りたくなるようなパッケージをデザインします。

ひと口にパッケージデザインと言っても、ボックス型の紙パッケージのような平面デザインと、立体的な容器のデザインでは、要求される技術や知識が異なります。

平面デザインの場合はグラフィックデザイナーに、立体デザインの場合はプロダクトデザイナーに類似した仕事内容です。

具体的な仕事の流れとしては、まず顧客から商品イメージなどについてのヒアリングを行います。次に素材の選択とデザインの制作を行い、顧客に試作品を提出します。

顧客からの修正要請があれば試作を重ね、完成に至ります。

パッケージデザイナーになるには・必要な資格は?

パッケージデザイナーになるためには、大学や専門学校でグラフィックデザインを勉強するのが一番の近道でしょう。

グラフィックデザイン以外のデザイン系コースでも問題はありませんが、IllustratorやPhotoshopといったデザインソフトを使いこなせる必要があります。

大学や専門学校を卒業してから、メーカー系の企業に就職し企業内デザイナーになる道と、デザイン事務所や広告代理店に就職し、クライアント企業から案件を請け負うデザイナーになる道があります。

パッケージデザイナーになるために必須の資格はありませんが、業務上有要な資格としては、色彩士検定やIllustratorクリエイター能力検定などがあります。

就職活動時点で取得していると、選考に有利になるかもしれません。

パッケージデザイナーに向いている人

パッケージデザイナーに向いてるのは、日頃からデザインやアートワークへの好奇心が強く、さまざまなソースからアイディアを得られる柔軟性を持った人でしょう。

日常生活の中で消費者目線を理解し、意識することができるのも、良いパッケージデザイナーの特徴です。

また、自社マーケティング部門やクライアント企業とのコミュニケーションが非常に重視される職業です。

ヒアリングを通して相手の意図をしっかり理解し、作品に落とし込んで行く能力がある人に向いているでしょう。

試作段階では素材感やフォント、色味、サイズなどの微調整を繰り返す仕事のため、細かい作業をこなしていく根気も必要とされます。

パッケージデザイナーの就職状況・雇用形態

メーカー企業に直接雇用され、企業内デザイナーとなるパッケージデザイナーは、全体数から見るとそれほど多くありません。

企業内デザイナーを雇うことができるのは、一部の大企業に限られているからです。

メインとなるのは、デザイン事務所や広告代理店に雇用されるパターンです。メーカー企業の商品開発部門やマーケティング部門、広告代理店からパッケージデザインを請け負うことになります。

パッケージデザイナーが企業に雇用される場合、雇用形態は正社員や契約社員が多くなっています。十分なスキルが求められる仕事であるため、アルバイトやパートでの雇用は少ない傾向にあります。

企業内やデザイン事務所で経験を積んだのち、フリーランスのパッケージデザイナーとして活躍する道もあります。

パッケージデザイナーの給料・年収・待遇

パッケージデザイナーの給料は、勤務先の規模や取引先規模によって大きく左右されます。初任給はおおむね18万円〜20万円前後です。

経験を積むにつれ昇給はしますが、最終的に給与が飛び抜けて高くなることはありません。

フリーランスとして独立し、大手企業と仕事をする人気デザイナーのなかには、年収1000万円以上を手にする人もいるようです。

クリエイティブ系の会社にはよくあることですが、年俸制として給与を12分割して支給する会社もあります。この場合、残業手当が出ないことが多いため、条件をチェックする際には留意しましょう。

パッケージデザイナーの生活・勤務時間・休日

パッケージデザイナーの勤務時間は、勤め先の就業時間に準じます。朝9時から10時の間に始業し、18時から19時までに終業する、一般的な勤務スタイルです。

フリーランスの場合は就業時間は自由ですが、取引先との打ち合わせなどは一般的な企業の勤務時間内に行うことになるでしょう。

試作品は1点だけではなく、何点も、時には数十点も用意した上でマーケティング部門やクライアントの審査に備えます。

そのためデザイン制作の大詰めの時期には、試作品の提出期日に間に合わせるため残業時間が多くなる傾向があるようです。

パッケージデザイナーの休日は勤務先に準じます。土日祝日が休日となるのが一般的です。フリーランスの場合は休日や休暇は自身で調整します。

パッケージデザイナーの現状と将来性

パッケージデザインは、店頭に並ぶ数ある商品の中から消費者に選んでもらうという点で、とても重要な要素です。

そのため能力のあるパッケージデザイナーは各所で必要とされており、職業としての現状は安定しています。

さらに、形を持って店頭に並ぶ商品が作られ続ける限り必要とされる職業ですから、将来的にパッケージデザイナーへの需要が激減することは考えにくいでしょう。

しかし、省エネの観点からパッケージも簡素化が進むなど、新しい風潮が生まれていることも確かです。

こういった時代の流れには常にアンテナを張り、時代によってどんなデザインが求められているのかを見極める能力を磨くことが大切になってくるでしょう。