ジュエリーデザイナーのやりがい・楽しさ・魅力

ジュエリーデザイナーのやりがい・楽しさ

好きなことを仕事にできる

ジュエリーデザイナーを志す人は、全員ジュエリー(宝飾品)が好きであるといっても過言ではないでしょう。

そのため宝石や貴金属についての専門的な知識や技術を学ぶことに喜びを感じますし、寝ても覚めてもジュエリーのことを考える毎日がとても楽しいのです。

多くの人との縁

自分の頭の中からアイデアが生まれ、ジュエリーができあがり、それをお客さまが身につけて輝くまでには、多くの人々が関わりますが、ジュエリー業界に長くたずさわる人々はかぎられています。

そのため人脈を大切にしながら仕事に結びつけていかなくてはなりません。

ジュエリーが大好きな人々とのつながりはお互いを高めあうことになり、ジュエリーデザイナーにとっての財産であるといえるでしょう。

美を提案できる仕事

アクセサリーのなかでもとくに宝石や貴金属を材料とするファインジュエリーは、非金属を材料とするコスチュームジュエリーとは異なる最高級品であり、非常に高価な値打ちがあります。

もちろん宝石や貴金属が希少性の高い鉱物資源であることもその価値の要因になりますが、デザインや加工によって引き出される美しさに多くの人々は魅了されるのです。

ジュエリーを身につけることでファッションはより華やかになり、人々の魅力を演出することができるといえるでしょう。

この上なくぜいたくな美しさを人々に提案できることはジュエリーデザイナーにとって最高のやりがいです。

センスが評価される喜び

ジュエリーデザイナーとして仕事が継続できるかどうかはセンス次第ともいわれます。

コンテストに入賞したり、展示会や展覧会で評価されたり、お客さまやクライアント(依頼先)に喜ばれたり、ジュエリーデザイナーはさまざまなかたちでセンスを問われ続けます。

高い評価を得るとそのぶん仕事は増えますし、ジュエリーデザイナーとしての価値も高まります。

良くも悪くも実力社会であるともいえますが、そのセンスを人々に認められることこそジュエリーデザイナーという仕事の醍醐味でしょう。

ジュエリーデザイナーの仕事内容

ジュエリーデザイナーの魅力

形に残る仕事

ジュエリーデザイナーとしてひとつの作品を作るには、多くの苦労と時間を要しますが、最終的に作品が完成し、誰かが身に着けているのを見たときは、大きな達成感を味わうことができます。

ジュエリーデザイナーのみならずデザイナー全てにおいて「形に残る仕事」ができるという点は大きな魅力です。

独立するチャンスも

自分がデザインしたジュエリーに人気が出れば、個人でブランドを立ち上げたり、独立したりしてより幅広く仕事をするチャンスもあります。

いつかは自分のブランドを持ちたい、自分の店を構えたいと努力しているジュエリーデザイナーも非常に多くいます。

実力主義の厳しい世界ではありますが、成功したときには大きな収入を得ることができますし、仕事の幅もぐんと広がる可能性ある仕事なのです。