キャラクターデザイナーの需要・現状と将来性

キャラクターデザイナーの現状

キャラクターデザインは、デジタル化が進むことで、平面の絵だけでなく3Dモデルが作成されることが増えてきました。

とくに近年はゲームアプリなどスマートフォン向けのアプリでの需要が高まっており、ただイラストを描けるだけではなく、立体的なデザインができるキャラクターデザイナーが求められています。

今後はよりAIが導入され、デザインやモデル作成はより簡単になっていくと考えられますが、デザインを0から発想することや、その人自身のオリジナリティのあるアイデアは、AIにはできない分野です。

よって、今後もキャラクターデザイナーの需要がなくなることはないと考えられます。

キャラクターデザイナーの需要

需要はあり続ける

キャラクターデザイナーは、アニメやゲーム、映画など、さまざまな分野で活躍することができる仕事です。

そのなかでも、アニメやゲームといったエンターテインメントの世界では、キャラクターがその作品の中心に存在するといっても過言ではありません。

今後もエンターテインメントがあり続ける限り、キャラクターデザイナーの仕事は無くなることはないでしょう。

SNSでの人気

近年は、イラストレーターなどとして活躍する人が、イラストやキャラクターをSNSで公開し、そこから人気に火がつくというケースが増えています。

こうしたきっかけでプロとして仕事をはじめる人も増えつつあり、今後はキャラクターデザインでもライバルが増えていくと考えられます。

キャラクターデザイナーの将来性

独自性を打ち出す

キャラクターデザイナーの仕事を続けていくためには、トレンドを敏感にキャッチし、その一歩先を行くユニークな発想力を高める努力を続けることが重要です。

ただ「絵が上手」というだけでは、キャラクターデザイナーとして成功するのは難しいのが実際のところです。

クライアントが意図するキャラクターをしっかりと表現し、相手のニーズに見合ったものを提供できることは当たり前です。

そのうえで、ほかの誰にもまねできない独自性のあるキャラクターを作り上げることができるようになれば、多くの人から認められる存在として活躍できるでしょう。

正解はない世界ですが、日ごろから自分自身の感性を磨き、デザイナーとしてレベルアップしていく向上心が必要不可欠だといえます。

多くの人に愛されるキャラクターを

誰でも一度は見たことがあるような人気キャラクターは、国内のみならず海外にも知れ渡り、多くの人に愛されます。

手掛けたキャラクターの人気が高まれば高まるほど、グッズが発売されたり、メディアミックスされたりするなどし、売上も上がっていきます。

このようなキャラクターを生み出すためには、並々ならぬ努力が必要です。

ただし、キャラクターデザインという自分の腕ひとつで勝負していけるところは、この仕事の大きな可能性を感じられる一面であるといえるでしょう。

キャラクターデザイナーの今後の活躍の場

近年、日本では家庭用ゲーム機の需要は減少傾向にありますが、その分スマホやタブレットなど場所を選ばず楽しめるモバイルゲームやソーシャルゲームの人気が高まっています。

ゲームやアニメ業界ではつねに新しい発想のデザイン、人の心を惹きつけるキャラクターが求められており、キャラクターデザイナーとしての活躍のチャンスはまだまだあるといえます。