「広告宣伝」とは

自社商品やサービス、ブランドの認知度を高めるために、各メディアに広告を出稿する。

広告宣伝は、企業の商品やサービスについての効果的な広告を出稿し、売上げや企業イメージを高める役割を担っています。

マーケティングに始まり、企画立案、制作、出稿、効果の評価までを行います。広告宣伝の仕事に就くには、メーカーなどの企業に入社し、広告宣伝部門への配属を希望していきます。

または当初から広告代理店に入社することで、広告のさまざまな段階の業務にあたることができます。

広告宣伝職の平均年収はクリエイティブ職の中では比較的高く、40代以上では1千万円以上の高収入を得ている人も珍しくありません。

しかし年代や雇用形態、事業規模によって収入は大きく異なります。

ウェブ広告が重要性を増している中で、既存の4大メディアだけでなく、インターネット上での広告セオリーにも通じた人材の活躍の場が広がっていくことが予想されます。

「広告宣伝」の仕事紹介

広告宣伝の仕事内容

広告宣伝の仕事内容は、さまざまなメディアに自社にまつわる広告を出稿することで、商品やサービス、自社ブランドの認知度を高めることです。

実際の業務内容は、じっくりマーケティングをした上で企画を立て、その企画に基づいてクリエイターやタレントをキャスティングし、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、ウェブなどに広告を出稿します。

またそれに合わせてキャンペーンやイベントを打つこともあります。

こういった一連の業務については、広告宣伝の中でも部門が分かれていることがあります。

広告宣伝になるには

メーカーなどの新卒採用では、応募時に配属先部門を選ぶことができないため、広告宣伝部門を希望していても別部門に配属されることがあります。

広告代理店に就職すれば何かしら広告宣伝に関わる仕事に就くことはできますが、業務が細分化されており、必ずしも希望の業務を担当できるとは限りません。

いずれの場合も異動願いを通して希望業務への配置換えを待ちます。

大学卒業相当の学歴を応募条件に挙げている企業が多いでしょう。

学部や専攻に関しては指定がないのが一般的です。

文系のイメージがある広告宣伝の仕事ですが、業界や出稿媒体(特にウェブ)によっては、理系学部出身者を好んで採用する企業もあります。

広告宣伝の給料・年収

広告宣伝の年収はクリエイティブ業界では比較的年収が高く、平均年収は男性で500万円半ば、女性で400万円半ばとなっています。

とくに40代以上で高収入を得ている人が多いといわれ、他の年代に比べ年収1千万円以上の人の割合が多いようです。

しかし大企業と中小企業の年収格差は激しく、また雇用形態によっても大きな差が付きます。

また、年俸制を採用している企業では残業代が出ないケースもあり、この場合労働時間に見合った年収が得られない可能性があります。

年収だけでなく、手当や福利厚生などの待遇をよく確認して応募することが重要です。

広告宣伝の現状と将来性・今後の見通し

広告宣伝は企業の商品・ブランドイメージを左右する重要な仕事です。

メディアと広告形態の多様化にともない、トレンドを敏感にキャッチし、各種メディアに効果的な出稿のできる人材は、需要が高まっていくでしょう。

とくにウェブ広告の分野はこの先も大きく伸びていくでしょう。

またSNSを使ったマーケティングやヴァイラル(口コミ)宣伝を的確に活用できることが、広告宣伝の仕事をする上で重要になっていくと見られます。

こうした流れを踏まえ、4大メディア+ウェブという広告形態を縦横無尽に駆使する能力を身につけることが必須になるでしょう。