キャラクターデザイナーの仕事内容

キャラクターをデザインする

キャラクターデザイナーは、ゲームやアニメ作品などに登場するキャラクターをデザインする仕事です。

作品の世界観やコンセプトをもとに、プロデューサーや監督、脚本家アートディレクターなどと打ち合わせをしながら衣装や髪型などの外見のデザインをすることもあれば、何もないところからオリジナルのキャラクターを作っていくこともあります。

ただ決められた絵を描くだけではなく、キャラクターの種類(人物、動物、架空のものなど)まで考えていくことも多くあります。

また、同じキャラクターでもいくつものポーズを描く必要があり、アイデアや発想力が求められる仕事です。

キャラクターデザイナーは、キャラクター設定からキャラクターのディティールまで一貫して携わっていくことになります。

求められるスキル

キャラクターデザイナーは、多くの場合、PhotoshopやIllustratorなどのソフトを使ってイラストを作り上げていくことになります。

3DCGを駆使したゲーム作品では、より立体的なイメージを作り上げる必要があります。

したがってデッサン力など基本的な画力やセンスはもちろん、専門のソフトを扱うスキルも求められてきます。

また、クライアントの要望を的確に把握し、アイデアを形にしていく力も求められてきます。

就職先・活躍の場

キャラクターデザイナーのおもな活躍の場は、ゲーム会社やアニメプロダクション、デザイン事務所、広告代理店、玩具メーカーなどとなります。

最近では企業広告のキャラクターデザインなどの需要も大きく、エンターテインメントの分野以外でもキャラクターデザイナーの仕事の幅は広がりを見せています。

自治体の、いわゆる「ゆるキャラ」をデザインするような人もいます。

なお、キャラクターデザイナーの働き方はさまざまで、会社に勤めて正社員・契約社員などの形で働く人もいれば、フリーランスで働く人もいます。