このサイトはグラフィックデザイナーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「グラフィックデザイナー」

仕事内容
グラフィックデザイナーは、雑誌の広告やポスター、チラシ、商品パッケージなど、主に印刷物のデザインをする仕事です。広告代理店や広告制作会社、企業の宣伝部などが代表的な職場となりますが、フリーで働く人も多くいます。制作の際には、企画内容やコンセプト、ターゲットに沿ったデザインを検討する必要があるほか、場合によってはイラストレーターやコピーライターたちとチームを組んで動くこともあります。
なるには
グラフィックデザイナーは、特別な資格が必要な仕事ではありません。なるための代表的なルートとしては、美術系の大学や専門学校でデザインを学び、広告代理店や広告制作会社に就職する方法が挙げられます。グラフィック作成ソフトが使えると、就職時に有利になることも多いようです。ただし、すぐにバリバリと活躍できるわけではなく、まずはアシスタントとして経験を積み、次第に大きな仕事を任されるようになります。
給料
グラフィックデザイナーの年収は300万円~500万円程度が相場ですが、勤める企業の規模やキャリアによってだいぶ異なります。大手広告代理店の場合は30代で1000万円を超えるケースもあるものの、中小の制作会社ではそれほど高い収入を得られないことが多いです。待遇も勤務先によって異なりますが、大手は福利厚生等も充実しているところがほとんどです。しかし、締め切りに追われがちな仕事であり、残業や徹夜が入る可能性もあります。
将来性
出版不況と言われるように、世の中において紙媒体は少しずつ減りつつあるのが現状です。印刷物の仕事が完全になくなることは考えにくいものの、今後のグラフィックデザイナーは紙専門ではなく、Webにも対応できる人が生き残っていくものといわれています。そのため、デザインの高いスキルを持っているばかりではなく、時代のニーズに合わせ、幅広い知識と最新の技術を自分で勉強していく姿勢が必要と言えるでしょう。