インダストリアルデザイナーのやりがい、魅力

自分の手掛けた製品が世の中に出ること

インダストリアルデザイナーにとってのやりがいは、自分がデザインした製品が実際に形になり、世の中に出回ってあらためて目にできることです。

多くの人に使用されるものづくりに貢献できた気持ちになりますし、デザインに関して消費者からの反応があったときにも、やりがいを感じることができるでしょう。

たくさんのものづくりに携わっていくことができ、自分の生きている証を残しているような気分になることもあります。

イメージを形にできたとき

インダストリアルデザイナーの仕事では、まったく何もないところから、イメージを具現化する作業をしなくてはなりません。

最初は漠然としたアイデアしかないことも多いですが、自分のセンスや専門知識、スキルによって、次第に形あるものが生み出されていくのは楽しいことです。

ときには自分の良いと思うものと、クライアントや他のスタッフが良いと思うものが違い、なかなか意見が合わないこともあります。

また、とくにインダストリアルデザインでは、見た目の美しさだけでなく、機能性や使いやすさ、コストなど多岐にわたる要素を考慮してデザインしていかなくてはなりません。

難しい案件に直面することもありますが、だからこそうまくいったときの喜びは大きなものとなります。

実力次第で大きく稼ぐこともできる

インダストリアルデザイナーは、能力次第で活躍の場を広げたり、収入アップにつなげたりすることもできる仕事です。

たとえば企業内デザイナーとして働いていた人が、独立して自分のデザイン事務所を立ち上げたりフリーランスになって自由に働くということもあります。

実力あるデザイナーだと認められれば、大きな案件を任されるようになり、それまでよりずっと大きな収入を手にできるチャンスもあります。

インダストリアルデザイナーとしてどう生きていくかは自分で決めなくてはなりませんが、スキルアップしていくことにやりがいを感じることもができる仕事です。