イラストレーターの仕事内容

イラストレーターは専門分野で働くイラストレーターも存在し、多岐に渡って活躍しています。

自分のやりたいことはどういう仕事なのか明確にしなければ、イラストレーターとして活躍できません。

この記事では、イラストレーターの仕事内容から間違えやすい職種との違いまでを解説します。

イラストレーターの仕事とは

イラストレーターは、商品や雑誌・書籍・ポスターなどに使われるイラストを描く仕事です。

イラストレーターはさまざまなイラストを描きますが、

・書籍やカタログ専門など各分野に特化した形で仕事をしているイラストレーター
・クライアントの要望に応じてさまざまなイラストを提供しているイラストレーター

などイラストレーターにも分野が分かれています。

また、メディアだけでなく、広告や日用品などイラストを目にする場面はあらゆる場所にあり、さまざまな場所でイラストレーターが活躍しています。

各分野に特化した形で仕事をしているイラストレーター

特化した仕事の例
  • 似顔絵イラストレーター
  • 絵本イラストレーター
  • 専門的な分野で活躍するイラストレーター

似顔絵イラストレーター

似顔絵専門にするイラストレーターです。

似顔絵は精密なデッサン力が求められ、さらに自分の画風をプラスすることで人の顔の特徴をうまく表現することが必要です。

また、似顔絵イラストレーターは「絵を描きながら」似顔絵を描く相手と話をしなくてはなりません。

似顔絵の技術だけでなく、お客さんと打ち解けるコミュニケーション能力が求められるため、一般的なイラストレーターよりもサービス業的側面が強くなるといえるでしょう。

絵本イラストレーター

絵本に乗せる挿絵やイラストを専門に描くイラストレーターです。

絵本の読者が子どもであることを考えると、イラストを描く際には「子どもにどう見えているか」を意識する必要があります。

子どもの印象に残る絵と大人の印象に残る絵はまったく違うため、対象年齢に合った画風や色の使い方をしなくてはなりません。

そのためイラストを描くスキルだけでなく、絵本や子どもに関する知識も備え合わせている必要があります。

専門的な分野で活躍するイラストレーター

投影図や分解図などの図版を専門に制作するテクニカルイラストレーターや、解剖図や医療・生物に関するイラストを描くメディカルイラストレーターなど、専門的なイラスト制作に特化して仕事をする人もいます。

イラストレーターの役割

メディアや広告、日用品に至るまで、日常生活を送る上ではあらゆる場面でイラストを見る機会があります。

こうしたイラストはイラストレーターがいなくては生まれません。

現在はフリーソフトやアプリなどを使ってイラストを簡単に手に入れられますが、その裏でもイラストレーターが活躍しています。

イラストレーター自体が露出することは少なく、あまり人目に触れる仕事ではありません。

また基本的には自分の描きたいものを描くというスタンスではなく、デザイン事務所や広告代理店など、クライアントから来た依頼や希望に沿ったものを描く仕事のため、イラストレーターは芸術家的要素よりもより職人的要素が強い職業と言えるでしょう。

イラストレーターの勤務先の種類

勤務先の種類
  • フリーランス
  • デザイン事務所
  • 一般の企業

フリーランス

イラストレーターは、フリーランスで働く人が多い職業です。

基本的にはイラストを描く作業は一人でできるため、企業に所属していなくても仕事さえあればイラストレーターになれます。

絵を描くだけでなく営業活動や経理まで一人で行う必要があっても、企業のルールの下で仕事をする必要はなく、仕事の自由度はより高くなります。

人気が出て大きな仕事をいくつも受けるようになると、自分で事務所を立ち上げる人も少なくありません。

デザイン事務所

デザイン事務所や広告代理店など広告関連のコンテンツ制作会社で働くイラストレーターもいます。

広告デザインの場合には、グラフィックデザイナーライターチームを組んで、一つ作品を仕上げていくこともあります。

デザインや広告業界では、複数のイラストレーターが描いたイラストから採用する作品を選ぶいわゆる「コンペ」が行われることもあり、非常に実力が求められる世界です。

一般の企業

一般企業でも、広報部などで活躍するイラストレーターがいます。

近年ではスマホゲームやアプリ開発をする企業で、ゲームのキャラクターやアバターのイラストを書ける人材の需要が増えているため、イラストレーターを社員として募集する企業も増えてきています。

会社員であれば基本的には会社の案件をこなすことになり、ときにはイラストを描く以外にも会社の事務作業などイラストに関わらない業務も発生します。

イラストレーターの仕事の流れ

フリーで働くイラストレーターの仕事の流れは、一般的には下記の通りです。

依頼をもらう
依頼は、基本的には電話やメールで連絡が来ます。

そのほか、クライアントと直接会って話をし、その場で仕事の紹介をしてもらうこともあります。

また、イラストレーター向けの仕事紹介サイトなどに登録することで、サイトを通じて仕事をもらえることもあります。

サンプルを送る
制作に入る前に、まずはサンプルを作成します。

ときには複数案を提示することもあります。

サンプルを見たクライアントがイラストを気に入らなかったり、手直しを要求されたりしたときは、ゴーサインが出るまで何度もサンプルの提出を繰り返します。

制作に入る
サンプルが決定したら、いよいよイラストの制作に入ります。

イラストレーターによって、パソコンを使う人や紙に直接描く人など画法はさまざまですが、一人でずっと机に向かいっぱなしの作業になるので、体力や精神力が求められます。

修正・追加を行う
作品を制作しクライアントに送った後は、細かい点を確認し修正があれば修正をします。

近年のイラストレーターはパソコンを使って仕事をしている人が多いため、修正作業も簡単すぐに行えます。

イラストレーターと関連した職業との違い

イラストレーターと画家の違い

イラストレーターと画家の違い
  • イラストレーター:出版社や広告代理店、企業などのクライアントから依頼されてイラストを制作する
  • 画家:自分の描きたいテーマで作品を仕上げ、個展などで作品を売って収入を得る

画家とは違って、イラストの内容は自分の描きたいことやモチーフではなく、クライアントらの要望が最優先されるため、画家と比べて仕事の自由度は低いと言えるでしょう。

画家の仕事

イラストレーターと漫画家の違い

イラストレーターと漫画家の違い
  • イラストレーター:1枚ですべてを表現する
  • 漫画家:何ページもかけて絵を表現する

漫画家は絵のスキルも大切ですが、それよりもどれだけ面白いストーリーや魅力的なキャラクターを考えられるかが求められます。

漫画家はストーリーを伝えるために何ページもかけて絵を描くのに対し、イラストレーターは、1枚のイラストですべてを表現しなくてはなりません。

また、ストーリーやキャラクターなど自分のアイデアを形にすることが多い漫画家に比べ、イラストレーターは、クライアントから依頼を受け指示通りにイラストを描くことが多い点も大きな違いと言えるでしょう。

漫画家の仕事

「イラストレーターの仕事内容」のまとめ

イラストレーターはクライアントに依頼された絵を描くだけでなく、各分野に特化した仕事もあります。

就職先もさまざまですが、スマホゲームやアプリ開発をする企業からの求人も増え、イラストレーターの需要は広がっています。

また、基本的には自分の描きたいものを描くよりも、クライアントから来た依頼や希望に沿ったものを描く仕事のため、自由度は低く職人的要素が強い職業と言えるでしょう。

イラストレーターの仕事はさまざま

イラストレーターと一口に言っても、その仕事はさまざまです。

自分が目指したいイラストレーターに求められる絵柄やスキルを身につける必要があります。

専門学校に通えば、イラストレーターに必要なスキルを効率よく身につけることができます。

ヒューマンアカデミーなら、イラストレーターだけでなくCGクリエイターやグラフィックデザイナーを目指すことも可能です。

また、業界とのつながりも深く、デビューのチャンスもたくさんあります。本気でデビューを目指したい人にお勧めです。

ヒューマンアカデミーでは無料で資料請求を受け付けています。少しでも興味のある人は、気軽に申し込んでください。