キャラクターデザイナーのつらいこと・大変なこと・苦労

キャラクターデザイナーのつらいこと・大変なこと

キャラクターを生み出す苦労

キャラクターデザイナーが苦労を感じることのひとつは、自分のアイデアや発想力で新しいキャラクターを生み出し続けることです。

世の中にはたくさんのキャラクターがあふれていますが、そのなかでもつねに目新しく、そして人々に愛されるキャラクターを作り出すのはとても大変なことです。

単純に絵がうまい、発想力があるというだけでは務まらない仕事であり、アイデアが湧かないときでも諦めずに考え続ける粘り強さや、仕事に対する情熱が必要になってきます。

認められるのに時間がかかる

いま、現場の最前線でキャラクターデザイナーとして活躍している人たちも、最初から認められていたわけではありません。

多くの場合、まずはCGデザイナーやグラフィッカー、イラストレーターといった職種で下積みを経験し、周囲の人たちに認められることによって、初めてキャラクターデザインを任されるようになります。

キャラクターデザイナーというと華やかで魅力的な仕事に感じるかもしれませんが、成功するまでには険しい道のりを歩んでいかなくてはならないのです。

下積み時代は給与や待遇面であまり恵まれない職場もあり、そうした厳しさを実感することもあるでしょう。

キャラクターデザイナーの悩み

キャラクターデザイナーは、多くの場合、100%自分の思い通りにキャラクターを創造できるわけではありません。

クライアントからの依頼を受けて、その要望に応える形で制作を進めていきます。

もちろん、プロフェッショナルの立場としてアイデアや意見を出すことはあるものの、それがすべて受け入られることはほとんどないのが実情です。

そのため、自分では「絶対にこうしたほうがいい」と思っていても、最終的にクライアントからOKがでなければ、納得できない形で仕事を進めていくことも珍しくありません。

それでも最高の仕事をするのがプロのデザイナーとしての役割ですが、自分の思い描いているイメージと、クライアントの思い描いているイメージが合わないときは、ストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

キャラクターデザイナーを辞める理由で多いものは?

キャラクターデザイナーを辞める人は少ないといわれています。

キャラクターデザイナーになるには長い道のりを経なくてはならないため、「キャラクターデザイナー」の肩書きを名乗れるまでたどり着いた人は実力者ばかりです。

ただし、キャラクターデザイナーになったとしても、キャラクターデザインだけでなく幅広いメディアで実力を生かし活躍する人が非常に多いのが特徴です。

ときには「アートディレクター」「グラフィックデザイナー」「ゲームクリエイター」「イラストレーター」などの肩書きでキャラクターデザインをしている人もいます。

また、キャラクターデザイン以外にも多くの仕事を手掛ける人も少なくなく、マルチな活動をする人が多いです。