「空間デザイナー」とは

空間デザイナー_画像

店舗、ホテル、美術館など、あらゆる空間を、その場にふさわしい内装や装飾で演出する。

ディスプレイ、イベント、店舗と、手掛ける範囲も幅広いのが空間デザイナーです。

ひとつの分野を専門的にやる人もいれば、幅広く手掛ける人もおり、それぞれ発生する作業が変わることもありますが、スペースをデザインすることに変わりはありません。

空間デザイナーになるために特に必要な資格はありませんが、設計図解読や工具や素材の扱い方など専門的な知識が必要になるため、美大や専門学校に通う人や、プロの下でアルバイトとして素業を積む人がほとんどです。

収入は他のサラリーマンとほぼ変わらず、初任給で20万円前後ですが、指名で仕事が入るほど人気デザイナーになったり独立したりすると収入も一気に上がります。

有名な空間デザイナーになると年収1000万以上稼ぐ人もおり、それだけに実力がものを言うシビアな世界なのも事実です。

「空間デザイナー」の仕事紹介

空間デザイナーの仕事内容

空間をデザインする仕事

空間デザイナーはその名のとおり、空間をデザインするのが仕事です。

「スペースデザイナー」とも呼ばれることもあり、イベントブースやディスプレイウインドウ、美術館などの公共施設、ホテルのロビーや店舗内まで、さまざまな空間をコンセプトに沿ってデザインするお仕事です。

照明計画や装飾品のデザインや手配はもちろん、そこで使用するインテリアまで製作する人もいるほど仕事の幅は多岐にわたります。

仕事は新しく建築される建物の設計段階から企画に入ることもあれば、リフォームの依頼が来たり、期間限定でブースやエントランスのデザイン依頼が来たりとさまざまなパターンがあります。

力仕事が発生することもありますが、センスを生かして女性でも活躍できる仕事のひとつです。

空間デザイナーの就職先・活躍の場

企業勤めかデザイン事務所か

空間デザイナーの勤務先は大きく分けて、2種類あります。

まずひとつめは、企業に会社員として勤め、インハウスデザイナー(企業内デザイナー)として働くことです。

新製品の発表時やイベント時の空間デザインなど自分が勤める会社に関わるものでデザインを手掛けます。

もうひとつはデザイン事務所に所属し、外部からの依頼を受けて仕事をすることです。

インハウスデザイナーは手掛ける仕事もある程度決まっていますが、デザイン事務所に所属する場合は手掛ける仕事やジャンルもさまざまです。

空間デザイナーの1日

仕事内容によって変わる1日

空間デザイナーの一日は、その日の仕事内容によって変わります。

一日室内でデザインを考える日もあれば、実際に現場に出てディスプレイをする日もあります。

イベント時や公共施設のディスプレイは、深夜や早朝に行われることもあるため、会社員のように一定の時間で働くことは少ないです。

9:30  出社
 
10:15 打ち合わせ
次回のディスプレイで使う備品をメーカーと打ち合わせ
気に入るものがないときは自作することもあります。

11:00 
次回手掛けるイベントの空間デザインについてラフスケッチを描く
クライアントのイメージに合うよういくつかの候補をつくっておきます

14:00 休憩

15:00 
次回手掛けるイベントの会場を下見。
広さだけでなく、段差やコンセントの位置、人通りなどもチェックしておきます。

16:00
帰社ついでに、自分が手掛けた百貨店のディスプレイを見学
不備はないか、お客さまの目に留まっているかをチェック

17:00 備品の準備
明日は早朝からディスプレイの現場に入るので、持ち物やデザインを入念に確認

19:00 帰宅

空間デザイナーになるには

専門知識を身に付け就職する

空間デザイナーになるためには、まずデザインに関する基礎知識が必要です。

そのため、多くの人は専門学校や大学に通い、デザインを専攻して学んだあと、就職しています。

空間デザイナーの就職先というと、デザイン事務所をイメージする人も多いですが、そのほかに、メーカーや飲食チェーン、ハウスメーカーなどに勤務する人も少なくありません。

大手になると、デザインを外注に出さず、社内ですべて担当し経費を節減する企業も少なくないためです。

実力がものをいう世界のため、女性でも活躍している人がとても多い職業のひとつです。

空間デザイナーの学校・学費

デザイン系の知識は必須

専門の学校に通わなくても空間デザイナーの元などで下働きをしつつ、独学で勉強をすることも不可能ではありませんが、それは相当稀なケースです。

空間デザイナーとして仕事をしていくには、デザイナーとしてのセンスや知識はもちろん、照明や、設備など建築系の専門的知識なども必要となります。

一生の仕事として目指すなら、やはり少なからず専門の学校で学んだ方がよいといえるでしょう。

デザインが学べる場所としては、美術系の大学や専門学校、社会人向けのキャリアスクールなどさまざまあります。

空間デザイナーの資格・試験の難易度

特別な資格は必要なし

現在、「空間デザイナー」という資格はなく、その他にも特別必要な資格はありません。

空間デザイナーの仕事に近いものとして「空間ディスプレイデザイナー」の資格があります。

民間資格で、2級?1級まであり誰でも受験することができます。

年に5回ほど実施され、在宅での受験が可能(期限までに回答用紙を送付)なことから、比較的取得しやすい人気の資格でもあります。

自宅で調べながら回答することも可能なため、難易度は決して高くなく、入門的に勉強するにはおすすめの資格です。

空間デザイナーの給料・年収

経験を積むと年収アップも

空間デザイナーという仕事は専門性が高いだけに、経験やスキルがものをいいます。

経験値もスキルもない新人のうちは、他の職業よりも賃金は安い場合もありますが、仕方のないことだといえるでしょう。

しかし、経験を積み、指名で大きな仕事が入るようになったり、仕事で賞を取るなどして注目を浴びるようになったりすると給料も一気に上がります。

企業に属している場合は年収も他の職業とあまり変わりがないことも少なくありませんが、センスと実力を持ち合わせていれば、若くして高年収といったこともめずらしくはない職業です。

空間デザイナーのやりがい、楽しさ

趣味も活かせる仕事

空間デザイナーには、もともとインテリアが好きだったり、インテリアに関心があったりするという人が多いです。

与えられた空間をどう魅せるか、人をひきつけるためには何が必要か、そのためにはどんな照明やインテリアが必要かを考える空間デザイナーの仕事です。

ときにはイメージに沿ったインテリアや装飾品を求めて、ショップを探し回ったり、自作したりすることもあります。

こうした仕事も、インテリア好きであれば苦になるどころか、やりがいにつながるほど楽しい作業に感じることでしょう。

空間デザイナーのつらいこと、大変なこと

華やかなイメージと裏腹に体力勝負

空間デザイナーと聞くと、華やかなイメージを持っていることでしょう。

しかし実際はかなり地味な作業もあり、かなりの力仕事でもあります。

重い資材を抱えて現場に入ったり、スケジュールが間に合わなければ現場で作業を手伝ったり、複数の現場を掛け持ちして駆けまわったりと、ディスプレイが出来上がるまでは体力勝負で、時に厳しく感じることもあるかもしれません。

逆にフットワークが軽い人や、ひとつのところに長く居ることができない人などには向いている仕事ともいえるでしょう。

空間デザイナーに向いている人・適性

空間や色彩感覚が優れている

空間デザイナーはその名のとおり、決められた空間をコンセプトに沿ってデザインするのが仕事です。

どう見せるのが美しいか、与えられた空間と予算を使って、コンセプトやテーマをより魅力的に表現するのが仕事です。

まずは基礎的なデザインセンスに加え、立体や空間をデザインする力が求められます。

また、ライトアップや照明に関することを手掛けることもあるので、色彩センスや電気系統の知識があるということも大事な要素のひとつです。

空間デザイナー志望動機・目指すきっかけ

志望動機と共にポートフォリオを

空間デザイナーは、人気の職業で就職も狭き門となっています。

そのため、志望動機はしっかりと考えておかなくてはなりません。

どのような空間デザイナーになりたいか、どんな空間デザインに心を打たれたかなど具体的なエピソードを話すとよいでしょう。

また、ポートフォリオも大切な判断材料となります。

作品提出の際は、センスの高さやクオリティはもちろん、作業の丁寧さなどがとくに重要視されるため、作品に雑なところがないか、今一度確認してから送るようにしましょう。

空間デザイナーの雇用形態・働き方

独立してフリーになる人も

空間デザイナーは、基本的には企業に属するか、デザイン事務所に所属する正社員です。

アルバイトで採用されることもないわけではありませんが、ほとんどが現場での軽作業やデザイナーの補助的役割で、空間デザイナーとしての仕事をさせてもらえるわけではありません。

経験を積んだ後、フリーになる人も少なくありません。

人気の空間デザイナーの場合は高収入になることもあり、実力と人脈さえあれば、独立後も十分活躍できるでしょう。

空間デザイナーの勤務時間・休日・生活

仕事に合わせて勤務する

空間デザイナーは、一人ひとり担当する仕事によって仕事の進み具合やスケジュールも変わってくるので、出社時間はまちまちなケースが多いです。

またフレックスタイムを取り入れている会社も多く、仕事の状況によって出勤時間を決めることが多いようです。

帰宅時間は遅めな人が多く、繁忙期になると徹夜作業になることもあります。

空間デザイナーという仕事自体が、「何時から何時まで働く」というよりも「仕事に合わせて勤務時間を決める」という人がほとんどです。

空間デザイナーの求人・就職状況・需要

需要はあるが募集は少ない

「空間デザイン」が世間に広まり、需要が高まってきたとはいえ、まだまだ求人募集は少ないのが実情です

その原因のひとつに、ひとりのデザイナーに仕事が集中することが挙げられます。

経験を積むほど、実力も信頼度も高まる空間デザイナーの仕事は、一度軌道に乗ると他の仕事に転職する人も少なく、引退するまで一生の仕事にする人も多く目立ちます。

求人は少なく狭き門ではありますが、裏を返せば一生続けていける手堅い仕事だともいえるのです。

空間デザイナーの転職状況・未経験採用

似たような職種からの転職

空間デザイナーへの転職者で比較的数が多いのが、仕事内容が近いインテリアデザイナーやインテリアコーディネーターです。

実際、インテリアコーディネーターと空間デザイナーは仕事の区別もかなり曖昧で、担当する仕事内容に厳密な境界線もないので、どちらの業種からの転職もあります。

転職の理由としては、待遇・給与面などの他に、住居などの実用的な空間からイベントやディスプレイなど別の場所で表現をしたいという人や、もっと自由な物を創りたいということがよくみられます。

空間デザイナーの現状と将来性・今後の見通し

空間デザイナーの需要が拡大

SNSなどの情報拡散の規模やスピードに伴い、人々の感性や美的センスは向上していっています。

ウィンドウディスプレイやアパレルや飲食店の店内空間にも、よりハイセンスで個性的かつ新しいイメージが求められています。

今後も空間デザイナーのニーズは増えていくことでしょう。

最近では、流行を追う反面、スタンダードな物への回帰や古き良き日本文化も見直されつつあります。

空間デザイナーが増える中、空間デザインにメッセージ性のあるものなど、今までとは違った独自の空間デザインへの模索がより必要となっていくことでしょう。