コピーライターへの転職・未経験採用はある?

コピーライターへの転職状況は?

コピーライター職の中途採用では、ほとんどの企業が「コピーライター経験者のみ」を募集するため、まったく別の職種から未経験でコピーライターに転職をするのはかなり困難です。

ただし、取材記者やテクニカルライター、編集ライターなど、文章を書く仕事に携わっていた場合は、その経験が考慮されます。

一般的なライターのスキルとコピーライターのスキルは似て非なるものですが、コピーライターのスクール・講座等で書くことの基礎的な力を身につけていたり、コピーライターの賞を受賞したりしていれば、コピーライターへの転職に有利になることがあります。

それは、ある程度のスキルは備わっているものと判断されるとともに、転職への意気込みや決意の固さのアピールにもなるためです。

コピーライターへの転職の志望動機で多いものは?

コピーライターへの転職を希望する人は、「書くことを仕事にしたい」と考えているケースが多いようです。

もともと広告に興味があり、自分でも人の心を動かす言葉を作ってみたいという思いが、コピーライターになりたいという思いを強くするのでしょう。

まったくの異業種からコピーライターになるケースはそこまで多いわけではありませんが、人に何かを伝える仕事をしていたり、言葉に関わる仕事の経験がある人が、コピーライターへの転職を目指すことはあります。

コピーライターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からコピーライターになるには

広告代理店や制作プロダクションに入りたい人はたくさんいるため、競争率も非常に高くなるところが多いです。

とくに正社員としての入社はかなり厳しいものとなりますが、まずはアルバイトとして働き、スキルと経験を身につけ、そこから人脈を広げていくこともひとつの手といえます。

アルバイトであれば、未経験でも熱意次第で採用してくれる会社は少なくありません。

実力をつけていけば、大きな会社に社員として転職しやすくなるでしょう。

また広告系の会社に限らず、メーカーのPR担当など、コピーが書ける仕事はほかにもあります。

「コピーライティング」というキーワードを軸に、会社を探していくのもよいでしょう。

コピーライターへの転職に必要な資格・有利な資格

コピーライターの業務内容に直接関連する資格はなく、持っていれば有利になる資格というのも基本的にありません。

コピーライターを目指すのならば、コピーの賞に挑戦してみるとよいでしょう。

小さな公募でも構いませんが、とにかくコピーライターは実力勝負の世界です。

何らかのコピーの受賞経験があることで、広告代理店や制作プロダクションを受ける際にはプラスになるはずです。

経験者を優遇して採用する会社でも、受賞歴があれば未経験で採用してくれる可能性が高まります。

また「プロに評価してもらう」ことで、緊張感を持ってコピーを考えるトレーニングにもなるでしょう。

「宣伝会議賞」など、未経験者でも自由に応募できる賞に取り組んでみるとよいでしょう。

コピーライターへの転職に役立つ職務経験は?

広告会社の営業などコピーライター以外の職種で働いていた人が、ふとしたきっかけで才能を認められてコピーライターになることもあるそうです。

大手広告代理店では、社員自らが異動希望を出すことができ、社内試験を受けて合格することでコピーライターになれる道を用意しているところもあります。

逆に、いくらコピーライターを目指そうという情熱があっても、自分の書いたコピーを誰かに認めてもらわなければ道は開けません。

たくさんのコピーを書いてスキルアップし、多くの人に見てもらうことは大切ですし、人脈作りも欠かせません。

ふとしたきっかけで、業界とつながるチャンスがやってくるかもしれません。

また、コピーライターとは異なる仕事であっても、企業の広報でPRに深く携わっていたり、編集・ライター系の仕事をしていた経験があれば、コピーライターへの転職に役立つことがあります。

コピーライターへの転職面接で気をつけるべきことは?

コピーライターの転職面接では、「なぜコピーライターになりたいのか」という思いを明確に表現できるように準備しておくことが重要です。

とくに未経験からの挑戦で、現時点でのコピーライティングのスキルレベルは決して高くない場合、どれだけ本気でこの仕事に挑戦しようとしているのかが問われます。

コピーライターは人気の職種で、採用人数も決して多いわけではありません。

だからこそ、自分がどうしたいのか、どうなりたいのかはハッキリとさせておく必要がありますし、自分の思いを相手にわかりやすく伝える必要があります。

「他者に訴えかける力」は、コピーライターとして働くうえでも欠かせないスキルです。

コピーライターに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

コピーライターになるのに年齢はそこまで問われるわけではありませんが、未経験からのスタートなのであれば、若いに越したことはないでしょう。

広告制作はコピーライター以外にも、ディレクターやデザイナーなど、複数のスタッフと協力して行われます。

未経験者は最初は雑用やアシスタント的な業務からスタートする場合もあるため、年齢を重ねるほど、他の若いスタッフとのコミュニケーションが難しくなってしまう場合があります。

しかし、コピーを書くこと自体に年齢は関係ありません。

コピーライターは個人の実力やセンスが問われる仕事なので、力があれば年齢関係なく活躍することができます。

一人前のコピーライターになるには相応の時間がかかりますが、本人に熱意があれば何歳からでもコピーライターに挑戦することは可能です。