女性のライターのキャリアパス・結婚後の生活

女性のライターの現状

ライターの世界では女性も数多く活躍しています。

記事を書くのに男女の差別はありませんから、やる気があれば女性でも存分に活躍することができます。

ライターは実力勝負の仕事のため、性別の違いで報酬に差がつけられたり、クライアントからひいきされたりするといったことはありません。

女性のライターの強み・弱み

やわらかでやさしい印象

インタビューや取材を伴う記事作成の場合、「女性ライターに担当してもらいたい」というリクエストをうけることもあります。

長時間対話をするとなれば、やはり物腰柔らかで穏やかな印象の女性がいい、男性だとどうしても威圧感を感じるため、女性にインタビューをしてほしいという需要は一定数あります。

女性ならではの記事

女性であれば、男性ライターでは書き肉美容関連の記事を積極的に執筆することができます。

エステ・コスメ・ヘアスタイルなど、女性読者を対象とした記事はなかなか男性ライターには書けないため、採用側も女性の心理が分かる女性ライターを希望するのが一般的で、女性のほうが執筆分野の幅が広いのは大きな強みであるといえるでしょう。

近年は女性が社会進出し、家庭や育児、社会問題に女性視点から切り込んだ記事も同性から多く支持されています。

ライターの結婚後の働き方・雇用形態

ライターが独立し、個人事業主として働く場合にはいわゆる「自由業」とみなされます。

フリーランスで活躍するライターも大勢いますが、男性の場合は社会的地位の危うさや収入の不安定さを理由に離職してしまう人も多いようです。

フリーライターのような自由業は社会的にはどうしても信頼度が低くなります。

クレジットカードを作ることができなかったり、ローンを組むことが難しかったりする場合があり、将来「結婚して家族を持つ」といったことになった場合、とくに男性にとって懸念となり、ライター業から離れる人もいるようです。

一方、家事や育児をしながらでも仕事を続けたいという人にとってはライター業を続けやすく、長く働き続けやすい面があります。

ライターは在宅でも仕事ができるため、会社勤めをせずにスキルやキャリアを生かしていくことが可能で、無理なく結婚後も働き続けることができます。

ライターは子育てしながら働ける?

ライターは在宅でも仕事ができ、また締め切りさえ守れば仕事をする時間も自由です。

またクライアントと相談しながら仕事量を増減したりすることも可能なため、家事や育児をしながら空いた時間に仕事をしたい女性にとってライターは働きやすい職業であるといえます。

家事や育児をした経験を記事に生かすこともできるため、仕事と家庭を両立させていくことはライターとして糧になっていくことでしょう。

ライターは女性が一生働ける仕事?

ライターは、雇用形態を変えながら働けることや在宅でも仕事ができることから、女性が一生働くには適しているといえるでしょう。

ただし、Webライティングの世界は近年はじまったばかりで、Webライターとして一生働き続けたロールモデルはいないのが実情です。

ライターとして一生働き続けたいのであれば、世相や世の中のニーズをくみ取り、クライアントや読者から評価され続ける文章を書けるようなスキルを身に付けなくてはならないでしょう。