イベントプランナーへ転職するには? 未経験採用はある?

他業種からイベントプランナーを目指したいと考える人もいるでしょう。

気になるのは、「未経験でも採用されるのか」、「有利になる資格はあるのか」といった点ではないでしょうか。

イベントプランナーはもともと求人数も少なく、経験者の採用が多いことから、まずはアルバイトなどをして現場で経験を積むことが多いようです。

本記事では、イベントプランナーへの転職状況や必要な経験、志望動機の考え方などを紹介します。

イベントプランナーへの転職状況は?

イベントプランナーへの転職はそれほど多くなく、

  • もともと求人が少ない
  • 経験者の採用が多い

ことから、まずはアルバイトなどをして現場で経験を積むことが多いようです。

ただし、イベントプランナーがステップアップとして他の会社に転職することは比較的多くみられるようです。

イベントプランナーへの転職の志望動機で多いものは?

イベントが好きという思い

イベントプランナーは人に感動や夢を与えるイベントの作り出す仕事のため、イベントが好きであればあるほど、この職業に憧れをもつ人が多いようです。

一度は別の仕事に就いたけれど、やはり好きなことを仕事にしたいとイベントプランナーへの転職を目指す人がいます。

ステップアップとしての転職

別の企業で

  • イベントプランナーとして働いていた人
  • プロモーション・営業などを担当していた人

が、より大きなやりがいと年収アップを求めて転職する場合もあります。

こうした人は業界内のルールやノウハウをしっかり身につけているため、企業としては採用しやすい人材といえます。

イベントプランナーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からイベントプランナーになるには

この仕事は現場で得た経験を生かして活躍する人が多く、

  • 企画力
  • 交渉力
  • 演出に関わる知識やセンス
    • まで問われます。

      まったくの未経験の場合、いきなりイベントプランナーとして採用されることはめったにありません。

      どうしてもイベントプランナーになりたいのであれば、時間をかけてでも地道に経験を積んでいく必要があるでしょう。

      正社員の採用は難しいのが現状です。

      まずはアルバイトとして現場に入り、

      • さまざまなイベントに関わる
      • 人脈を作る

      などで新たな道が開ける可能性は十分に考えられます。

      イベントプランナーへの転職に必要な資格・有利な資格

      イベントプランナーの仕事で、特別な資格が必要とされることはありません。

      ただし、海外と関わりのあるイベントのプランニングをしたい場合は、一定以上の語学力が必須とされることもあります。

      また、音楽や芸能・スポーツなど特定のジャンルのイベントを専門に手掛ける場合は、業界の知識を持っていると優遇されることがあります。

      イベントプランナーへの転職に役立つ職務経験は?

      イベントプランナーの仕事をする上でプラスに評価されるのが

      です。

      また、人と交渉をしたり予算管理をしたりすることもあるため、営業の経験も生かせます。

      業界は違っても、

      • 企画
      • マーケティング
      • 広報
      • 営業

      などの職種に就いていた経験がある人の場合は、比較的早い段階から即戦力としてみなされるかもしれません。

      イベントプランナーは学校で学ぶというよりも、現場で経験を積むことが重視される職業で、イベントプランナーを採用する企業によっても、求められるスキルは異なります。

      転職を考えるのであれば、イベントの運営を手掛ける広告代理店や企画会社などに関する情報を集め、それぞれの会社で求められる能力を確認したほうがよいでしょう。

      イベントプランナーに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

      イベントプランナーは平均年齢が若く、経験を積むことが重要な仕事です。

      体力的な面からも、年齢を重ねてしまうと採用されにくくなる傾向にあります。

      イベントプランナーを目指すのであれば、できるだけ若いうちに転職するのがよいでしょう。

      未経験からイベントプランナーの転職での志望動機

      未経験からイベントプランナーの仕事をするには、まず本人の実力や適性が認められなければいけません。

      さまざまなイベントに足を運び、

      • 「自分ならどう作るか」を考える
      • イベントだけでなく映像や音楽、芸術などに見聞を広げる

      などの自己アピールにつなげることが大切です。

      また、自分の強みや将来のビジョンなどをしっかりと考え、イベントプランナーとして具体的に活躍できる意気込みを見せるようにするとよいでしょう。

      「イベントプランナーへ転職するには? 」のまとめ

      イベントプランナーの求人件数はさほど多くありません。

      まったくの未経験の場合は、一見遠回りにも見えますが、アルバイトとして現場で経験を積んだり人脈づくりをしたりすることが早道といえるでしょう。

      必要な資格はありませんが、語学力や専門知識があると優遇される可能性があります。

      また、企画やマーケティング、広報・営業などの経験があれば即戦力として採用される可能性もあります。

      いずれにせよ、イベントプランナーとしての実力や適性を身につけることは必要不可欠です。