美容ライターの仕事内容、なるには、資格、給料、求人

美容ライターの仕事内容

美容に関するさまざまな情報を文章で発信する

美容ライターは、ライターの中でも美容部門に特化して記事を書く仕事です。

フリーランスとして個人で仕事にあたる美容ライターの中にも、美容ライターとして生計を立てている方もいれば、主婦業の傍ら執筆にあたる副業美容ライターもいます。

集めた情報をまとめて記事としてまとめたり、美容の専門家に取材をして得た情報から記事を書いたりするのが基本の仕事内容です。

執筆した記事はWebやメルマガ、雑誌などに掲載されます。

美容のトレンドは日々移り変わるものですので、美容ライターは鮮度の高い情報をいち早く発信することが求められる仕事です。

最新トレンドをつかむためにも、美容ライター自身が美容の話題に常に敏感であることが求められます。

美容ライターになるには

資格は不要。美容ライターを名乗ればOK

フリーランスの美容ライターになるには、特別な資格はいりません。

誰でも美容ライターを名乗れば、いつでも美容ライターとして働くことができます。

ただし、安定的に記事を執筆し続けるためには、文章力と語彙力が求められます。

取材をするためのコミュニケーション能力もあれば、よりクオリティの高い記事が書ける美容ライターになれるでしょう。

仕事を取るためには営業ノウハウも必須で、相手に刺さる言葉をチョイスして自分を売り込むセンスも必要となります。

美容ライターの給料・年収

仕事の受注ルートを確保すれば安定収入も

美容ライターとして生計を立てている方もいれば、主婦として家事にあたるすきま時間で記事を執筆する副業美容ライターまで、その働き方は豊富です。

よって、給料はピンキリで、年収も50万円程度の方から500万円以上稼ぐ方までさまざまです。

発注が不安定なクライアントとの仕事が多いと、月によって収入に大きな差が出ることもあるでしょう。

定期的に決まった量の仕事を発注してくれるクライアントと出会えれば、安定した収入を得ることも可能になります。

美容ライターのやりがい、楽しさ、魅力

美容の最新トレンドを知れる

なにより、自分の執筆した記事が多くの方の目に触れるということが、一番のやりがいとなります。

また、常に美容について最新情報を得られることも楽しさのひとつです。

掲載した記事に対して反響があったり、実際にそれが流行したりすることで、まるで自分が流行の最先端に立ったように感じることもあるかもしれません。

もともと美容が好きな方であれば、自分の好きなものについて記事を書けるということ自体が、魅力となります。

美容ライターのつらいこと、大変なこと

記事を書き続けることによる弊害

美容ライターに限らず、ライターという仕事全般に共通することとして、常に締切を抱えて仕事にあたることになります。

ときにはプライベートでのトラブルと締切が重なり、慌ててしまうこともあるでしょう。

仕事とプライベートどちらを優先するかという選択に迫られる可能性もあります。

また、PCに向かって作業にあたる時間が多くなるため、肩こりや目の疲れに悩む方も多いです。

家にこもりがちになることもあるため、意識して息抜きをする必要があります。

美容ライターの向いている人、適性

文章が好きで美容が好き

美容が好きであることよりも、まず必要な能力は「人に読んでもらえる文章が書けること」です。

誰にでも分かりやすく、読んでいて苦痛ではない文章を書けるスキルは必須です。

その上で、美容が好きな人に向いている仕事だといえます。

また、美容というトレンドが移り変わる分野について書くため、常に最新情報にアンテナを張れる能力も必要です。

新しいものが好きで、その情報を追うことが苦にならない方が向いているでしょう。

美容ライターの雇用形態・働き方

状況に応じて臨機応変な働き方を選べる

前述したとおり、フリーランスの美容ライターの場合は、ひとりで生活できるほどの安定収入を得る方もいれば、副業の美容ライターもいます。

自分の自由な時間に働くことができるというメリットがある反面、安定収入を得るためには努力が必要になるというデメリットもあります。

このほか、会社の従業員として働く中で、ライティング担当者として美容ライターとなることも可能です。

この場合は会社員としての安定収入は確約されますが、採用にあたりある程度の実績や、豊富な知識が必要となるため、フリーランスの美容ライターよりはハードルが高くなっています。

美容ライターの将来性・今後の見通し

美容がある限り美容ライターの需要はある

美容と人との関わりは古く、特に女性は常に美を追い求めています。

世の女性たちに常に美容の最新情報を提供できるという立場である美容ライターは、まだまだ需要のある仕事だと考えられています。

現代はWebニュースやブログから情報を得る方も実に多く、ライターの活躍の場はこれからもどんどん増えていきそうです。

いつでも簡単に文章を読める現代だからこそ、端的に分かりやすい記事が書ける美容ライターが重宝されていくことでしょう。