ライターとジャーナリストの違い

ライタージャーナリストの仕事内容の違い

明確な定義はない

ライターもジャーナリストもこれといった定義がないため、自分が名刺に「ライター」と書けばライター、「ジャーナリスト」と書けばジャーナリストを名乗ることはできます。

しかし、ジャーナリストのなかには、「ライターはあくまでも記事が書けない人の代わりに文章を書く仕事」と考えている人が多くいます。

これはライター自身が自分の名前をあまり表に出さないという傾向にあるためです。

出版物やメディアなどでジャーナリストという肩書きが多いのは、こうした考えや傾向に基づいたものであり、普段はライターとして業務を行っていても、書籍化やメディア出演時にジャーナリストという肩書きにしている人も多くいます。

主観性の違い

一般的に両者の大きな違いと言われるのは主観性です。

ライターとはクライアントから要求された記事を忠実に執筆します。

たとえばゴーストライターのような業務の場合、あくまでも著者の代筆として書くので、そこにライター独自の主観性はありませんし、挿入してはいけません。

オリジナルの文章を書くことは大切ですが、クライアントが要求しないかぎりは忠実に、論理的に、客観的に書くことを求められます。

一方、ジャーナリストはある特定の分野の知識が豊富な場合、独自の観点から取材などを行い、主観を交えて執筆することができます。

ジャーナリストの仕事

ライターとジャーナリストのなる方法・資格の違い

ライターは特別な資格や学歴が求められる仕事ではありませんが、大学やライター養成講座を出て出版社や編集プロダクションで編集者として経験を積み、ライターとして独立する人が多いです。

ジャーナリストの場合は、まず新聞社テレビ局、出版社等に入社し、報道について学んだのちに独立するパターンが一般的です。

特に新聞記者や雑誌記者、報道記者と近しい部分もあるため、記者経験のある人がジャーナリストとして独立するケースが多いです。

ライターとジャーナリストの資格・必要なスキルの違い

ライターになるために、特別な資格は必要ありませんが、ライターになるためにライター講座に通う人が多いようです。

ジャーナリストも特別な資格は必要なく、試験などもありませんが、まずは報道機関への就職試験をパスしなくてはならないため、仕事上必要なコミュニケーション関係の資格や検定などを取得しておくのがおすすめです。

また海外でジャーナリストとして活躍したいという人には、語学力も求められます。

ライターとジャーナリストの学校・学費の違い

ライターになるために学歴は必要ありませんが、実際に仕事をしていくうえでは「文章を書く力」が不可欠です。

独学でライターになっている人も多くいますが、出版社や編集プロダクションなどに入りたい場合は「大卒以上」の学歴が必要です。

ジャーナリスト志望の人は、新聞社・放送局・出版社は「大卒以上」を採用条件とする傾向が強いため、希望する就職先が見つかっても大学を卒業しなければその土俵にすら上がれないという可能性があります。

特に大手マスコミ会社を目指すのであれば、難関大学を出ておくに越したことはないでしょう。

ライターとジャーナリストの給料・待遇の違い

ライターはフリーランスで活動する人がほとんどであるため、「案件ごとに○○円」といった単価の形で報酬を得ることになります。

経験や仕事量によってさまざまですが、年収は100万円程度の人から1000万円を超える人まで幅があるのが実情です。

一方、ジャーナリストは記事を書いた報酬にあたる原稿料、メディア出演などの講演料やコメント料、顧問契約料、取材協力料などで収入を得ています。

ライター同様、仕事量に対して報酬が支払われるため、どうしても収入が不安定になってしまうことは否めません。

ライターとジャーナリストはどっちがおすすめ?

ライターは文章を書きたいという思いさえあれば、誰にでも気軽に始められる反面、長期的に働いたり生計を立てたりするのが難しい面があります。

ジャーナリストの場合は時事問題や社会問題を扱うことも多いため、メディア系の企業へ就職して経験を積むことが求められ、成功すれば大きな収入が得られるもののジャーナリストとして活躍するためには多くの時間がかかります。

求められた内容や構成に沿って文章を書くライターと、自分の主観を盛り込むジャーナリストでは文章の書き方が大きく異なるため、どのような文章を書きたいのかによって考えるのもよいでしょう。