ライターは副業・在宅でも働ける?

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

副業のライター

副業でも働きやすい仕事

ライターは、編集プロダクションや編集者などの企業などに勤める人がいる一方、在宅でフリーランスとして活動している人も多く、自分のペースで仕事をしやすい職種だといえます。

なかにはライターとは別の仕事を本業としながら、副業でライター業をしている人もいます。

副業としてライターをする場合、本業が休みの日や本業のオフタイムを使って記事を書いたり、執筆のための情報を集めたりすることになるため、あくまでも本業に支障が出ないようにする必要がありますが、スケジュールをうまく管理できれば、副業として長くライターをしていくことも可能です。

副業のライターの魅力

ライターはパソコンやインターネット環境があれば、特別な道具や資格がなくても自宅で仕事をすることができます。

インターネット環境さえあればどこでも記事を書くことができ、締め切りさえ守れば仕事をする時間も自由であるため、副業としてはやりやすいといえます。

近年はWebライティングの需要が大きく、比較的難易度が低めの案件も多いことから、副業のライターになる敷居は低くなっています。

単価が低い案件も増えていますが、お小遣い稼ぎ程度に副業をしたい人、収入源は別で確保しながらライターとしてのスキルをコツコツ磨きたい人などにはぴったりといえるでしょう。

副業でライターを始めるには?

副業のライターになりたい場合は、インターネットを使って仕事を探すのが早いでしょう。

「ライター募集」などと検索すれば仕事は多く出てきますし、クラウドソーシングを利用すればライティング案件が多く掲載されていることがわかります。

経験が浅いうちは、誰にでもできるような簡単な仕事しか請けられないかもしれませんが、実績を積むことで徐々に難しい仕事に挑戦できる機会を得やすくなるでしょう。

そこでさらに経験を積み、単価をアップさせていくことで、ゆくゆくは本業にしていくことも夢ではありません。

在宅のライター

ライターは在宅で働きやすい仕事

ライターは、その大半がフリーランスで働いており、出版社などから案件を受注して執筆するというスタイルをとっています。

フリーランスの場合、執筆は場所を問わずにすることができるため、自宅で作業をするライターがほとんどです。

事業が軌道に乗っているライターであれば、自宅とは別の場所に事務所や執筆スペースを借りて仕事をすることもありますが、「自宅兼事務所」として仕事をしている人も少なくありません。

ただし、ライターを本職としている人だけでなく、サラリーマンが副業として、あるいは主婦や学生が空いた時間にお小遣い稼ぎをするといったような働き方も含まれます。

クライアントとの信頼関係

在宅の仕事といっても、クライアントとのやりとりは必ず発生します。

在宅勤務であると、どうしてもクライアントと顔を合わせてのコミュニケーションの機会は少なくなり、ほとんどがメールや電話、チャットなどでのやりとりになります。

顔が見えない相手と信頼関係を築くことは、決して簡単なことではありません。

納期は守る、メールなどのレスポンスをできるだけ素早く行う、といった基本的なことを意識しつつ、プロとして求められるクオリティを満たすものを書かなくてはなりません。

こうした努力を積み重ねてクライアントと地道な信頼関係を築き上げることが、次の仕事につながっていくのです。

在宅のライターになるには?

在宅のライターとして働くには、インターネットを利用してライター募集の記事を探し、応募するのが一般的です。

最近ではクラウドソーシングサイトでライターが多く募集され「未経験者可」という案件も多いため、比較的簡単に在宅ライターとして仕事を始めることができます。

そのほか編集プロダクションなどの企業が、自社サイトに「外部協力パートナー」としてのライターの求人を出している場合もあるため、ホームページなどをチェックして見るのもよいでしょう。