CMプランナーになるには

資格や学歴は必要なし

CMプランナーとして働く上では特別な資格や免許は必要ありません。

学歴に関しても、大卒でも専門学校卒でもこの業界で働くことができますが、大手の広告代理店の場合は有名大学の卒業生が多く活躍しているという傾向はあります。

就職試験では、面接や論文、ディスカッションやプレゼンテーションが行われることが多いようです。

クリエイティブな業界なので個人の芸術的なセンスや発想力、コミュニケーション能力で勝負することが多く、就職試験の際にもそのような点が重視されることになります。

広告業界に就職を

それではCMプランナーをめざす人はどのような企業に応募すればよいのでしょうか。

一般的には広告代理店や広告の制作プロダクションにおいて「総合職」や「企画職」として募集されることが多いので、このような求人を見つけたら応募するとよいでしょう。

ただし、無事に内定をもらうことができたとしても、入社後すぐにCMの制作を任せてもらえるというわけではありません。

最初はアシスタントやサブのCMプランナーとして先輩社員の補佐をしながら仕事を覚えるのが一般的です。

また、企業によっては数年間は広告の営業に出たり広報などの裏方の仕事を経験したりすることで自社の仕事の流れを覚えさせることもあります。

自分がやりたい仕事に就けるようになるまで忍耐強く経験を積むことが大切です。

フリーランスで活躍するために

CMプランナーをめざす人の中にはフリーランスとして働きたいと考える人もいるかもしれませんが、一般的には学校を卒業したあとに最初からフリーで働くケースというのはほとんどありません。

広告代理店や制作プロダクションである程度の実績を積んで業界内の人脈を築き上げた人がフリーランスとして独立することが多いようです。

とにかく実力主義であり信用第一でもある業界なので、「大手メーカーの人気CMを手掛けたことがある」「優れたCM作品に贈られる賞を受賞したことがある」「有名なクリエイティブディレクターと繋がりがある」などの実績が非常に重要です。

いずれは独立したいと考えている場合も、ひとまず企業に就職して現場でコツコツ経験を積み重ねることが大事なのです。