グラフィックデザイナーは副業・在宅でも働ける?

グラフィックデザイナーの副業・在宅での働き方・仕事内容

近年、クラウドソーシングサービスという、企業が1つの案件ごとに不特定多数の人に求人を行い、採用された人に謝礼を支払うというシステムが浸透してきました。

似たような仕事の仕方で「SOHO」という働き方も増えています。

デザイン系の仕事は性質上、顔を突き合わせて意見を出し合ったり、資料を参照しながら打ち合わせをしたりという進行の仕方が適しているためまだそれほど増えてはいないのが実情ですが、これから先はよりこうした働き方が広まっていくと考えられます。

副業・在宅のグラフィックデザイナーとして働くには?

クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドソーシングサービスでは、ほかの仕事に比べると数は少ないですがデザインの仕事もあります。

よくある募集は、ロゴやキャラクターのデザインコンペです。

報酬は高めですが、コンペに勝たなければ収入に結びつかないため、実力を試したい学生や新人のグラフィックデザイナーが活躍しているようです。

またWebサイトのバナーの制作という案件もあります。

カテゴリーはWebデザインではありますがPhotoshopやIllustratorでの画像処理になるため、グラフィックデザイナーにも適した仕事です。

起業してSOHOになる

SOHO(=Small Office Home Office)とは、小さな事務所や自宅を仕事場とし、情報通信ネットワークを使って働く個人事業主のことを指します。

起業してクラウドソーシングで仕事をする場合もこれにあたると考えていいでしょう。

打ち合わせなどで企業に出向くことはほとんどなく、インターネットやメールでやりとりをする働き方のため、コミュニケーションを必要とするグラフィックデザイナーではまだ少ないのが現状です。

直接仕事をもらって副業にする

副業として知り合いから、または人脈を辿って直接仕事をもらう働き方は、コミュニケーションがとれるため一番理想的だといえるでしょう。

ただし、知り合い同士というしがらみがあるため、仕事を断りにくくなるなどの側面もあります。

副業のグラフィックデザイナーのメリット・デメリット

副業のグラフィックデザイナーのメリットは、空いた時間で収入が得られることです。

クラウドソーシングサービスを利用した仕事の場合は、本格的なデザインスキルがなくてもできる仕事も多く、駆け出しの新人グラフィックデザイナーや、これから社会で活躍したい学生にも可能性が広がっています。

また、さまざまな事情により長時間働くことができない女性グラフィックデザイナーの活躍の場としても注目を浴びています。

デメリットとしては、生計を立てられるほど収入に結びつかないことがほとんどで、あくまで副業の域を超えられないということが挙げられます。

副業のグラフィックデザイナーの給料・年収

クラウドソーシングサービスの場合、募集案件自体が少なく、またコンペでの募集が多く採用されないことも多いことを覚悟しておくことが必要です。

収入は月に数千円から数万円という場合がほとんどで、本業がある人や空き時間を利用したあくまで副業レベルの働き方だと考えた方がいいかもしれません。