照明デザイナーのやりがい、魅力

照明デザイナーのやりがい・楽しさ

感動や驚きを与えられる仕事

照明デザイナーは、光を巧みに操りながら、空間づくりに貢献していく仕事です。

住居、店舗、オフィスビルなど、照明はどのような建築物にとっても不可欠なものです。

また、街のイルミネーションやライトアップといった大規模な照明デザインに携わる場合は、それが多くの人の目に触れることになり、それまでになかった感動や驚きが生まれます。

光の見せ方ひとつで、人の心に与える印象は随分と変わってくるものです。

照明は目にする機会が多いものであるため、自分が手掛けた照明が多くの人に感動や驚きを与えられたり、さまざまな人から評価されたりする機会も多く、こうした声は仕事のやりがいにつながります。

形のないものづくり

照明デザイナーの仕事は、ゼロから照明を生み出していく「ものづくり」でもあります。

LED照明やメディアファサードなど照明演出に関わる新しい技術・サービスも登場しており、街のあらゆる場所において、照明の重要性が見直されてきています。

商業施設でイルミネーションで集客効果を狙ったり、企業が商品をライトアップして広告効果を狙ったりなど、照明には生活以上の意味合いを持たされることも増えてきました。

照明デザインの分野は今後ますます注目されると予想され、時代の流れに乗りながら、新たなものづくりに挑戦し続けられる仕事に携われることは、クリエイターの一人として大きなやりがいとなるでしょう。

照明デザイナーの仕事内容

照明デザイナーの魅力

活躍の仕方はさまざま

照明デザイナーは、まだ歴史の新しい職業で、認知度は徐々に高まってきてはいるものの、専門の照明デザイナーとして活躍する人の数も限られています。

現状では、建築士インテリアデザイナーとしての知識・スキルを持ち併せながら、照明デザインに携わっていくケースが多いようです。

今後、照明デザインの需要が増えるにしたがって、照明デザイナーという職業にスポットライトが当たる機会は増えていくと考えられ、活躍の場もさらに増えていくでしょう。

同時に、照明デザイナーとしてのスキルは建築やインテリアといったさまざまな領域で発揮することができます。

自分のやり方ひとつで、いかようにも活躍できるチャンスがあるということも、この仕事の魅力といえます。

正解のない仕事

照明デザインをする際には、自分のセンスや好みが大きく影響します。

仕事をする際には、クライアントと意見が合わなかったり、提案したプランが受け入れられなかったりすることもあるでしょう。

また、照明デザインを考える上では、クライアントの意向や予算、技術面での問題などを考えなくてはなりません。

さまざまな課題をクリアしなくてはならない難しさもありますが、照明デザインはこれといった正解はなく、自由な発想ができる分野でもあります。

自分のセンスやスキルを思い切り生かすことができると同時に、さまざまなアイデアを具現化させられる魅力がある仕事です。