CMプランナーの給料・年収・収入

年収は企業の規模によってさまざま

CMプランナーというと華やかで給料が高いイメージをもつ人もいるかもしれませんが、CMプランナーの給料は勤めている企業の規模によって大きく異なります。

一般的には大手の広告代理店の場合は給料水準が非常に高くなりますが、地方都市の小規模な広告制作プロダクションの場合は決して高給とはいえないようです。

年収でいうと高い人は1000万円以上になりますが、低い人は300万円に届かないこともあります。

また、正社員として採用されている人と契約社員として採用されている人でも大きな違いがあるのが現状です。

残業の多さが高給につながることも

CMプランナーは残業の多い職業です。

自分が手掛けているCMのコンテを書くときやクライアント向けの資料を準備するとき、映像の編集をしているときには夜遅くまで残業をすることも珍しくありません。

このような深夜残業の多さが残業代につながり給料が高くなるケースがあります。

また、実績によってはインセンティブをつける企業もあります。

高収入をめざすために

それでは、CMプランナーが高収入をめざすにはどのような方法があるのでしょうか。

最も一般的なのは、フリーランスになって独立することです。

過去に大手メーカーの人気CMを手掛けたりコンクールやコンテストで受賞したりという実績のある人には、評判を聞いた企業や官公庁などからさまざまな仕事の依頼が舞い込みます。

このようなケースの場合、企業に所属して給料をもらうよりも、独立して自分の個人事務所を立ち上げてクライアントと直接契約をしたほうが良い条件で仕事ができるようになることがあります。

実力や人気次第で年収1000万円以上の高待遇を手に入れることも夢ではありません。

CMプランナーとして高い収入をめざしたいという人は、いずれは独立する道を視野に入れるのもよいのではないでしょうか。