イラストレーターの給料・年収

多くの人があこがれるイラストレーターですが、給料は一般的な給料より少ない傾向にあります。

またフリーランスでは単価を交渉するため、安く引き受けてしまうなどで思った給料にならない人もいます。

この記事では、イラストレーターの給料・年収を解説します。

イラストレーターの平均年収・給料の統計データ

イラストレーターはフリーランスで働く人が多い職業ですが、一般的なサラリーマンと同等の収入を得ている人はそう多くありません

いわゆる「売れっ子」と呼ばれるイラストレーターは全体のうちごくわずかです。

誰もが名前やイラストを知り、大企業や公的機関と仕事ができるまでに達しないと、高収入を目指すことはできません。

フリーのイラストレーターが、一般的なサラリーマンと同等の収入を得れたら、十分成功したといってもよいでしょう。

イラストレーターの平均年収・月収・ボーナス

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
グラフィックデザイナー・イラストレーター
(マイナビエージェント)
345万円 20代平均314万円
20代男性平均323万円
20代女性平均312万円
30代平均395万円
30代男性平均452万円
30代女性平均356万円
イラストレーター
(給料バンク)
190万円~245万円 20代の給料:10万円
30代の給料:15万円
40代の給料:20万円
初任給:5万円~
イラストレーター
(Indeed)
436万円 時給 1,517円
日給 1.2万円
月給 27.8万円
イラストレーター
(求人ボックス)
393万円 33万円

各社のデータより、イラストレーターの年収は200〜450万円の間となる実態が見えてきます。

イラストレーターの手取りの平均月収・年収・ボーナス

各社の統計データをもとに算出すると、フリーランスのイラストレーターの平均年収は300万円前後となると考えられます。

一般的な企業勤めでは、手取りが250万円前後、給料の額面は24万円前後、月額の手取り額は24万円ほどでしょう。

現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業よりも給与水準は低めとなっています

ただしフリーランスで働く場合は税金や保険料が引かれず、自分で納めなくてはならないため、実際に受け取れる金額は額面通りのことも多いです。

一般のデザイン制作会社に勤務する場合は、他の職種の会社員と同様、毎月決まった額の給料を会社からもらうことになり、年収は300万円~500万円くらいがボリュームゾーンとなっているようです。

イラストレーターの初任給はどれくらい?

フリーランスで働くイラストレーターの収入は、こなした仕事量が給料となるため、ひとそれぞれです。

企業に勤める場合は、18万円~22万円ほどがボリュームゾーンとなるようです。

イラストレーターの福利厚生の特徴は?

会社勤めの場合は、各種社会保険、有給休暇、懐妊・育児休職制度・各種休職・休暇制度などがあります。

フリーランスで働く場合、こうした福利厚生はありません

税金や保険、確定申告等についても自分で調べ手続きしなくてはならないため、イラストの知識やスキル以外にもこうした事務処理を自分で行う知識が求められます。

フリーランスの給料の特徴

フリーランスの給料の特徴
  • イラストレーターでの稼ぎ+副業・兼業の稼ぎが多い
  • イラストの単価
  • 完成までに時間を要し、単価が合わない

イラストレーターでの稼ぎ+副業・兼業の稼ぎが多い

自分で生計を立てられるだけの収入を得ているイラストレーターは、ごくわずかです。

実際には多くのイラストレーターがお金には苦労しており、イラストレーターでの収入に加えて、アルバイトなど副業・兼業をしながら生活しています。

イラストの単価

フリーで働くイラストレーターの収入は、一般的に「1枚いくら」という単価が決まっています。

単価は数千円~数万円になることもあり、描く人の実力や実績によって大きな差が出てきます

また同じようなイラストを描いたとしても、雑誌や広告のカットとして使用される場合とキャラクターグッズとして使用される場合では、単価に大きな違いがあり、イラストが使用される目的によっても収入は大きく変化します。

イラストの単価には明確な基準がないため、クライアントとなる企業や個人とイラストレーターが直接交渉して決めることは一般的ですが日本イラストレーター協会では相場となる料金の目安を公開しているため、参考にするとよいでしょう。

参考:日本イラストレーター協会

完成までに時間を要し、単価が合わない

イラストの仕事は、単価自体はそれほど低くないのものの、完成させるまでには多くの時間がかかります。

大抵の場合、一度の納品でOKが出ることは少なく、クライアントから度々チェックを受けてその都度修正をしなくてはなりません。

完成までには何度も修正を繰り返しますが、修正作業も基本的には自分以外できないため、どうしても完成までには手間や時間がかかってしまい、結果的に作業時間と単価が見合わないことになりがちです。

「イラストレーターの給料・年収」のまとめ

フリーランスのイラストレーターは売れっ子にならない限り、高収入は難しい職業です。

企業勤めでも一般的な職業より、給与水準は低めです。

フリーランスは実力や実績によって単価も変わりますが、完成までに手間や時間がかかってしまい、結果的に作業時間と単価が見合わないこともあります。

さらに、フリーランスは企業勤めと違い、福利厚生がなく、税金や保険、確定申告等についても自分で行うため知識が求められます。