イラストレーターになるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校・スクール)

イラストレーターになるための学校の種類

進学する人が大半

イラストレーターになるために、特定の学校に通わなければならないということはありません。

しかし、実際の場合は学校でイラストの基礎を学びたいと進学をする人が大半です。

イラストレーターになるための進学先としては、大学・専門学校・民間のスクールなどがあります。

目的を明確に

イラストレーターには特別な指導を受けずに独学でなっている人もいるため、進学をしないという選択もあります。

もちろん周りから頼まれた絵を描いて少しずつ経験を積み、イラストレーターを目指すのも一つの方法です。

就職の際もイラストレーターに学歴が問われることはほとんどありませんが、進学した場合は、知識や技術を学べるだけでなく、高度な技術を持った仲間や先生との出会いがあり、イラストを描くにもいい刺激を受けられるため、決して無駄になるというわけではありません。

イラストレーターを目指す場合は、進学するにしろしないにしろ、自分の進路をしっかりと見据え、目的を明確にしておく必要があるでしょう。

イラストレーターになるには

イラストレーターになるための大学

大学に進学するメリット

大学に進学する場合、イラストを学べるところとしては美術大学のデザイン学科や、一般大学の美術系学科・コースがあります。

大学では、じっくりと長い時間をかけてデザインの知識を深め、デッサン力などの技術を磨くことができ、デザイン以外にも一般教養や語学・情報学などの科目も多くあるため、幅広い教養を学べます。

絵画全般やデザインの歴史などについてもアカデミックに学ぶことができ、イラスト以外のことを専門的に学んでいる学生との交流もしやすいため、お互いに刺激を与えあったり人脈を作ったりすることもできます。

美大に進学するには

ただし、美術大学や美術系の学科を有する大学の入学試験は倍率が高くなりがちで、受験時点で高いデッサン力や作品の質が問われます。

美大を受験したいと思ったら、試験対策のために美術系の予備校に通ったり、受験対策用の教室で指導を受けたりするなど、自主的に絵の練習などに取り組んだほうが良いでしょう。

イラストレーターになるための専門学校

イラストレーターになるための勉強ができるデザイン系の専門学校は全国に数多くあります。

イラストといっても「デジタルイラスト」「ゲームイラスト」「ファッションイラスト」といったように、活躍の分野ごとに細かく専攻・コースが分かれている学校もあるため、自分がどんなイラストを描きたいのか、イラストレーターとしてどんな仕事をしたいのかをしっかりと考えておく必要があります。

学校によって1年から2年間の在学期間が一般的で、専門学校は大学に比べてより就職に力を置いたカリキュラムが組まれていることが多いのが特徴です。

なかには社会人などを対象とする夜間の学校もあるため、働きながらイラストの勉強をすることも可能です。

イラストレーターになるためのスクール

専門学校以外に、民間のスクールや講座を利用してイラストの勉強をすることもできます。

単発の講座もあれば、数ヵ月から半年、あるいは1年など、ある程度の時間をかけて開講されるものもあります。

カリキュラムも、デッサンの基礎を学ぶものから、業界に関する情報提供までと講座によって大きく異なります。

イラストレーターになるための通信講座

通学するのではなく、通信講座を利用してイラストを学ぶこともできます。

通信講座のメリットは、学ぶペースや勉強する時間や場所などを自分で決められることです。

社会人になって仕事を持ったり、家事や育児をしたりしながら学ぶことも可能です。

ただし誰かに強制されない分、継続的に勉強するには強い意思が求められます。

イラストレーターの学校への通学を決めたら、次は学校を選ぶ必要があります。

ヒューマンアカデミーは数多くあるイラストレーターの学校の中でも、プロによる指導を受けることができ、就職サポート体制が充実しているスクールです。

資料請求は完全無料になっていますので、まずは詳しい資料を無料請求してみてください。