「DTPデザイナー」とは

DTPデザイナー_画像

印刷物制作の現場で、デザインから印刷用の入稿データの制作までをパソコンを使って行う。

DTPデザイナーは、DTP(Desk Top Publishing)つまりデザインから印刷用の入稿データの制作までをパソコンを使って行う仕事です。

専用のソフトを用い、雑誌、書籍、広告、ポスターといった各種印刷物のレイアウトをし、印刷するためのデータを作成します。

専門学校などでデザインの基礎を学び、印刷会社や広告制作会社などへ就職して働く人が多いようですが、まったくの未経験者でも採用されるケースはあるようです。

新卒の初任給の平均は17~22万円ほどとされますが、経験を積んで独立し、高年収を得ている人もいます。

現代は紙媒体が急激に縮小しているため、DTPデザイナーがWebデザイナーへ転身するケースが増えているようです。

アートディレクターやプロデューサーに必要なスキルを身につけることが、この業界で長く生き残るカギとなるかもしれません。

「DTPデザイナー」の仕事紹介

DTPデザイナーの仕事内容

さまざまな印刷物をデザインする人

DTPとは「Desk Top Publishing」の略で、デザインから印刷用の入稿データの制作までをパソコンを使って行うことを指します。

そのすべての作業をこなすのがDTPデザイナーです。

グラフィックソフトの「Illustrator」や「Photoshop」、編集ソフトの「InDesign」などを用いて写真、イラスト、文字などの素材を組み合わせながら、クライアントの要望や媒体のコンセプトに合う紙面をデザインしていきます。

媒体は雑誌、書籍、広告、ポスターやDMなどのセールスプロモーションツールといったさまざまな印刷物です。

現在ではパソコンを用いたデジタルの作業が中心になっているため、グラフィックデザイナーやDTPオペレーターとの線引きはあいまいで、仕事内容が重なる部分も大きくなっています。

DTPデザイナーの就職先・活躍の場

印刷物を扱うさまざまな場所

DTPデザイナーは、おもに広告代理店、印刷会社、出版社、広告制作会社、デザインプロダクションなどで活躍しています。

新人のうちは先輩デザイナーのサポート業務や雑用などをこなしながら、業務に必要な知識やスキルを磨いていくことになるでしょう。

経験を積み、さまざまなデザインワークに携わると、その後はアートディレクターになったり、Webの知識を深めてWebデザイナーになったりして活躍の場を広げていく人もいれば、独立してフリーランスになる人もいます。

DTPデザイナーの1日

締め切りに追われる毎日

DTPデザイナーは、主に広告代理店や印刷会社、制作会社などに勤務しています。

フルタイムで働く場合は、朝から夕方頃までが勤務時間となりますが、つねに締め切りに追われるために夜遅くまで残って仕事をしている人も多いようです。

9:45 出勤
一般的にデザイン系の会社は出社が遅めです。

10:00 ミーティング
プロジェクトチームで、作業の進捗状況や今後の予定について打ち合わせをします。

11:00 チラシのデザイン
アートディレクターから指示を受けて、ポスターのデザインを進めていきます。

13:00 休憩

14:00 修正作業
提出したデザインについてディレクターから修正指示が入ったため、早急に対応します。

15:00 企画会議
新規案件についての会議に出席します。
営業、プロデューサー、アートディレクターなども同席します。

16:30 デザイン
同時進行で複数の案件を抱えることもあるため、それぞれのスケジュールをよく確認し、提出が遅れないように気を付けます。
締め切りが近いものからため、できるところまでデザインを進めていきます。

19:30 退社

DTPデザイナーになるには

就職には大卒が有利

DTPデザイナーには、グラフィックソフトや編集ソフトを使いこなせるスキルのほかに、デザイン理論や印刷の知識などを習得する必要があります。

独学や通信講座でも学ぶことはできますが、専門学校や美術大学でしっかり勉強するのが王道だといえるでしょう。

また、大手広告代理店や有名印刷会社などでは4年制大学卒業の学歴が必須である企業が多く、特にデザインを学んでいない一般の4年制大学卒でも、デザインに関するセンスと才能があれば採用される場合があります。

DTPデザイナーの学校・学費

特別な学校に通う必要はなし

DTPデザイナーは、特定の学校で学ばなければいけないという仕事でもないため、一般の高校や専門学校、大学などを卒業して、そのままDTPデザイナーとして働き始めることもできます。

しかし、DTPデザイナーは、グラフィックソフトや編集ソフトを扱うためのスキルや、印刷全般に関する知識などが求められます。

こうした知識・スキルを効率よく学んでいくためには、芸術・美術系の大学に進学する、グラフィック系、デザイン系の専門学校に進学する、民間のスクールに通うなどの方法があります。

DTPデザイナーの資格・試験の難易度

関連するさまざまな資格が

DTPデザイナーになるために特別な資格は必要ありませんが、仕事に関連する資格としては、さまざまなものがあります。

「公益社団法人 全日本能率連盟」が行うDTP検定、「アドビ社」が認定する、アドビ認定エキスパート(ACE)、「サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会」主催のPhotoshopクリエイター・Illustratorクリエイター能力認定試験、「公益社団法人 日本印刷技術協会」によるDTPエキスパート認証試験などです。

自分のスキルを証明することにもなるので、スキルアップを目指すためにチャレンジする人も多いようです。

DTPデザイナーの給料・年収

業界全体が低年収傾向

新卒の初任給の平均は17万から22万円ほど、平均年収は300万円から400万円程度がボリュームゾーンと言われています。

経験者の転職の場合、給料は経験や能力によって異なりますが、広告業界全体として、より自分を高く評価してくれる会社を求めて転職を繰り返す人が多い傾向にあります。

ただし、近年は業界全体が低年収傾向にあり、長く働き続けたとしても、大幅な収入アップは期待しにくいといわれています。

フリーランスの場合はクライアントや仕事量にもよりますが、仕事の獲得に悩む人から、会社に所属していた時の数倍稼ぐ人まで、千差万別です。

DTPデザイナーのやりがい、楽しさ

ものづくりの喜び

DTPデザイナーのやりがいは、印刷物のデザインを通して、ものづくりができるところだといえます。

最近ではWebページのデザインをするWebデザイナーのニーズが高まっていますが、DTPデザイナーが携わる印刷物は、印刷され、形として世に残ります。

苦労した仕事であればあるほど、完成した印刷物が手元に届いたときのうれしさはひとしおです。

自分の力が形になったことを味わいやすく、一つひとつの仕事が終わるたびに達成感を得ることができるでしょう。

DTPデザイナーのつらいこと、大変なこと

スケジュールに追われる毎日

DTPデザイナーが制作に関わる印刷物には必ず納期が存在し、決められたスケジュール通りにデザインを進めなくてはなりません。

記者やライターから予定されていた原稿がなかなか届かなかったり、突然の記事差し替えがあったりとトラブルが発生して、DTPデザイナーがしわ寄せを受けることがあります。

そうなると、遅くまで残業して対応したり、休日出勤したりせざるを得ないことがあるでしょう。

スケジュールがタイトなときや、進行が遅れているときなどは、寝ても覚めても仕事のことが頭から離れないといった人もいるようです。

DTPデザイナーに向いている人・適性

コミュニケーション能力のある人

DTPデザイナーは、コピーライターが制作した文字データ、カメラマンが撮影した写真、イラストレーターが描いたイラストなどを駆使して紙面をデザインします。

さらに、クライアントやプロデューサー、アートディレクター、プランナーなどたくさんのスタッフの手を経て作り上げられます。

さまざまな人の要望を聞き、デザインに落とし込むには、美的センスや表現力だけでなくコミュニケーション能力が高いことが非常に重要だといえるでしょう。

DTPデザイナー志望動機・目指すきっかけ

印刷物が好き

DTPデザイナーになりたいと考える人は、デザインをすることが好きで、とくに雑誌やパンフレットなどの印刷物に強い興味を持っていることがほとんどです。

最近ではWebデザイナーのニーズが急増しているといわれますが、紙媒体に魅力を感じる人もまだまだ多く、印刷物のデザインに憧れている人も多いです。

また、DTPデザイナーは、自分のセンスや技術によってデザインしたものを通じて、たくさんの人の心に感動や喜びを与えることもできるため、そういった点に魅力を感じて、DTPデザイナーになりたいと考える人もいるようです。

DTPデザイナーの雇用形態・働き方

正社員として働く時間は少ない

DTPデザイナーとして一人前になるためには時間がかかりますが、活躍できる時間もそう長くはありません。

この仕事ではデザインの流行やトレンドをつねに追い求める必要があり、若い人が次々と出てくることから、年齢を重ねても正社員のDTPデザイナーとして活躍し続けることは難しいのが実情です。

そのためある程度の経験を積むとチームマネジメントなども学び、アートディレクターやプロデューサーへキャリアアップしていきます。

もし職人的にDTPデザインをとことん突き詰めていきたいのであれば、独立してフリーランスになる道を選んだ方がよいでしょう。

DTPデザイナーの勤務時間・休日・生活

休日も大切に

広告業界は常に締め切りに追われる状態にあるため、どうしても残業が多くなりがちで、徹夜作業や休日出勤を余儀なくされることも日常茶飯事です。

しかし、近年ではほとんどの企業では出社時間の調整や代休を取るなどにより、激務になりすぎないように工夫しています。

また勤務時間中以外でも、街中で見た広告を目に止めたり、美術館やアート展に出かけたりといったさまざまな経験が糧になり、次のデザインワークに生かされることもあり、休日を大切にしているDTPデザイナーも多いです。

DTPデザイナーの求人・就職状況・需要

入れ替わりの激しい世界

DTPデザイナーの求人がある企業は、広告代理店、印刷会社、広告制作会社、デザインプロダクションなどです。

インターネットの普及によって紙媒体からWeb媒体へ移る流れが加速しており、最近ではWebデザインができるデザイナーのニーズの方が延びているため、入れ替わりの激しい職種の割に求人は減少しています。

新卒の場合はまずアシスタントとして配属され、先輩デザイナーのサポートをしながら知識と経験を積んでいき、一人前になってデビューするというところが多いです。

DTPデザイナーの転職状況・未経験採用

ポートフォリオの準備を

中途採用や派遣社員には即戦力が求められるため、ほとんどが経験者のみの募集です。

さらに、DTPデザイナーの採用試験では、一般的な履歴書のほかに、作品集や実績集といったいわゆるポートフォリオの提出を求められることがあります。

ポートフォリオの提出を求める企業では、応募者がどの程度のスキルを持っているのかを確認することで、即戦力となれる人を採用したいと考えておいてよいでしょう。

経験者を対象とする求人に応募する際には、事前に準備しておきましょう。

DTPデザイナーの現状と将来性・今後の見通し

Webデザイナーへの転職が増加

メディアの多角化により、紙媒体が急激に縮小している昨今、DTPデザイナーよりもWebデザイナーの活躍の場が広がっています。

Webデザイナーへの転職が増えている一方、一定数のDTPデザイナーのニーズはまだあるため、今後はより能力の高い人材だけが生き残っていく傾向にあるといえ、紙とWebの両方を扱えるスキルを磨いておけば、さまざまな仕事に対応することができるでしょう。

また、将来的には経験を積みアートディレクターやプロデューサーへの転身を目指すという人が多いようです。