このサイトはDTPデザイナーを目指す人のための情報サイトです。

DTPデザイナーとは?

DTPデザイナーは、DTP(Desk Top Publishing)つまりデザインから印刷用の入稿データの制作までをパソコンを使って行う仕事です。専用のソフトを用い、雑誌、書籍、広告、ポスターといった各種印刷物のレイアウトをし、印刷するためのデータを作成します。専門学校などでデザインの基礎を学び、印刷会社や広告制作会社などへ就職して働く人が多いようですが、まったくの未経験者でも採用されるケースはあるようです。新卒の初任給の平均は17~22万円ほどとされますが、経験を積んで独立し、高年収を得ている人もいます。現代は紙媒体が急激に縮小しているため、DTPデザイナーがWebデザイナーへ転身するケースが増えているようです。アートディレクターやプロデューサーに必要なスキルを身につけることが、この業界で長く生き残るカギとなるかもしれません。

DTPデザイナーの仕事内容

DTPとは「Desk Top Publishing」の略で、デザインから印刷用の入稿データの制作までをパソコンを使って行うことを指します。

そのすべての作業をこなすのがDTPデザイナーです。

媒体は雑誌、書籍、広告、ポスターやDMなどのセールスプロモーションツールといったさまざまな印刷物で、所属する会社やクライアントによって内容は異なります。

具体的な仕事内容としては、主にアドビ社のグラフィックソフトであるIllustratorやPhotoshop、編集ソフトであるInDesignを用い、文字データ、写真、イラストなどをレイアウトして紙面をデザイン。

さらに修正を繰り返しながら、印刷に必要な版下となるデータに仕上げ、出版社や印刷会社に入稿します。

DTPデザイナーになるには・必要な資格は?

DTPデザイナーにはとくに資格は必要ありませんが、グラフィックソフトや編集ソフトを使いこなせるスキルのほかに、デザイン理論や印刷の知識などを習得する必要があります。

自己流や通信講座でも学ぶことはできますが、専門学校や美術大学でしっかり勉強するのが王道だといえるでしょう。

学校に通って学ぶことは、友人同士で切磋琢磨することによりデザインセンスが磨かれるという効果も生み出します。

また、大手広告代理店や有名印刷会社などでは4年制大学卒業の学歴が必須である企業が多く、一般の4年制大学卒でも、デザインに関するセンスと才能があれば採用される場合があります。

DTPデザイナーに向いている人

限られたスペースの中で、わかりやすく人に伝わるデザインを行うためには、美的センスや表現力が豊かであることが必要不可欠です。

また、制作物はクライアントやプロデューサー、アートディレクター、プランナーなどが決定した企画やコンセプトに基づいて制作が開始されます。

さらにDTPデザイナーは、コピーライターが制作した文字データ、カメラマンが撮影した写真、イラストレーターが描いたイラストなどを駆使して紙面をデザインします。

1つの制作物は、このようにたくさんのスタッフにより作り上げられるため、コミュニケーション能力が高いことも非常に重要だといえるでしょう。

DTPデザイナーの就職状況・雇用形態

DTPデザイナーが就職する企業は、広告代理店、印刷会社、広告制作会社、デザインプロダクションなど。新卒の場合はアシスタントとして採用され、先輩デザイナーのサポートをしながら知識と経験を積んでいきます。

雇用形態は大手企業の場合は正社員が多く、中小企業の場合は正社員と契約社員が半々くらいのようです。繁忙期には派遣社員やアルバイトを雇う会社もあります。

また、経験を積み、独立してフリーランスになる人も多くいます。

中途採用や派遣社員には即戦力が求められるため、ほとんどが経験者のみの募集です。

DTPデザイナーは入れ替わりの激しい職種のひとつであるため、常に多数の求人が出されています。

DTPデザイナーの給料・年収・待遇

新卒の初任給の平均は17〜22万円ほど。

経験者の転職の場合の給料は経験や能力によって大きく異なりますが、広告業界全体として、より自分を高く評価してくれる会社を求めて転職を繰り返す人が多い傾向にあります。

また、派遣社員の場合は時給1500〜1800円が相場です。小さなデザイン会社では年俸制で残業代がつかないこともあるため、働いた分だけ収入になる派遣の形態を選ぶ人も多くいます。

フリーランスの場合はクライアントや仕事量にもよりますが、仕事の獲得に悩む人から、会社に所属していた時の数倍稼ぐ人まで、千差万別です。

DTPデザイナーの生活・勤務時間・休日

広告業界は常に締め切りに追われる状態にあるため、どうしても残業が多くなりがちで、徹夜作業や休日出勤を余儀なくされることも日常茶飯事です。

しかし、ほとんどの企業では出社時間の調整や代休を取るなどにより、激務になりすぎないように工夫しています。

勤務中に仮眠を取ったり、散歩に出かけたりといった自由が認められている会社も多いようです。

逆に勤務時間中以外でも、街中で見た広告を目に止めたり、美術館やアート展に出かけたりといったさまざまな経験が糧になり、次のデザインワークに生かされることもあります。

仕事とプライベートにあいまいな部分があるのも、この職種の特徴だといえるでしょう。

DTPデザイナーの現状と将来性

メディアの多角化により、紙媒体が急激に縮小している昨今、DTPデザイナーよりもWebデザイナーの活躍の場が広がっています。

Webデザイナーへの転職が増えている一方、一定数のDTPデザイナーのニーズはまだあるため、今後はより能力の高い人材だけが生き残っていく傾向にあるといえるでしょう。

また将来的には、40代、50代になっても正社員のDTPデザイナーとして活躍し続けることは難しく、正社員を続けるならアートディレクターやプロデューサーへの転身を迫られるでしょう。

DTPデザイナーを続けるなら、独立してフリーランスになる道を選ぶ人がほとんどです。