イラストレーターの需要・現状と将来性

イラストレーターの現状

ポスターやチラシ・雑誌などの紙媒体だけでなく、ゲームのキャラクターなどイラストレーターが描くイラストは、私たちの身の回りにあふれています。

イラストレーターの世界は実力主義の世界であるため、成功するのは簡単ではありませんが、時代を問わず需要のある仕事といえるでしょう。

ただし、従来イラストレーターの主な活躍の場であった書籍のデザインやイラストなど紙媒体の仕事は、年々売り上げが減少し以前にも増して競争率が高まっています。

パソコンでイラストを描くことができるソフトも進化しているため、近年はデジタルで描くイラストが身近なものとなっています。

実力あるイラストレーターが増えつつあり、クライアントから要求されるイラストや画力のレベルも上がり続けているのが現状です。

イラストレーターの需要

AIが導入され、デジタル化が進んでも、イラストレーターの需要がなくなることはないでしょう。

イラストの場合、たとえAIはイラストを描くことができても、個性や人間味のあるイラストを描くことはできません。

どれだけデジタル化が進んだとしても、やはり「人間が描いた」というあたたかみのあるイラストは多くの人から支持されることでしょう。

近年は従来の紙媒体に変わり、近年はゲームやアプリなど携帯端末に関するものやWeb上で公開されるイラストのニーズが高まっていて、万人受けするキャラクターを描くことができるイラストレーターに人気が集まっています。

新たな需要が生まれている反面、デジタルイラストを描くソフトが安価で発売されたり、無料や安価なソフトでイラストを気軽に利用したりする人が増えているという実情もあります。

オリジナリティあるイラストを描くことができるだけでなく、ビジネスとしての視点をもつことやクライアントの要望にしっかり応えられるスキルが求められます。

イラストレーターの将来性

フリーランスとしての働き方

イラストレーターは、フリーランスとして個人で仕事をしやすい職業のひとつでもあります。

独立をすれば会社の肩書きを背負わずさまざまな内容の仕事を請け負うことができたり、自分のペースで仕事がしやすかったり、頑張り次第では大きく収入を跳ね上げることも可能です。

イラストレーターの仕事は在宅でもできるため、今後は地方に居ながらにして大企業の仕事を請け負ったり、家事や育児と両立しながら仕事をしたりする人も増えていくことでしょう。

イラストレーターが集まるサイトやイラストを公開するSNSから人気に火が付き、プロとして仕事をはじめる人も増えているため、従来の働き方とはまた違ったアプローチをしていかなければイラストレーターとして成功するのは難しくなっていくでしょう。

イラストだけに頼らないビジネス

イラストレーターは、イラストだけを描いていればいい仕事ではありません。

いざ独立したとしても、営業活動やマーケティングの知識がないために、仕事がうまくいかないという人も少なくありません。

フリーランスとして働くからには、自分の強みや個性を生かした活動が必要になります。

たとえば、ブログやSNS・動画サイトなどのメディアを使って作品を発表したり、ブランディングをしたりすることで、ほかのイラストレーターとの差別化を図ることができます。

また自分で描いたイラストを使い、グッズや画集を作って販売することでクライアントに頼らない直接収入を得ることができます。

フリーランスとして働く場合は、クライアントの下請けのような仕事の仕方にならないよう、イラストを描くことだけに頼らない新たなビジネスの方法を考えていく必要があります。

イラストレーターの今後の活躍の場

かつてに比べると紙媒体におけるニーズは激減し、かわりにWeb上で公開されるイラストのニーズが高まっています。

今後紙媒体が一切なくなることは考えにくいですが、イラストレーターの仕事は紙からWebへ移行しつつあることは事実で、イラストレーターの活躍の場は変革の時を迎えています。

近年では、大量のキャラクターを使用するアプリやゲームが人気を集めているため、多くのイラストレーターを起用する企業も少なくありません。

人気のあるイラストレーター起用しようと各社間で競争が激化したり、逆にまだ知名度の少ないアマチュアイラストレーターを積極的に起用したりする動きもあります。

そのため今後イラストレーターが増える中で生き残るためには、自分にしか描けないオリジナリティあるイラストを追求しファンを増やしていく必要があります。

時代の変化ととらえ常に新しい技術を取り入れること、そしてオリジナリティのあるイラストを描くことが、これからのイラスト業界ではこのふたつが重要になるでしょう。