イラストレーターの需要・現状と将来性

イラストレーターはポスター、雑誌などさまざまな分野で活動をしています。

紙媒体は減少傾向にありますが、インターネット上での需要は高まり、活動の幅は広がっています。

この記事では、イラストレーターの需要・現状・将来性を解説します。

イラストレーターの需要・現状

以前までは紙媒体での活動を主にしていましたが、最近ではデジタル化が進みイラストレーターの需要は高まっています

AIを導入されデジタル化が進んでも、イラストレーターの需要がなくなることはないでしょう。

イラストの場合、AIはイラストを描けても、個性や人間味のあるイラストを描くことはできません。

どれだけデジタル化が進んだとしても、やはり「人間が描いた」というあたたかみのあるイラストは多くの人から支持されることでしょう。

近年はゲームやアプリなど携帯端末に関するものやWeb上で公開されるイラストのニーズが高まっていて、万人受けするキャラクターを描けるイラストレーターに人気が集まっています。

新たな需要が生まれている反面、デジタルイラストを描くソフトが安価で発売されたことから、ライバルが増えているという現状もあります。

オリジナリティあるイラストを描けるだけでなく、

  • ビジネスとしての視点
  • クライアントの要望

にしっかり応えられるスキルが求められます。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

イラストレーターの将来性

フリーランスとしての働き方

イラストレーターは、フリーランスとして個人で仕事をしやすい職業のひとつでもあります。

独立をすれば会社の肩書きを背負わずさまざまな内容の仕事を請け負えたり、自分のペースで仕事がしやすかったり、頑張り次第では大きく収入を跳ね上げることも可能です。

イラストレーターの仕事は在宅でもできるため、今後は地方に居ながらにして大企業の仕事を請け負ったり、家事や育児と両立しながら仕事をしたりする人も増えていくことでしょう。

また、イラストレーターが集まるサイトやイラストを公開するSNSから人気に火が付き、プロとして仕事をはじめる人も増えているため従来の働き方とはまた違ったアプローチをしていかなければ、イラストレーターとして成功するのは難しくなっていくでしょう。

イラストだけに頼らないビジネス

イラストレーターは、イラストだけを描いていればいい仕事ではありません。

いざ独立したとしても、営業活動やマーケティングの知識がないために、仕事がうまくいかないという人も少なくありません。

フリーランスとして働くからには、自分の強みや個性を生かした活動が必要になります。

たとえば、ブログやSNS・動画サイトなどのメディアを使って作品を発表したり、ブランディングをしたりすることで、ほかのイラストレーターとの差別化を図れます。

また自分で描いたイラストを使い、グッズや画集を作って販売することでクライアントに頼らない直接収入を得れます。

フリーランスとして働く場合は、クライアントが下請けの仕事の仕方にならないよう、イラストを描くことだけに頼らない新たなビジネスの方法を考えていく必要があります

イラストレーターを目指す人のためのスクール紹介

無料で資料請求できるので、ぜひ取り寄せて比較してみましょう。

・圧倒的な実績数とノウハウなら:ヒューマンアカデミー 公式サイト

・就職・デビューシステムの充実なら:アミューズメントメディア総合学院 公式サイト

今後の活躍の場

今後は紙媒体にかわり、Web上で公開されるイラストのニーズが高まると考えられます。

紙媒体が一切なくなることは考えにくいですが、イラストレーターの仕事は紙からWebへ移行しつつあることは事実で、イラストレーターの活躍の場は変革の時を迎えています。

近年では、大量のキャラクターを使用するアプリやゲームが人気を集めているため、多くのイラストレーターを起用する企業も少なくありません。

人気のあるイラストレーター起用しようと各社間で競争が激化したり、逆にまだ知名度の少ないアマチュアイラストレーターを積極的に起用したりする動きもあります。

今後イラストレーターが増える中で生き残るためには、自分にしか描けないオリジナリティあるイラストでファンを増やしていく必要があるでしょう。

これからのイラスト業界で重要なこと
  • 常に新しい技術を取り入れること
  • オリジナリティのあるイラストを描くこと

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

「イラストレーターの需要・現状と将来性」のまとめ

イラストレーターは今後も多くの人に求められる職業です。

イラストレーターの人気も髙くなるため、ライバルもより増えていくと考えられます。

そのためTwitterをはじめSNSを使ったアピールも大切になるでしょう。

SNSの発信や営業力が求められる

フリーランスとしてイラストレーターの仕事をする場合には、ただ絵を描くだけでなく、自分で仕事を取らなくてはいけません。

そういったときに必要なのが、SNSでの発信活動や営業力です。

イラストの勉強をしながら営業などの勉強も独学でこなすのは困難と言えるでしょう。

専門学校なら同じ目標を目指す仲間もいますし、業界内の情報が入ってくるので、営業の仕方やSNS発信の仕方を人から学ぶ機会がたくさんあります。

ヒューマンアカデミーは特に業界とのつながりが深く、より身近な場所でプロの仕事の取り方を学べます。

少しでも興味が湧いた人は、無料資料請求をして詳しい情報を手に入れてください。

また、ゲーム、アニメ、イラストなどの実践的なコンテンツ作りを学べる学校としてアミューズメントメディア総合学院も有名です。

【アミューズメントメディア総合学院の魅力】
1.産学共同・現場実践教育
2.業界に直結した就職・デビューシステム
3.卒業後もずっとバックアップ!OB・OGネットワーク
4.業界の第一線で活躍する現役プロ講師

グループ内で映画の制作会社や音楽会社も経営しているので就職率も高く人気のスクールとなります。

ぜひ2校とも資料請求や学校見学をしてみてください。

ヒューマンアカデミー 公式サイト

アミューズメントメディア総合学院 公式サイト