イラストレーターが使うソフト・道具

PhotoshopとIllustrator

イラストレーターを目指すうえで必須となるソフトは、Adobe社のPhotoshop(フォトショップ)とIllustrator(イラストレーター)です。

この2つのソフトは業界でも認知度が高く、プロも日常的に使用しています。

活動するジャンルによってはPhotoshopか、またはIllustratorのどちらかだけでも済みますが、両方使いこなせるスキルを持っている人がほとんどです

PhotoshopとIllustratorの違い

Photoshopは写真加工のソフトと思われがちですが、イラストや描画にも適していて、さまざまな加工をすることができます。さまざまなブラシもあるので、ペンタブを使い直接イラストを描くことも可能です。

Illustratorは、レイアウトに適したソフトで、ロゴやアイコンを作成したり、本やページなど細かいデザインを作成したりする際に使われます。

イラストを作成するときにはPhotoshop、作成したイラストを改めてデザインしたりレイアウトしたりするときにはIllustratorと使い分けている人も多いようです。

使いこなすにはそれなりの勉強が必要にはなりますが、市販のテキストや解説サイトを見たり、自分でさまざまなツールを実際に使ってみたりするうちに自然と使い方を覚える人が多いようです。

無料ソフトは使える?

PhotoshopやIllustratorのほかに、デジタルイラストを無料で描けるいわゆる「フリーソフト」も多くあります。

フリーソフトは、有料ソフトに比べて機能に制限があったり、使いこなすのが難しかったりするといったデメリットもありますが、イラストの練習に利用している人は多くいます。

PhotoshopやIllustratorは高額でなかなか手が出せないという人も少なくないため、無料でも制作ソフトに触れてみたい、デジタルイラストにチャレンジしたいという人であれば、使ってみるのもよいでしょう。

WindowsとMacintosh

一般的に、デザインやアート作品をパソコンで制作する場合WindowsよりもMacが優れていると認知されていて、イラストレーターなどのクリエイター職では、Macが必須と思っている人も多いです。

しかし、実際にはWindowsでイラストを制作しているイラストレーターも少なくありません。

イラストを描く作業にはPhotoshopやIllustratorが使えれば問題ないため、WindowsかMacかということにはさほどこだわらなくてもいいようです。

ディスプレイやペンタブレット

仕事をする上では、パソコンがWindowsかMacかよりも、ディスプレイにこだわりを持っているイラストレーターが多いです。

ディスプレイは、より大きいほうがさまざまな画面を並べて見ながら作業でき効率的なため、デザイン用の大きなディスプレイを利用している人がほとんどです。

ペンタブレットを利用してイラストを描く人もいますが、特別必要ではありません。

最近は手書きの線をスキャナで取り込み、自動でデータに変換できるフリーソフトなどもあり、ペンタブレットに負けない機能を果たしてくれるため、自分が描きやすい方法を選ぶとよいでしょう。

ツールよりもスキルが重要

イラストレーターにとってイラストを描くツールは必須なものですが、最終的には「何を持っている」「何を使用している」ということより「それがどれだけ使えるか」というスキルが重要です。

新人のうちや経験が浅いうちは、金銭面でいい機材やソフトが利用できないこともあるかもしれませんが、自分に合ったツールやソフトを見つけられれば、工夫次第で良い作品を作ることは十分できます。

アナログとデジタル

イラストはデジタルが主流

現在イラストのお仕事は、基本的にデジタルで行われます。

デジタルイラストは描くことだけでなくちょっとした調整や修正も簡単にでき、印刷してもそのままの色味を再現することができます。

反面、アナログイラストはスキャナでパソコンに取り込みデータ化した際に、色彩が表現できなかったり繊細なタッチが失われたりなど、さまざまな問題が発生するため、調整や加工にどうしても手間や時間がかかってしまいます。

アナログで作業をする人もいますが、こうした苦労や手間の面から現在はデジタルイラストが主流となっています。

イラストレーターの仕事のデジタル化の苦労、大変さ

イラストレーターの悩みとして、デジタルならではの苦労があげられます。

例えば、ペンタブレットは筆と紙とは違い、ペン先と実際の絵が離れているため、未経験者の方が思うほど簡単には描けません。

PhotoshopやIllustratorも、はじめは何をどう使いこなしたらよいのかわからず途方に暮れるという人も少なくありません。

またイラストレーターの失敗で多いのが、入稿作業です。

アナログイラストであれば、作品を担当者に手渡せば終わりますが、デジタルイラストの場合は作成したイラストをデータで入稿しなければなりません。

入稿の際には出版社や印刷所ごとにさまざまなルールがあり、データの作成の仕方が異なります。

ここで間違うと正しいサイズに印刷されなかったり、色味が正しく再現されないまま印刷されてしまったりすることもあります。

このようにイラストレーターはツールやソフトに関する知識もしっかりと持ち合わせていなければ、イラストの仕事をすることはできないのです。

アナログイラストの存在意義

近年の絵画ソフトは、色鉛筆や水彩画、水墨画のように人の手でしか生み出せなかった画法もパソコン上で表現できてしまいます。

ただし、作者の筆遣いや繊細なタッチ、細部までこだわった色遣いなどアナログのイラストだからこそ伝わるものもあります。

デジタルイラストが主流であっても、決してアナログイラストの価値がないわけではありません。

また、ペンタブレットなどを利用して普段デジタルイラストを描いている人も、アナログ画材も使いこなせるようにしておくことは、画力を磨き作風の幅を広げるために有効です。