照明デザイナーの仕事内容

照明デザイナーの仕事とは

照明デザイナーは、住居や店舗、各種建築物をはじめ、さまざまな空間の光を演出する仕事です。

照明デザインが活躍する分野は、主に以下の3つです。

・テレビや映画、演劇、イベントなどの場で活躍する舞台照明デザイン
・照明器具をつくるプロダクトデザイン
・インテリア照明、建築照明、都市照明に関わる環境照明デザイン

広い意味ではすべての照明デザインの仕事ですが、とくに環境照明の分野に携わる人が照明デザイナーと呼ばれています。

環境照明を専門とするデザイナーは比較的歴史の新しい職業とされており、インテリアや建築の分野にも深く関わっていくのが特徴です。

照明デザイナーの業務の内容

環境照明デザインに携わる照明デザイナーは、クライアントから依頼を受けると、その依頼内容に合わせた照明の効果や演出をプランニングし、実際に形にしていきます。

照明は、光の色や角度などによって、その場の印象をガラリと変えることができます。

照明デザイナーは光についての専門知識や技術を駆使しながら、空間に照明を効果的に配置するのが主な役割です。

新しい建築物の照明を担当する場合、建物の設計段階で依頼が入るのが一般的です。

図面を見ながらその空間に合う照明を決めていく必要があり、建築士や施工関係者、施主らとコミュニケーションをとる機会も多くあります。

照明デザイナーの役割

照明は、ただ部屋や空間を明るくしているだけではありません。

光は、人間の身体や精神状態に影響する重要な要素です。

飲食店が落ち着いた照明でムードを演出していたり、ステージのライティングが音楽に合わせ場を盛り上げるようにしていたりしたことを見たことがある人も多いでしょう。

また、近年人気を集めている建物や公園のライトアップやイルミネーションも、照明デザイナーの仕事です。

このような点を踏まえると、照明デザイナーはインテリアデザイナーやエンターテイナーとしての役割も果たしているといえるでしょう。

照明デザイナーの勤務先の種類

照明デザイナーは、おもに照明器具メーカーや照明デザイン事務所に勤務しています。

照明器具メーカーは、大手企業を中心に照明デザインを手掛ける部署を置いており、そのような場で照明デザイナーの需要があります。

建築物に合った照明設計のニーズが高まっている現代では、照明デザインを専門に手掛けるデザイン事務所の数も徐々に増えつつあるようです。

照明デザイナーと関連した職業

照明デザイナーとして働く上では、プロダクトデザインの知識も求められます。

特定の照明を制作する際には、プロダクトデザイナーに制作を頼むことも少なくありません。

また、照明デザインをする上では、インテリアデザイナーやインテリアコーディネーターと協力することもあります。

さらに、照明には電気や建築の知識も求められるため、商業施設などを手掛ける際には建築士などと相談をしながら照明デザインを考えていくこともあります。

プロダクトデザイナーの仕事
インテリアデザイナーの仕事
インテリアコーディネーターの仕事
建築士の仕事