芸術家とデザイナーの違い

芸術家とデザイナーの仕事内容の違い

芸術は自己表現の手段

芸術家とデザイナーは似て非なる職種ですが、どちらも美術的センスが必要なため混同してしまう人がいるようです。

もっとも異なる部分は、「何のために仕事をするか」ということです。

芸術家が作品をつくるのは自己表現の手段であり、自身の信念や芸術性を広く知らしめることを目的としています。

まれに画商やスポンサーから依頼を受けて作品を制作することもありますが、テーマやコンセプトを与えられるに止まります。

そこからインスピレーションを受けて、どう表現するかは芸術家に任されるというのが基本です。

自分の信念を持たず、スポンサーのいいなりになる芸術家がいるとすれば、それは芸術家ではなく商業デザイナーだとえるでしょう。

デザイナーは商業がメイン

デザイナーは商業ベースで仕事をするため、基本的にクライアントやスポンサーから依頼を受けて制作活動に入ります。

制作企画会議に始まり、プロダクトの納品に至るまで何度もチェックを受けて修正を繰り返し、クライアントやスポンサーが満足するものをつくるのが仕事です。

そしてその先には一般消費者がいます。

デザイナーがつくり上げたプロダクトにより、一般消費者が心を動かされれば、商品の売上げが上がったり集客数がアップしたりという成果が出ます。

最終的には、デザイナーは世の中すべての人のために仕事をしているといえるでしょう。

グラフィックデザイナーの仕事

芸術家とデザイナーのなる方法・資格の違い

芸術家はフリーランス

ほとんどの芸術家はフリーランスで活動しています。

芸術家に弟子入りしたり、学校で学んだりする方法はありますが、最終的には自分の実力次第といえます。

作品を売った収入だけで生活できるようになるまでは、困難を極めるといわざるを得ないでしょう。

デザイナーは企業勤め

多くのデザイナーメーカーに就職し、企業内デザイナーとして働くのが一般的です。

まずはアシスタントとして経験を積みながらさまざまなことを学び、デザイナーに必要な知識と経験を身につけます。

競争率が厳しい世界であり、メーカー等に就職できたからといって必ずしもデザイナーとして大成するとは限りません。

自分の好きなようにデザインできるようになるまでの道のりは簡単ではなく、フリーランスで成功する人は一握りです。

芸術家とデザイナーの資格・必要なスキルの違い

芸術家・デザイナーになるにあたって「この資格がなければ働けない」という資格はありません。

しかし、デザイナーとして企業に就職する場合、資格の有無が役職に上がる場合の条件になっている場合もあります。

自分の知識やスキルを試すために、Web、グラフィックなど自身の手掛けるジャンルに合わせた資格を取得するという人も多いようです。

芸術家とデザイナーの学校・学費の違い

芸術家を目指す上では、美術大学や美術系の専門学校などへ進学する方法があります。

しかし必ずしもこうした学校に通わなくても、芸術家として活動することは可能です。

デザイナーになるためには、大学や専門学校でその道に関する勉強するのが一般的です。

商業デザイン、インダストリアルデザイン、グラフィックデザイン、Webデザインなどさまざまなコースがあります。

また、企業や広告代理店のなかには大卒が採用条件となっている企業もあるので注意が必要です。

芸術家とデザイナーの給料・待遇の違い

芸術家は安定が見込めない

芸術家はほとんどの場合がフリーランスであり自由業です。

時間の拘束がないため、創作意欲がのってくれば1日中作業をすることもありますし、何日も作業をせず充電に徹することも珍しくありません。

収入は作品の売れ具合に左右され、1ヶ月収入がない時期もあれば、1点の作品が売れただけでサラリーマンの数ヶ月分の収入になることもあります。

安定は見込めないものの、当たりも大きいのが特徴です。

デザイナーは比較的阿安定

それに対してデザイナーは、ほとんどの人が広告代理店や制作会社、アパレル会社の社員からスタートします。

そのまま会社に留まる人もいれば、頃合いを見て独立する人もいます。

社員ならば収入は安定していますし、独立すれば高収入も夢ではないといえるでしょう。

芸術家とデザイナーはどっちがおすすめ?

芸術家とデザイナーの大きな違いは、自分が好きなものを自由に作れるか否かです。

芸術家は自己表現として創作活動を行いますが、デザイナーはクライアントから依頼されたものを制作するため、自分の好きなものを自由につくることはできません。

また、フリーランスで活動し生活が不安定な芸術家に対し、多くのデザイナーは企業勤めのため、比較的給与が安定しているというメリットがあります。

こうした違いをしっかりと理解した上で、どちらに進むかを決めるとよいでしょう。