DTPデザイナーになるには

資格は求められないことがほとんど

DTPデザイナーになるうえで、一般に、特別な資格が求められることはありません。

就職するうえで学歴が指定されることはほとんどありませんが、大手の広告代理店や印刷会社では、4年制大学卒業の学歴が求められることがあります。

専門学校や美術大学でデザインの基礎を学び、広告制作会社や印刷会社、デザインプロダクションなどに就職するのが一般的です。

新卒入社の場合、まずはアシスタントとして先輩デザイナーの手伝いをしながら、徐々に案件をメインで担当し、知識やスキルを身につけていくことになるでしょう。

なお、DTPデザイナーが使用するグラフィックソフトや編集ソフトを扱うスキルは独学で身につけることも可能です。

雇用形態はさまざま

DTPデザイナーは、上記で挙げたような会社に正社員として就職する人がいる一方、中小企業の場合は契約社員も比較的多く所属しているようです。

また、会社によって繁忙期があり、業務量が多くなる時期のみ派遣社員やアルバイトを雇う会社もあります。

中途採用や派遣社員には即戦力となれるだけのスキルが求められるため、ほとんどが経験者のみの募集となっています。

新卒入社以外の形でDTPデザイナーを目指す場合には、まずアルバイトとして経験を積んでから、より良い条件で働ける会社へ正社員として転職する人もいるようです。

フリーランスになる道も

DTPデザイナーは、フリーランスで働くこともできます。

フリーランスになれば在宅勤務が可能となるため、結婚や出産後には、フリーランスとして仕事を続けている女性のDTPデザイナーも多くいるようです。

フリーランスになるにあたって資格が必要なわけではありませんが、クライアントのニーズにしっかりと応えられるだけのスキルを身につけておく必要があります。

そのため、まずは会社でDTPデザインの実績を積み、その後フリーランスになるのが一般的とされています。