セールスライターの仕事内容、なるには、資格、給料、求人

セールスライターの仕事内容

商品を売るための文章を多方面から書く

セールスライターとは、文字通り「商品を売るための文章を書く人」のことをいいます。

元々ダイレクトマーケティングを実践していく上で、セールスライティングというスキルが必要とされ、海外では100年以上も前から需要がある職業です。

ダイレクトマーケティングとは、商品に興味を持つ見込み客をターゲットに絞り、顧客心理を理解した上でアプローチをかけるマーケティング手法です。

セールスライターの仕事は、商品を売ることが目的ですので、セールスレターやメールマガジン、ブログ記事やダイレクトメールなど多方面から文章を書きます。

この他にも、アフェリエイトの運営やWEBマーケティングのコンサルタントなど、多岐に渡ります。

ライティングのスキルはもちろん、それと同等のマーケティングスキルとセールススキルも必要となります。

セールスライターになるには

就職/副業/フリーランス/独立起業

セールスライターになるには学歴は関係なく、必要な資格や技能検定などはありません。

現在活躍しているセールスライターの多くは、企業に就職するか、仕事をしながら副業で活動している人、起業して成功した人に分かれます。

通販事業会社に就職して会社に貢献するというのも一つの選択肢です。

副業の場合は、具体的にはクライアントから発注をもらい、収入を得るための活動をすれば良いのです。

クラウドソーシングが普及する近年では、ライター職やセールスライターの募集案件が頻繁に募集されています。

スキルを磨き実績を作るためには、まずはクラウドソーシングサービスに登録してからはじめる方法がおすすめです。

セールスライターの給料・年収

年収300万円~500万円が目安

企業に所属している場合は、基本的には月給制のため、給料と年収は企業の給与規定によります。

独立起業しているセールスライターの場合は、年収が1,000万円を超えるケースもあり、エリート営業マンの収入と同レベルだといえるでしょう。

しかし、ここまでたどり着くには地道にスキルを磨き実績を積み上げなければなりません。

中級レベルのスキルと実績があるセールスライターの平均月収は20万円前後、年収は300万円~500万円程度が一つの目安といえます。

セールスライターのやりがい、楽しさ、魅力

人の心を文章で動かし、売上に貢献する

言葉や文章で人の心を動かすことができるのがセールスライターの魅力といえます。

さらに、仕事の成果が商品の売上につながることが、セールスライターのやりがいではないでしょうか。

セールスライターの仕事は、一人でコツコツと文章を書くと思われがちですが、依頼主と顧客がいる中で成り立つチームプレーだといえます。

さまざまな業界の人たちに取材をしたり、仕事を通じた出会いの中で、新しい情報を常に吸収できる楽しさや人脈を作り上げる大切さを学ぶことができます

セールスライターのつらいこと、大変なこと

反応がなければ1円の価値もないコピー

パソコン1台とインターネット環境があればはじめられる仕事のため、副業や起業にセールスライターを選ぶ人が増加傾向にあります。

しかし、時間だけが過ぎて行き、クライアント獲得でつまづく人が多い職種だといわれています。

睡眠時間を惜しまず2週間全力で書いたセールスレターを、いざリリースしても注文が来ない…。

どれだけ尽力してコピーを書いたとしても、反応(数字)が出なければ、1円の価値もないという、非常に過酷でシビアな世界です。

競争率の激しい中、勝ち残るためには、自分のモチベーションとの格闘が至難の業だといえます。

セールスライターに向いている人、適性

聞き上手な人、文章力より言葉のセンス

人の話を聞くのが好きな人

クライアントや顧客の話を聞き、そこからコピーのヒントを探しだす傾聴力が必要です。

リサーチ力

商品の特徴や効果、他の商品と比較した強みやメリットなどから導けるリサーチ力が必要です。

探求心と文章力

さまざまなジャンルの資料を読み、かつ自分の知識にして、文章の上手い下手ではなく人の心を動かすことのできる表現力やセンスが必要です。

人の心理に敏感な人

顧客心理を読み取り、ユーザーの心を動かすことのできるコピーを書くには、人の心理や行動に敏感な人が適性だといえます。

セールスライターの雇用形態、働き方

業務委託に完全在宅、働き方は多種多様

主に企業に就職する方法とフリーランスで働く方法があります。

企業に就職するなら、WEBマーケティング会社や、企業のマーケティング支援に携わる部門に就職するのが一般的です。

アルバイトとして試用期間を経て、正社員として雇用される企業や、業務委託(フリーランス)や完全在宅勤務など、セールスライターとしての働き方は多種多様です。

セールスライターを副業ではじめるには、クライアントを獲得するまでに時間と労力がかかります。

人脈がない0からのスタートで依頼を受けるには、営業活動が不要なクラウドソーシングの活用が一番スムーズな方法といえるでしょう

セールスライターの現状と将来性・今後の見通し

会社経営者にとって必要不可欠な存在

インターネットの普及とともに、ネット通販市場は成長し続けています。

ネットで商品を売るには、商品の魅力をユーザーに伝えるコピーが欠かせない世の中ですが、セールスライターが不足している現状です。

つまり、需要が供給に追いつかない状況なのです。

実際、経営者の立場から見たセールスライターの需要価値は高く、真剣な事業展開を行うにはセールスライターが欠かせない、という意見がありました。

セールスライターは、5年先の会社の未来をともに事業を担うパートナーとして必要不可欠な存在。

近年では、フリーランス人口の増加とともに、セールスライターの人口も上昇し競争率が激しくなる不安もありますが、スキルを磨きキャリアアップする価値はありそうです。