照明デザイナーのつらいこと、大変なこと、苦労

正解のないものづくりに携わること

普段「光」を扱う照明デザイナーですが、その光をどのように感じるかは人によって異なります。

たとえば「明るい」とされる光でも、それをものすごく明るいと感じるのか、それともまだ暗いと感じるのかは人それぞれ。

ときには、クライアントの要望やイメージと、自分がベストだと思うものが異なり、うまくすり合わせるのに苦労することもあるかもしれません。

照明デザイナーが生み出していく空間は、絶対的な答えのないものです。

だからこそ面白いのですが、同時に、そこに難しさを実感する瞬間も出てくるでしょう。

コストや環境への考慮

照明デザイナーは、一見、アーティストような存在に思われることがありますが、デザインをするにあたって、現実的にはコストや使いやすさ、環境への影響など、考慮しなくてはならない要素も多々あります。

そのため、いくら実現させたいことがあっても、すべて思うようにできないことも出てくるものです。

デザイナーとして働いていると、より美しいものを追求したいという気持ちと、ビジネスとしてきちんと成り立たせなくてはならないという気持ちの間でジレンマを感じることもあるかもしれません。

専門性を高めつつ、幅を広げる努力が必要

照明デザインの仕事は、現状では建築家やインテリアデザイナーインテリアコーディネーターなど別職種の人が兼任することが多くなっています。

建築士の仕事
インテリアコーディネーターの仕事
インテリアデザイナーの仕事

照明デザインという要素は、建築やインテリア、エクステリアなどの領域に重なる部分が大きく、照明デザイナーとしての立場を確立させて仕事を続けていくには、日ごろから専門性を高める努力が欠かせません。

それと同時に、建築やインテリア設計など関連する分野に対する知識・スキルを磨いていくことも大事です。

現時点では、照明デザイナーとしての求人はそこまで多いわけではないため、仕事を自分で見つけにいくような姿勢が必要になるでしょう。