アートディレクターになるには? 必要な資格はある?

アートディレクターになるまでの道のり

アートディレクターは広告やセールスプロモーションツールなどのグラフィック制作における、ビジュアル面の責任者として活躍します。

ほとんどの場合、「グラフィックデザイナー」として経験を積んだ後にアートディレクターになる道が開けます。

とくに資格を持ったり特殊な学校に通ったりする必要はなく、男女、年齢を問わずに就ける職種ではありますが、未経験者がいきなりアートディレクターになるには厳しいのが現実です。

まずは広告業界に入り、グラフィックデザイナーとして経験を積んでいくのが一般的な道になります。

アートディレクターになるために必要な資格はある?

アートディレクターになるうえで必須の資格はありません。

広告業界で働くクリエイターに共通することですが、資格などの勉強の類より、制作の現場で培った実力やクリエイティブセンス、これまでの実績で評価が決まります。

ほとんどのアートディレクターがグラフィックデザイナーからステップアップしており、デザイナーになるにも、もちろん資格は必要ありません。

美術大学やデザイン専門学校で基礎知識とスキルを身に付け、あとはグラフィックデザイナーのアシスタントや見習いとして社会に出た後に、現場で実力を培っていくことになります。

ただ、グラフィックデザイナーやアートディレクターに関連する民間資格として、以下のようなものがあります。

参考:アドビ認定アソシエイト(ACA)
参考:Photoshopクリエイター能力認定試験
参考:Illustratorクリエイター能力認定試験
参考:DTPエキスパート

自分のスキルレベルがどのくらいであるかを客観的に知る目的としては、資格取得にチャレンジするのもひとつの手です。

アートディレクターになるための学校の種類

アートディレクターの前身であるグラフィックデザイナーになるためには、美術大学のほか、専門学校のグラフィックデザイン科などで学ぶのが近道です。

こうした学校では、ビジュアルデザインの知識や構図、配色などの基礎から学べるほか、グラフィックデザインの実務に必要な「Illustrator」や「Photoshop」などのグラフィックソフトの扱い方も学びます。

たいていの専門学校では2年間、美術系の大学では4年間の専門教育を受けてから、グラフィックデザイナーとして広告代理店への就職を目指すのがよいでしょう。

なお、大手広告代理店では新卒採用の場合、4年制大学または大学院の卒業・修了見込み者のみを応募資格にしている場合があります。

就職先の選択肢を広げたいと考えるのであれば、大学進学を考えるほうがよいでしょう。

アートディレクターになるにはどんな学校や講座に行けばいい?

アートディレクターに向いている人

新たな物事に広く興味を持てる人

アートディレクターは、広告業界のことはもちろんですが、それ以外にも、いろいろなものに興味関心をもつことが大事です。

世の中の流行やニーズを把握することは、広告制作に欠かせません。

常にアンテナを張って新たな情報をキャッチアップし、幅広い知識を吸収することに喜びを感じる人がこの仕事に向いています。

さまざまな立場の人をまとめるのが得意な人

アートディレクターの仕事では、クライアントをはじめ、社内のたくさんの制作スタッフと関わります。

相手の立場や思いをよく理解したうえで、自分の伝えたいことを正しく伝えていける人は、アートディレクターの適性があるでしょう。

また、アートディレクターはクリエイターを束ねる立場になるため、人とコミュニケーションをとるのが上手でリーダーシップのある人に向いています。

アートディレクターに向いている人・適性・必要なスキル

アートディレクターのキャリアプラン・キャリアパス

グラフィックデザイナーとして勤務している間に、自分がアートディレクターに向いているか否か、どういうキャリアパスを望むのか判断できるでしょう。

デザインを組み立てること自体にやりがいを感じる人、パソコンに向かってもくもくと作業をするのが好きな人は、グラフィックデザイナーの職務を貫くほうが向いているかもしれません。

一方、企画に踏み込んだり提案することに意義を見出す人や、コピーやイラストなどにもトータルにかかわりたい人は、制作の現場監督であるアートディレクター向きの人材だといえるでしょう。

アートディレクターのなかには、引き続きグラフィックデザイナーとしての役割も兼務するタイプの人もいます。

広告業界で働きながら、将来の自身のキャリアパスをイメージしていくことが大事です。

アートディレクターがさらにキャリアを積むと、プロジェクト全体の総責任者であるクリエイティブディレクターになる道や、独立して仕事をする道なども開けてきます。

アートディレクターを目指せる年齢は?

アートディレクターになるのに年齢制限はありません。

とはいえ、グラフィックデザイナーから経験を積んでいくとなると、できるだけ若いうちに業界で働き始めるほうが、早くアートディレクターになれるチャンスがあるでしょう。

広告業界は人気があり、業界で活躍したいと熱意をもつ若者は山ほどいます。

そのなかでアートディレクターとしての立ち位置をしっかりと築くためには、30代後半や40代を超えてからスタートするのは、少々厳しいかもしれません。

アートディレクターは女性でもなれる?

アートディレクターは、男女関係なく働ける職種です。

広告業界全般で見ると男性の割合のほうが大きいといわれますが、だからといって女性はアートディレクターになれないわけではありません。

とくに近年伸び続けているインターネット広告業界は、平均年齢が若めで、女性の活躍も目立ちます。

広告業界でキャリアを積み、グラフィックデザイナーの上級職としてアートディレクターになり、第一線で働く女性は増えています。

ただし広告の仕事は忙しくなりがちなので、結婚・出産などのライフイベントと仕事を両立させるには、勤務先選びや働き方をしっかり考えていくことが重要です。

女性のアートディレクターのキャリアパス・結婚後の生活

アートディレクターを目指すなら転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途でアートディレクターを目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、アートディレクターの「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそもアートディレクターが自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20s」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ両方とも登録して気軽に相談してみてください。

アートディレクターを目指すなら転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途でアートディレクターを目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、アートディレクターの「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそもアートディレクターが自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20s」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ両方とも登録して気軽に相談してみてください。