DTPデザイナーの仕事、業務内容

印刷物のレイアウトやデザインをする

DTPデザイナーは、雑誌、書籍、広告、ポスターやダイレクトメールなど、さまざまな印刷物のレイアウトやデザインをする仕事です。

DTPとは「Desk Top Publishing」の略で、デザインから印刷用の入稿データの制作までをパソコンを使って行うことを指します。

そのすべての作業をこなすのがDTPデザイナーです。

DTPデザイナーは、グラフィックソフトの「Illustrator」や「Photoshop」、編集ソフトの「InDesign」などを用いて写真、イラスト、文字などの素材を組み合わせながら、クライアントの要望や媒体のコンセプトに合う紙面をデザインしていきます。

DTPオペレーターグラフィックデザイナーとの違いは?

DTPデザイナーと似た仕事に「DTPオペレーター」があります。

DTPオペレーターは、DTPデザイナーがデザインした内容に基づいて、レイアウトを完成させる細かな修正や加工を行っていきます。

ただし、場合によってはDTPデザイナーがDTPオペレーターを兼任していることもあります。

DTPオペレーターの仕事内容

次に「グラフィックデザイナー」との違いについてです。

グラフィックデザイナーは、一般に、紙面の印刷物以外にもパッケージのデザインなど、さまざまなデザインを制作します。

もともと、グラフィックデザイナーはデザインイメージを手書きで起こす仕事とされていましたが、現在ではグラフィックデザイナーもパソコンを用いたデジタルの作業が中心になっているため、DTPデザイナーとの線引きはあいまいで、仕事内容が重なる部分も大きくなっています。

企業によって職種名の使われ方は異なる場合がありますが、ほぼ同じような仕事だと考えておいて問題ないでしょう。

グラフィックデザイナーの仕事内容

DTPデザイナーの活躍の場

DTPデザイナーは、おもに広告代理店、印刷会社出版社広告制作会社、デザインプロダクションなどで活躍しています。

新人のうちは先輩デザイナーのサポート業務や雑用などをこなしながら、業務に必要な知識やスキルを磨いていくことになるでしょう。

経験を積み、さまざまなデザインワークに携わると、その後のキャリアパスとしてはアートディレクターになったり、Webの知識を深めてWebデザイナーとして活躍の場を広げていく人もいます。

また、独立してフリーランスになる人も増えていきます。