グラフィックデザイナーに向いている人・適性・必要なスキル

グラフィックデザイナーに向いている性格・適性

コミュニケーション能力がある

グラフィックデザイナーの仕事はパソコンに向かってもくもくと作業をする印象があるかもしれませんが、ディレクターやコピーライターなどほかのスタッフと協力して1つの作品を作り上げる仕事です。

そのため、コミュニケーション能力は欠かせません。

他人とコミュニケーションをしっかりとれないと、クライアントの意図を汲み取れなかったり、独りよがりの作品を作ってしまったりという弊害が出る場合もあるので注意が必要です。

これはグラフィックデザイナーだけでなく、ステップアップ職であるアートディレクターにも同じことがいえます。

根気強さ

企画の段階から入稿に至るまで、クライアントや社内からはさまざまなダメ出しを受けます。

そのため、グラフィックデザイナーは何度も修正を繰り返すことは日常茶飯事で、ひどい時には一からやり直しになってしまうこともあります。

そんな進行に耐えられる根気がなくては、グラフィックデザイナーとして長く働くことは難しいでしょう。

根気強さとともに、何度ダメ出しをされても乗り越える強い心も必要です。

感性豊かで好奇心旺盛な人

流行やトレンドをデザインに取り入れるのは、グラフィックデザインではよくある手法です。

常に世間に目を向け、いまどんなものが世間から評価されているのかを敏感に察知する感性は、グラフィックデザイナーには必須です。

また、常に新鮮なインスピレーションを保つためにも、デザインだけでなくあらゆる方向にアンテナを張り、情報をキャッチしたり感性を磨いたりという努力が必要でしょう。

グラフィックデザイナーになるには

グラフィックデザイナーに必要なスキル・能力

いくらスキルに長けていて知識が豊富でセンスがいい人であっても、クリエイティブの世界では他の人と同じような発想では活躍できません。

グラフィックデザイナーは人にはない発想ができることが必要不可欠なため、自分だけの個性を持っていることは大きな強みとなります。

普段から周囲にあるデザインに関心を持ち自分なりの考えを持ったり、先輩デザイナーの仕事を見ながら「自分だったらこうしたい」など自分なりの発想や個性が出せる部分を考えていく必要があるでしょう。

グラフィックデザイナーに向いていないのはどんな人?

グラフィックデザイナーは、美的なセンスや特別な才能がなければなれないと思っている人も多いかもしれません。

しかし、デザインの基本として構図やレイアウト・色彩・フォントなどの知識やIllustrator、Photoshopなどのスキルは学校で習得することができます。

もともともっているセンスや素養も確かに重要なポイントではありますが、こうしたものは勉強をしてスキルや知識を学ぶうちに自然と身についていくものです。

センスや才能がないからといってグラフィックデザイナーの道をあきらめるのではなく、人一倍勉強をしたり、美術やデザインに積極的に触れたりするなどして、自分の知識やスキルを磨いていくことが大切です。