このサイトはアートディレクターを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「アートディレクター」

仕事内容
アートディレクターはビジュアルデザインに関するディレクションを行う職種です。クライアントのニーズや案件のコンセプトなどを把握し、グラフィックデザイナーに指示を与えたり、デザインをチェックして修正を依頼したりすることを主な業務としています。また、デザイナーだけでなく、カメラマン、イラストレーター、コピーライターなどのクリエイターを広く使う場合もあります。それぞれのクリエイターを建築現場の「職人」と考えると、それらを束ねるアートディレクターは「現場監督」のような職種であるといえるでしょう。
なるには
アートディレクター自身が優れたデザインセンスとスキルを持っていることが必須条件であるため、ほとんどの人はグラフィックデザイナーとして数年間の経験を積んだ後に転身してその職に就いています。前身であるグラフィックデザイナーになるためには、美術大学のほか、専門学校のグラフィックデザイン科などで学ぶのが近道です。とくに資格や検定は必要はなく、男女、年齢を問わずに就ける職種ではありますが、実力と経験が伴っていなければならないため新卒で就くことは不可能だといえるでしょう。
給料
アートディレクターの年収の平均値は400〜800万円ほどといわれていますが、会社の規模や経営状況によって異なり、なおかつ各個人のスキルや経験によっても大きく差が出ます。ただし、グラフィックデザイナーなどの一般職のクリエイターをまとめる立場であり、長年の実務経験がないと務まらない職種であるため、クリエイターの中では比較的高収入であるともいえます。優秀なアートディレクターの場合、独立してフリーランスになったり会社を立ち上げるという選択肢もあり、さらなる収入アップも夢ではありません。
将来性
長らく低迷を続けていた日本の広告業界の市場ですが、インターネット広告がテレビに次ぐ第2位の広告媒体に成長し、今後も拡大が予想されています。また近年、DMや店頭POPなどのセールスプロモーションツールにも注目が集まっています。多様化する消費者のニーズをとらえた直接購入や来客につながるアプローチが求められているというわけです。今後高度化、専門化、先端化していく広告市場において、より高い能力を持ったアートディレクターの必要性が高まっていくといえるでしょう。