「アートディレクター」とは

アートディレクター_画像

広告制作の現場において、ビジュアルデザインの責任者として指揮監督を行う。

ビジュアルデザインに関するディレクションを行うアートディレクター。

クライアントのニーズや案件のコンセプトなどを把握し、グラフィックデザイナーをはじめとするクリエイターに指示を与えたり、デザインをチェックして修正を依頼したりすることが主な業務です。

優れたデザインセンスとスキルを持っていることが必須条件であるため、ほとんどの人はグラフィックデザイナーとして数年間の経験を積んだ後に、転身してアートディレクターになっています。

年収の平均値は400〜800万円といわれますが、会社の規模や経営状況によって異なり、なおかつ各個人のスキルや経験によっても大きく差が出ます。

広告業界の市場は今後ますます高度化、専門化、先端化していくと見られており、より高い能力を持ったアートディレクターの必要性が高まっていくでしょう。

「アートディレクター」の仕事紹介

アートディレクターの仕事内容

ビジュアル制作の職人を束ねる現場監督

「アートディレクター」という仕事は会社によって捉え方が異なりますが、本来のアートディレクターの仕事は、ビジュアルデザインに関するディレクションを行うことです。

ビジュアルデザインの領域は、「広告」「グラフィックデザイン」「イラスト」「映像」「アニメ」「ゲーム」などさまざまです。

アートディレクターの役割は、ビジュアルを作るグラフィックデザイナーやコピーライター、イラストレーター、カメラマン、映像クリエイターなどの、ビジュアル制作に関わる職人を束ねる、いわば現場監督のような仕事です。

また、クライアントのニーズや案件のコンセプトなどをしっかり把握し、デザイナーに指示を与えたり、デザインをチェックして修正を依頼したり、アドバイスすることが主な業務となります。

多くの場合、グラフィックデザイナーとして経験と実績を積んだ優秀な人材がアートディレクターになります。

また、多くの人を束ねて仕事を成功させなくてはならないので、コミュニケーションスキルや管理能力、営業力も求められる仕事です。

アートディレクターの就職先・活躍の場

広告関連の企業かプロダクションに所属する

アートディレクターが働く場は、主に広告代理店や、制作プロダクションなどです。

フリーランスで働く人もいますが、デザイナーやカメラマンなどの専門家を束ねる仕事なので1人で動くことは難しく、また、収入が安定しないため、大半が企業やプロダクションに所属しています。

こうした企業でまずはグラフィックデザイナーとして経験を積み、その後にアートディレクターになる場合が多く、優秀なアートディレクターは、独立して自らの事務所を設立することも多い職種です。

アートディレクターの1日

1日に複数の場所で様々なチェック作業をかけもち

広告代理店やプロダクションに所属することが多いアートディレクターは、原則その企業の就業規則に合わせた勤務時間内で働きます。

ただし、納期などが迫っている場合は、残業や休日出勤なども行い、仕事を進行させます。

規定時間外で働いた場合は、フレックスタイムや代休制度を活用してます。


9:30 仕事開始
メールチェック、今日の仕事の確認など

10:00 社内でスタッフミーティング
デザイナー、カメラマン、コピーライター等と、ある清涼飲料の年間コミュニケーションとなるビジュアルの方向性を決める打ち合わせ

12:30 昼食

14:00 クライアント打ち合わせ
クライアントと、次回のキャンペーンに関する打ち合わせ

15:30 帰社~メールチェック
クライアントやスタッフからのメールをチェック
必要に応じて送返信

16:30 印刷会社でポスター色校正チェック
印刷を進めていたポスターの色の出具合をチェック

17:30 スタジオで撮影立ち会い
ファッション雑誌の特集ページの撮影
写真仕上がりのチェック

19:00 編集スタジオでCM編集チェック
テレビCMの編集作業の確認

21:00 スタッフと食事
仕事終了後にスタッフと打ち合わせも兼ねて食事

23:30 帰宅

アートディレクターになるには

グラフィックデザイナーとしての経験を積む

アートディレクターは、ビジュアル制作全体を管理する仕事であるため、経験が必要であり、大半がグラフィックデザイナーとして実績を積んだ後にその職に就きます。

そのため新卒ですぐにできる仕事ではありません。

グラフィックデザイナーになるためには、美術大学のほか、専門学校のグラフィックデザイン科などで学ぶのが近道です。

そこで、アートディレクターに必要な、デザインセンスとスキルを身につけます。

アートディレクターになるのに特に資格や検定は必要無く、男女、年齢を問わずに就ける職種です。

どうしても勤務時間が不規則になるため、結婚・出産を控える女性にとっては、長年勤めるのは難しい職業ですが、最近は第一線で活躍する女性も増えています。

アートディレクターの学校・学費

特定の資格は必要無く、現場での経験・実績が重要

アートディレクターになるために、特別必要な資格や検定はありません。

その前身であるグラフィックデザイナーになるにも、資格等は必要ありません。

広告業界やクリエイターの世界では、資格よりも、現場での経験や実績に裏付けされた実力とクリエイティブセンスで評価されます。

そのため、美術大学やデザイン専門学校で基礎知識を身に付けた後は、グラフィックデザイナーのアシスタントや見習いとして、現場で実力を培っていくことになります。

一人前のグラフィックデザイナーとなって、ビジュアル制作全体をディレクションできるようになって初めて、アートディレクターへの道が拓けます。

アートディレクターの資格・試験の難易度

実力と経験がステップアップの必須資格

絶対必要な資格は無く、「実力と経験」がステップアップするための必須資格といえます。

民間にはデザインに関連する資格はいくつかありますが、取得していることが就職や転職に有利になるものではありません。

ただし、自分のスキルを客観的に判断するために、アドビ認定エキスパートやDTPエキスパート認証試験などの資格取得にチャレンジするのもよいでしょう。

アートディレクターの給料・年収

スキルや実力次第で高収入を得られる

アートディレクターの年収の平均値は400~800万円ほどといわれていますが、会社の規模や経営状況によって異なり、なおかつ各個人のスキルや経験によっても大きく差が出ます。

ただし、グラフィックデザイナーなどの一般職のクリエイターをまとめる立場であり、長年の実務経験がないと務まらない職種であるため、クリエイターの中では比較的高収入であるともいえます。

優秀なアートディレクターの場合、独立してフリーランスになったり会社を立ち上げるという選択肢もあり、さらなる収入アップも夢ではありません。

アートディレクターのやりがい、楽しさ

比較的高収入。反響の良さで達成感に満たされる

アートディレクターは、ビジュアル制作全体をまとめるいわば管理職的な立場なので、自ら実務作業を行うことは少なく、業務負担の割には高収入なのが魅力のひとつです。

優秀なアートディレクターは独立することも多く、実力次第では、会社員時代よりも数十倍稼ぐことも夢ではありません。

また、自ら手がけた作品がポスターや雑誌、車内吊りなどとなって世の中に発信され、話題になったり、ビジュアルの影響で商品が売れたりすると、達成感で満たされます。

特にチーム一丸となって行った仕事などは、歓びもひとしおでしょう。

やってて良かったと感じる瞬間です。

アートディレクターのつらいこと、大変なこと

スキル面、精神面両方からの圧迫もある

アートディレクターが管理職的な立場である以上、スタッフをまとめていくスキルが必要であり、気苦労も絶えません。

また、クライアントに直接対峙する立場なので、その要望やオーダーに応えるのも大変な仕事です。

昨今では、消費者ニーズやライフスタイルが多様化し、細分化されたターゲットに合わせた商品アピールが必要になっています。

さらに、テレビや雑誌等のマスメディアでは無く、インターネット広告やSNSなどの拡散メディアが主流となり、直接購入や来客につながる個々へのアプローチが求められるようになっています。

そのためアートディレクターは、こうしたメディアの特性を理解した上で、独自のアイディアや表現を求められるようになり、柔軟な対応力やスキルの向上を。今後ますます求められるようになります。

こうしたスキル面、精神面両方からの圧迫に絶えなくてはならないのも、つらいところです。

アートディレクターに向いている人・適性

美的センスに加え統率力も必要

ビジュアル全体を管理することから、感性やクリエイティブセンスが豊かな人が向いているといえます。

表現力を磨くには、常に色々なことに興味を持ち、アイディアを提供できる引き出しが多い方が有利です。

また、スタッフをまとめるためのコミュニケーション能力に長けており、ひとつの目標に向かって進めさせるリーダーシップも必要です。

さらに、クライアントを納得させる企画力や、プレゼン能力、営業力などがあると、優秀なアートディレクターになれそうです。

アートディレクター志望動機・目指すきっかけ

アニメやゲームのアートディレクター志望者急増

アートディレクターを目指す人は、まずはグラフィックデザイナーとして経験を積む人が多いことから、当然デザインが好きな人が多く志望します。

最近では、アニメやゲームなどのサブカルチャーブームもあり、こうした領域でのアートディレクターを目指す人も多くなっています。

いずれにしろ、デザイナーとしての経験と実績を積み、クリエイティブセンスを磨きながらアートディレクターを目指します。

アートディレクターの雇用形態・働き方

正社員で管理職的な立場の人が多い

アートディレクターの多くが広告代理店か制作プロダクションに所属し、正社員ないしは契約社員として働くことが多いようです。

経験と実力が必要で、たくさんのスタッフをまとめる立場であることから、社内においても管理職的なポジションの人が多いです。

また、クライアントと対峙する場面も多いことから、対外的にも社員が接する方が信頼度も増します。

数少ないフリーランスは、企業の契約スタッフとして働くことが多いようです。

アートディレクターの勤務時間・休日・生活

メリハリのある働き方を推奨

広告業界は激務で知られていますが、大手の広告代理店やプロダクションは国が定めた就業時間内で働くことが徹底されています。

ただし、納期が迫っている場合や、決められた日までに企画を出さなければならないなど、完成するまで仕事を続けなければいけないことも多く、どうしても不規則になりがちです。

残業が多くなったり、休日出勤せざるを得ないケースもあります。

アートディレクターを含むクリエイティブスタッフは、締切に間に合わせて作るというよりは、よりクオリティの高い制作物を作りたいというこだわりが強く、そのために時間をかけることが多くなります。

最近は各企業とも、フレックスタイム制や代休制度を強化して、メリハリのある働き方を推奨しています。

アートディレクターの求人・就職状況・需要

まずはグラフィックデザイナーとして就職する

アートディレクターは、グラフィックデザイナーとして経験を積んだ人が就く職種のため、新卒採用は無く、求人はすべて中途採用の募集です。

アートディレクターを目指すのであれば、4年制の美術大学やデザイン専門学校を卒業して広告代理店やプロダクションに入り、デザイナーとして一から学び経験を積みます。

求人も、「アートディレクター候補」とうたったグラフィックデザイナーの求人は多数ありますが、アートディレクターの求人は極端に少ないのが現状です。

アートディレクターの転職状況・未経験採用

ほかの会社に移ってステイタスアップも

アートディレクターは経験や実力がモノを言う世界なので、異業種からの転職は多くはありません。

また、新卒ではなることができず、中途採用が基本であるため、大手代理店に勤めていたアートディレクターがほかのプロダクションに変えたり、独立して事務所を立ち上げるなどの転職は多く見られます。

実力勝負の世界なので、ほかへの移籍により収入や待遇をアップさせることも可能です。

フリーランスになる場合は1人では難しいため、優秀なクリエイターを集めたフリーランス集団を結成するか、アートディレクターがいない企業と契約するなどの働き方があります。

ただし、カメラマンやイラストレーターなどの「モノを創る」職人に比べ、チームをまとめる「役割」を求められる職種なので、フリーランスとして独立するのは難しく、結局企業に所属する人が多くなっています。

アートディレクターの現状と将来性・今後の見通し

ゲームやアニメの領域は今後ますます拡大

長らく低迷を続けていた日本の広告業界の市場ですが、インターネット広告がテレビに次ぐ第2位の広告媒体に成長し、今後も拡大が予想されています。

また近年、DMや店頭POPなどのセールスプロモーションツールにも注目が集まっています。多様化する消費者のニーズをとらえた直接購入や来客につながるアプローチが求められているというわけです。

さらに、ゲームやアニメなどのブームで、これらの領域におけるアートディレクターの需要が、ますます高まると予測されます。

今後高度化、専門化、先端化していく広告やサブカルチャー市場において、より高い能力を持ったアートディレクターの必要性が高まっていくといえるでしょう。