Webライターになるには? 求人募集の探し方は?

Webライターの仕事内容

Webサイト上のあらゆる文章を書く

ニュース、コラム、メールマガジン、ブログ、商品説明、レビューなど、Web上に公開する記事を制作するのがWebライターの仕事です。

芸能・政治・経済・科学・海外ニュース、保険や金融、美容と健康、観光やグルメなどジャンルは幅広く、多くのユーザーに閲覧される記事をライティングするのがWebライターの腕の見せ所です。

クライアントの要望によっては、取材をしたり、対象者にインタビューを行った上で原稿を書き上げるなど、多くのスキルが求められることもあります。

Webサイトの特徴を理解した上でユーザーの属性(年齢・性別など)を設定し、ユーザーが知りたい情報について、信憑性の高い記事を発信するのが重要な役割となります。

Webライターの就職先、活躍の場

企業に就職するか、フリーランスで働く

企業に就職してWebライターとして働くか、アルバイト・業務委託・フリーランス・副業など、一人ひとりの働き方に応じた活躍の場があります。

企業で働く場合は、Web業界やメディア事業部などがある企業で、「Webライター募集」の求人に応募することからはじめましょう。

新卒者のWebライター募集は稀少で、経験やスキルを問われる企業が多く、アルバイトとしてWebライターの実績を積んだ後、正社員として採用されるケースが多いようです。

近年では、企業に属さないフリーランスとして働くWebライターの活躍が注目されています。

Webライターの1日

業務効率化を図るためには早起きをする人も

6:00 起床
健康のためにウォーキングやストレッチをして体の筋肉をほぐします。

7:00 朝食
栄養バランスの良い朝食をとることが基本です。

8:00 メール、文章のチェック
クライアントからのメール受信、前日作業した文章のチェックを行います。

9:00 ライティング
頭が冴える午前中は貴重な時間となり、効率的にライティング作業を進めます。

12:00 昼食
自宅で昼食をとることもあれば、気分を変えて外食することもあります。

13:00 外出
クライアントと打ち合わせをしたり、取材現場に向かいます。

15:00 ライティング
打ち合わせや取材後は、Wi-Fiが繋がるカフェでライティング作業を行います。

18:00 夕食
自宅に戻り、テレビを観ながら夕食をとります。

20:00 ライティング
締め切り間際や複数案件を抱える場合は、夜も貴重な執筆時間となります。

24:00 就寝
お風呂に入り、歯みがきや軽いストレッチをしてから就寝します。

Webライターになるには

クラウドソーシングサービスの活用

Webライターになるには、特に必要な資格などはありませんが、ライティングをはじめとした幅広いスキルが求められます。

企業で働くWebライターを目指すなら、Webライターを募集する企業の求人に応募して、必要なスキルや実績を積むことからはじめましょう。

フリーランスとして働きたいのであれば、ライター募集サイトや、コーポレートサイトの採用情報をマメにチェックして「Webライター募集」に応募することをおすすめします。

未経験者や初心者の方は、クラウドソーシングサービスを活用する方法もあります。

副業として少しでも収入を増やしたい人は、ライティング案件が豊富なクラウドソーシングサービスに登録して、多くのクライアントから依頼を受けることで、Webライターとしての実績を増やすことができます。

Webライターの学校・学歴・学費

学歴より専門知識、Webスキル重視

大手就職サイトを見てみると、新卒者の正社員募集はほとんどなく、「学歴不問」「第二新卒歓迎」「既卒者可」と記載される求人が多いようです。

Webサイトの運営会社によっては、専門性の高い知識が必要とされることもあり、大学院・大学卒を対象としている求人もあります。

企業に就職するなら、大学ではメディア学などを勉強したり、Webライターを目指せる専門学校でライティングの基礎を学んでおくと良いでしょう。

Webライターになるには、学歴や資格より、SEOに関する知識や、Webメディアに特化した専門性の高い知識が問われます。

オンラインや通信教育で学ぶ講座もありますが、専門スクールなどに通わずに独学や実践でスキルを身につけ活躍しているWebライターが多いのが実状です。

Webライターの資格・試験の難易度

Webライティングに関係する2つの検定資格

Webライティング能力検定

日本WEBライティング協会が主催する「Webライティング能力検定」は、Webに関わる一般常識や効果的なWebライティングスキルを身につけたことを証明する検定資格です。

検定級は3級・2級・1級があり、3級は初歩的なレベル、2級は充分なスキルを有する証明となり、1級はトップレベルのスキルを証明できます。

合格基準は、3級が53~69点、2級が70~79点、1級が80~88点となっています。

Webライティング技能検定

一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会が発行する民間の検定試験で、クラウドソーシングにおけるライティング技能を認定するための試験です。

「基礎編」では、社会人としてのマナーやクラウドソーシングという働き方への理解が問われ、「実践編」では、クラウドソーシングを介して行うライティング全般に対して、充分な能力があるかが問われます。

Webライターの給料・年収

Webライターはどれくらい稼げるのか

大手就職サイトの求人を見てみると、Webライターの平均年収は、300万円~600万円がボリュームゾーンとなっているようです。

企業で働くWebライターに限定した平均年収データなどはなく、フリーランスで活躍しているWebライターの年収を個人ブログなどに公開しているケースが多いです。

Webライターの年収は、実務年数や案件獲得数、情報収集力、文章構成力、タイピング速度など、Webライターの力量によって変わります。

フリーランスでは初心者が月10万円の報酬を得るのは至難の業といえます。

Webライターとしての実績があり、5年以上稼働している人の中には、年収500万円以上という人もいます。

年収や報酬は専業・副業かで大きな差が生じますし、1日に10時間以上稼働する人や獲得案件が少ない人など個人差がありますので、あくまでも参考例としてとどめておきましょう。

Webライターのやりがい、楽しさ、魅力

書くたびに知識が増える

得意なジャンルや専門知識がある人は、ライティングスキルがなくても信憑性のある知識が重視され、採用されるケースもあります。

Webライターの魅力とは、さまざまなジャンルの記事を書くたびに、新しい知識が増えることではないでしょうか。

稼働歴が長くなると、自分が苦手なジャンルや興味がないキーワードを依頼されることもあります。

さまざまなジャンルを引き受けるうちに、インターネットや書籍から多くの情報を得る機会が増え、今まで未知の分野だった新しいジャンルの実績が生まれ、次の受注につなげることができます。

Webライターのつらいこと、大変なこと

不規則な生活、クライアントとの相性

自宅で作業ができることがフリーランスのメリットではありますが、稼働時間が自由なために生活リズムが乱れやすく、納期があるがゆえに無理をしてしまいがちなところが深刻な悩みといえます。

専業のWebライターは、常に大量の案件をこなさなければ生活できないプレッシャーや焦りを感じ、寝る間も惜しむほど作業に追われるようになると、次第に限界を感じる人もいるようです。

また、クライアントとメールやチャットなど文字だけでやり取りをする機会が多いため、時には誤解を招くこともあり、意思疎通の難しさやクライアントとの相性の良し悪しで悩むこともあります。

Webライターに向いている人、適性

書くことが好き、努力家、継続できる人

文章を書くのが好き

文章を書くことが好きな人が向いているといえます。

文章が上手い人より、多くの人に読まれる記事を書くスキルが求められます。

情報リサーチが好きな人

インターネットや書籍で調べ物をするのが好きな人が適性といえます。

一つの記事を書きあげるには正確な情報が必要なため、多くの情報を仕入れ自分の知識としてから執筆します。

事前のリサーチ作業が苦にならない人が向いているといえます。

努力家、継続できる人

コツコツと地味な作業をこなすことで、スキルが上達して実績を増やすことができます。

書くことが好きで継続できる人が、多くの人に読まれる記事が書ける人になれるでしょう。

Webライターの志望動機・目指すきっかけ

書くことへの情熱を強く印象づける

Webライターの求人に応募する際、まずは「書くことが好き」ということを自己アピールする人が多いのはないでしょうか。

未経験者の場合、アピールできるスキルや実績がないため、「書くことが好き」「興味がある」程度では、採用担当者に書くことへの情熱を強く印象づけることができません。

例えば、前職で事務職の経験があれば、社内報やメールマガジンの担当、メール対応業務の中で、「人の気持ちを動かせる文章を心がけるようになった」など、Webライターに活かせる実績を具体的に述べることがポイントです。

さらに、企業を選んだ理由、Webライターとしての適性を積極的にアピールしましょう。

Webライターの雇用形態、働き方

時間や環境に拘束されない多様な働き方

Webライターの雇用形態は、正社員・契約社員・業務委託・アルバイト・パートとして働くか、企業に属さずフリーランスとして働く2つの働き方に分かれます。

近年ではメディア事業を行う企業も多いため、大手転職サイトなどでも、Webライターを募集する求人を見かけるようになりました。

会社員など本業がある人も、副業としてWebライターの仕事で収入を得る人も増えています。

時間や環境に拘束されない在宅ワークのWebライターは、子育て中の主婦にも人気のある職種で、それぞれのライフスタイルに合わせた多様な働き方があります。

Webライターの勤務時間・休日・生活

フルタイム、フレックス、短時間勤務

正社員・契約社員・アルバイトの場合は、企業の就業規定によって勤務時間が定められています。

フルタイム勤務やフレックス制、週に2~4回、短時間勤務のパートなど勤務時間はさまざまです。

いくつかの求人を見てみると、正社員で編集業務を担当するWebライターや、業務内容が多い企業では、「月平均残業20時間程度」など、具体的な残業時間を記載するケースもあります。

一般的にオフィスに出勤する正社員やアルバイトは、週休2日制が多いようです。

Webライターの求人・就職状況・需要

Web業界、ベンチャー企業が狙い目か

Webライターは、ここ5年ほどの間で急激に注目される職種となり、求人数も急増しています。

主にWeb業界やベンチャー企業から依頼を求められる需要性が高いといえます。

新聞社や出版業界、編集プロダクションなどでも、スマートフォンの普及とともに紙媒体の発行部数が減少傾向にあり、Webメディアで記事を書くライターが求められています。

正社員の求人は少ないですが、クラウドソーシングサービスではWebライティングの求人は日々大量に募集しています。

Webライターの転職状況・未経験採用

雑誌編集者からWeb編集者の転職者も

かつてはライター・編集は、出版業界や編集プロダクションなどで需要がある人気の職業でした。

ところがインターネットやスマートフォンの普及とともに、ライター職の求人は減少傾向にあり、雑誌編集者からWeb編集者に転職するケースも増えているようです。

一方、Webライターの転職は、「経験不問」「未経験可」としている求人もあります。

ただし、ディレクター候補や、Webメディアの企画・制作・運営を総括する担当者、顧客マーケティング業務を担当する求人など、Webライターに求める業務内容は幅広いようです。

Web関連の運営経験者やチャレンジ精神が問われるなど、即戦力を求める企業が多いです。

Webライターの現状と将来性・今後の見通し

SEO知識、信憑性が高く評価される時代に

Webライターの需要がここ数年で上昇傾向にあるのは、自社サイトやオウンドメディアを運営する中小・ベンチャー企業が増えていることが一つの理由でしょう。

WebライティングやSEO対策をすべて自社で行う企業もありますが、ライティング業務の一部、またはすべて外注ライターに委託するケースが多いため、今後も需要がある職種といえます。

Web戦略の目的は、ユーザーが求める良質なコンテンツを提供するWebサイトが、Googleをはじめとした検索エンジンに高く評価されることです。

そのためには多くの人たちがWebサイトに訪問し、記事の一部だけではなく完読されるような良質なコンテンツであること、検索エンジンの上位に表示させる記事であることが必須となります。

今後の見通しとしてはSEOの知識があり、専門性や信憑性が高く評価されるライティングスキルを身につけた人が、末長く活躍できるWebライターのスペシャリストとして求められることでしょう。