ライターの求人・募集の状況

ライターの就職先にはどんなところがある?

ライターの多くはフリーランスで活躍していて、特定の企業に所属していない人がほとんどです。

出版社や編集プロダクションで編集者として経験を積んでライターとして独立する人、編集プロダクションのアルバイトとしてスキルアップしていく人などがいます。

またインターンとして学生の内から活動し、そのままライターとして就職する人も少なくないようです。

インターンのライターとは?

Webメディア系の企業では、ライターのインターンを募集することが増えているようです。

多くの場合学生を対象に募集され、学生が就職をする前に実務を経験する、いわば「就業体験」の機会となります。

学生からすれば社会人になるにあたって働くことについて深く考えることができたり、本当に自分のやりたい仕事を見つけたりするチャンスとなります。

企業側としては、インターンを通じて自社に魅力をもってもらいやすいほか、内定者を学生のうちからインターンとして呼ぶことで、いち早く即戦力になってもらいたいという意図があります。

インターンの内容

インターンの内容は各社で異なりますが、企画出しやリサーチ、取材対象者のアポ取りやスケジューリング、インタビュー、記事執筆など、ライターとしての幅広い業務に触れることができます。

本物のライターに比べると小さな仕事かもしれませんが、自分が関わった記事や世に出たり、仕事が評価されたりしたときにはやりがいを感じられるはずです。

インターンをするメリット

企業によっては、ただ単に記事を書くだけではなく、会社の幅広い仕事に挑戦する機会が得られることもあります。

インターンを募集するのはベンチャーやスタートアップ企業が多いですが、成長スピードが速く、勢いのある環境で学生のうちから仕事を経験できるのは、その後の社会人生活にも大いに役立つことでしょう。

またライターとしてのスキルを高めるだけでなく、ビジネスマナーなど社会人として必要なことを実践で学べるチャンスにもなります。

ライターの求人の状況

ライターの求人や募集は、決して少ないわけではありません。

しかし近年ライターの求人で目立つのは、副業や内職として記事を執筆するものです。

いわゆる「在宅ライター」といわれるもので、ほとんどがWebライティングとなり、雑誌などの紙媒体でライティングができるライターは狭き門です。

Webライティングはクオリティをそこまで問われないケースも多く、未経験者でも積極的に採用しているケースが多々ありますが、単価は相当低く設定されていることが一般的で、この仕事だけで生活をしていくのは非常に難しいものがあります。

ただし未経験からライターをやってみたいという場合には仕事を始めるきっかけとして、Webライティングの求人を探してみるのもよいでしょう。

ライターの就職先の選び方

本気でライターを目指したい、本業としてやっていきたいという場合には、やはり出版社や編集プロダクションへ入社し、編集の経験を積んでから独立するほうがよいでしょう。

業界の専門知識や制作の一連の流れを現場で学ぶことができますし、個人でWebライティングをやっているよりもずっと深い知識とスキルが得られることは間違いありません。

出版社への入社は非常に狭き門ですが、編集プロダクションではアルバイトの募集がしばしば出ているため、まずは編集アシスタントとして経験を積み、そこからライターとして独立する流れをとる人は多くいます。

会社で積み上げた経験や実績は、ライターとして独立してからもアピール材料にすることができますし、コネクションも生かすことができるでしょう。

ライターの志望動機・面接

ライターの志望動機で最も多いのは「文章を書くことが好き」という内容です。

ライターは自ら調べたことや人から聞いたことを文章にしていく仕事のため、「書くことが好き」という気持ちは絶対的に必要な要素だといえます。

面接が行われるのは、出版社や編集プロダクションなどの企業に就職するタイミング、もうひとつは、フリーランスとして新規に仕事を受注するタイミングが一般的です。

言葉を使うプロとして、しっかりと志望動機を言葉にできるようにしておきましょう。

ライターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

ライターとして出版社や編集プロダクションに就職したい場合は、新卒の際にしっかりと求人情報を調べておきましょう。

正社員で就職したい場合は、新卒を逃すと就職をするのが非常に難しくなるため、学生の内からしっかり対策をしておくことが必要です。

一方、ライターとして仕事を始めたい場合は、まずクラウドソーシングサイトやワークシェアリングサービスなどを利用し、Webライティングの仕事から始めてみるのがよいでしょう。

ライターの「就職・転職」の口コミ投稿

  • 就職・転職
    就職・転職

    自動車メーカーのテクニカルライター(マニュアル作成) あおいさん

    34歳 女性 経験4年 広島県

    退職済み(正社員)


    大企業への転職の面接は、前職の退職理由、将来のビジョンや今までの経歴等、一般的な面接で聞かれることを質問されました。

    大企業を退職した理由は、即戦力として入社したは良いものの、複雑な人間関係の中に溶け込むことができなかったからです。

    実力があってもあくまでチームプレーなので、チーム内で孤立してしまうと厳しいです。

    現在はテクニカルライターの経験を活かして、フリーランスでライターの

  • 就職・転職
    就職・転職

    求人広告のライター くらげさん

    35歳 女性 経験1年6ヶ月 東京都

    退職済み(派遣社員)


    面接では、「心身ともにハードだけど大丈夫?」と念を押されました。

    前職でハードな状況を乗り切ったエピソードを話したところ、受けが良かったように思います。

    未経験の場合は特に、仕事に対する覚悟が問われると思います。

    転職した理由は、忙しすぎてプライベートを楽しめなかったからです。

    その後、派遣社員としてコスメや健康食品の広告ライターとして働いて、今はフリーライターをしています

  • 就職・転職
    就職・転職

    フリーライター mizunoさん

    35歳 女性 経験4年 北海道

    現職(フリーランス)


    どれだけ文章力があってもいきなりフリーライターになるのは難しいと思います。

    まずは出版社などで経験を積み、記事の構成の仕方や文章の書き方などを学ぶと良いでしょう。

    大手出版社でなくても地方には地域の出版社がたくさんあります。ぜひチャレンジしてほしいです。