イラストレーターは副業・在宅でも働ける?

イラストレーターの副業・在宅での働き方・仕事内容

イラストレーターの在宅での働き方・仕事内容

イラストレーターはフリーランスで働いている人が多く、完全在宅でも仕事をすることができます。

クライアントとは、顔を合わせての打ち合わせもありますが、重要な案件のときのみであることが一般的で、基本的には顔合わせは最初だけで、あとはメールや電話で連絡を取り合うことがほとんどです。

近年はデータの送受信技術が発達し、インターネット上で連絡だけでなく、大きな容量のイラストデータも簡単に贈ることができるため、納品や校正などすべてのやり取りができてしまいます。

これを逆手に取れば、自宅に居ながらにして世界中の人を相手に仕事がすることができるといえるでしょう。

イラストレーターの副業での働き方・仕事内容

イラストレーターは、他の仕事をしながら副業として活動している人も多くいます。

「本業だけでは生活が厳しいため、お小遣い稼ぎとしてやりたい」という人もいれば、「イラストを描くことが好きで、少しでも仕事としてやっていきたい」という人もいます。

現在は、一般の人が自分のイラストを素材として販売できるサイトや、イラストでの仕事を受注できるクラウドソーシングサイトなど、さまざまなWebサービスがあります。

このようなサービスを利用すれば、時間をかけずとも、手軽にイラストを販売することが可能です。

副業のイラストレーターのメリット・デメリット

副業のイラストレーターのメリット

副業のイラストレーターのメリットは、無理なく仕事ができる点です。

本業のイラストレーターであれば、締め切りに終われ徹夜で作業することもあります。

またクライアントからの依頼であれば、自分の苦手な画風やジャンルのイラストを描かなくてはならないこともあります。

副業のイラストレーターの場合、自分で仕事の内容や量をコントロールすれば、仕事を持ちながら無理なくイラストの仕事もすることができます。

また、近年は副業としてイラストを描いていた人が実力を認められたりインターネットから火が付いたりして、プロとしてデビューをする人も増えてきました。

たとえ副業だとしても、しっかりと仕事をして着実にファンを増やしていけば、イラストを本業にすることも夢ではありません。

副業のイラストレーターのデメリット

副業でイラストを描いていても実際はなかなか収入に結びつかないため、あくまで趣味の範囲やお小遣いを得る程度と割り切ってイラストを描いている人がほとんどです。

また、仕事をする以外はとにかくイラストを描いていたいという人も多いですが、どうしても一人で机に向かう作業が多くなるため、運動不足や不規則な生活になりがちです。

しっかりと体調管理ができる人でなければ、副業として長く続けていくのは難しいでしょう。

副業のイラストレーターの給料・年収

副業であっても、インターネット等を利用してイラストで稼ぐ方法はさまざまあります。

ただし、どの程度の収入を得られるかは人によって大きく異なります。

仕事量にもよりますが、月に1万円程度という人から、毎月10万円以上を安定して稼ぐという人もいます。

副業とはいっても、イラストレーターは自分のイラストを魅力的だと思ってもらわなければ仕事につながらないため、画力やオリジナリティが求められる厳しい世界だということを覚悟しておきましょう。