「書道家」とは

書道の道を究め、書道の作品を世の中に発表したり、書道教室の師範として活動する。

書道家は、書道の道を極め、書道の作品を提供する、あるいは書道を教える人のことを言います。

作品だけを売って生計を立てられる人はまれで、多くの書道家は自分の書道教室を持ちながら自分の活動を行っています。

現在は、ネットで注文を受け、筆を使ってロゴや看板をデザインしたり、また、音楽家や画家などとコラボレーションし、書道の新たな可能性を切り開く書道家もたくさん出てくるようになりました。

また、書道家は、男性に限らず女性も活躍の多い職業でもあります。

女性ならではの感性を活かし、活躍している女流書道家も多く存在します。

書道教室などを持たない限り安定した収入が得られにくい職業ではありますが、古くから伝わる日本の文化を継承し、人の感覚や人生に働きかける重要な役割をしています。

「書道家」の仕事紹介

書道家の仕事内容

書の作品を生み出す人

書道家とは、書道の道を極め、書道の作品を生み出す人、もしくは人々に書道を教える人のことを言います。

芸術の一つの分野として「書」への注目が集まっているものの、作品だけで生計を立てられる人はまれで、多くの書道家は書道教室を持ちながら、自分の製作活動を行っています。

書道家にはさまざまな働き方があり、展示会に出展したり、個展を開いたりして芸術性をひたすら追究する書道家、企業やお店から依頼を受け、ロゴやメニューなどを書くことを中心に行っている商業書道家、自宅やスクールで生徒に書道を教え後進を育てる書道家もいます。

書道にはさまざまな流派があり、それぞれの流派に所属するのが一般的ですが、近年ではこれまでの概念にとらわれない作品も多く、洗練された芸術性が求められます。

書道家の就職先・活躍の場

書道家の職場はさまざま

書道家として自分の作品を売ったり、書の技術を提供できたりする場があれば、そこが書道家の職場となります。

主婦やサラリーマンをしているかたわらで、部屋の一室を使って書道教室を開く人もいますし、企業のロゴやお店の看板などを書く書道家は、自宅で作品を制作し、クライアントのところへ出向く、という形をとることが多いようです。

また、イベントやフリーマーケットに出店する場合などは、自分でブースを作成して売る、ということもあります。

書道家1日

一日の流れはさまざま

書道家の一日のスケジュールは、仕事内容によってさまざまです。

ここでは書道教室を行いながら作品を作っている書道家を例にご紹介します。

9:00  仕事部屋で準備
いい作品を作るためには環境づくりも大切です。

9:30  書作開始
集中して作品を仕上げていきます。納得いくまで何度もやり直します。

13:00 昼食休憩

15:00 書道教室のための準備
夕方からは書道教室を開くため、部屋を片付け準備をします。

16:00 書道教室開始
子どもから大人までたくさんの人が通うので、レベルにあった指導をします。

20:00 書道教室終了
片付けや添削、資料整理をします。

21:00 帰宅

書道家になるには

どのような書道家になりたいか

書道家としてどのような活動がしたいかによって、なるための道は変わってきます。

書道教室で書道を教える場合は、流派に所属して師範と認められるだけのスキルを身に付けることが必要です。

学校など教育現場で書道を教える場合は、学校の教員免許を取得することが必要となります。

一方、芸術家としての書道家を目指す場合は、師事したい流派に所属し、先生の教えを受け継いで技術を高めていくケースがほとんどです。

書道家としての活躍の仕方で進むべき道が変わるので、あらかじめしっかりと考えておく必要があるでしょう。

書道家の学校・学費

学ぶ場所はいろいろある

書道を専門に学ぶことのできる大学は、いくつもあります。

それぞれの大学で流派や個性がありますので、インターネットなどで調べてみるとよいでしょう。

また、書道を学べる教室やカルチャースクールもたくさんあります。

ただし、師事する流派や先生によって学ぶ書道は異なります。

型にはまったきれいな字を教えたいのか、それとも自分で書いてそれを売りたいのか、書道を芸術として広めたいのか、あるいはそれを教えたいのか、自分のなりたい方向性を考えておくことが大切です。

書道家の資格・試験の難易度

師範の資格

書道家の民間資格には、「師範」という資格があります。

これは、各流派の団体において、その道の書を教えるに相応しい力がある人と認められた人が取得できる地位です。

師範免許は、各流派に所属し、昇段試験を受けながら段位を上げ、一番上級の段位になった時に与えられます。

書道教室を開く場合に、同派の人から教室の場を紹介してもらいやすいなどの利点があります。

そのほか、書道家の公的資格には、「毛筆書写検定」「硬筆書写検定」などがあり、自分のスキルを証明するものとしては効力があります。

書道家の給料・年収

仕事内容によってばらばら

書道教室で指導する場合、教室に通う生徒さんたちからの月謝が収入源となります。

月謝は教室の知名度や地域によって差がありますが、一か月数千円から一万円というところが多いようです。

ただし、得た収入が直接給料となるわけではなく、その月謝から場所代や教材費、消耗品代などを捻出しなければなりません。

自分の作品を売る場合は、1点あたり数万円~数千万円とかなりの差があります。

ほかの芸術家と同様、その作品にどれだけの価値を見出してもらえるかがカギとなるため、実力やセンスがなければ収入ゼロということも考えられます。

書道家のやりがい、楽しさ

伝統の担い手としての責任

書道は日本に古くから伝わる大切な伝統芸能の一つです。

この道のプロフェッショナルである書道家は伝統芸能の担い手という側面も色濃く、これが各々のやりがいにつながっています。

長い時代を越えて、人々に愛され、親しまれてきた書道の伝統を次の時代に引き継ぐ責任を、書道家は背負っているのです。

さらに、多くの時間を費やして完成にこぎつけた作品が各種コンクールで賞を受賞したり、展示会で値段がついたりした時はそれまでの苦労が報われる瞬間であるといえるでしょう。

書道家のつらいこと、大変なこと

副業とのバランス

自身の作品が評価され、多くの人に知ってもらうことが書道家の目標です。

しかし、それを現実のものにしている書道家はごく少数で、多くの書道家は作品制作の傍らで、副業に時間を割かなければ生計を立てることができません。

作品制作と副業をバランス良く両立することが難しくなる場合も多く、書道家の道をあきらめる人も少なくありません。

また、書道家として大きな労力を払って書き上げた作品が、必ずしも評価されるとは限りません。

作品を世に出すまで評価がわからず、収入につながるかもわからないという不安を常に抱えて仕事をしなくてはなりません。

書道家に向いている人・適性

正しい書道スキルを持っている人

書を生業とするすべての人にとって、整った美しい文字を正しく書くことのできる書写力は必要不可欠です。

たとえ、芸術肌の書道家になるにしても、基本となる楷書を正しく美しく書くことができなければ、作品制作に影響を及ぼします。

書写の基本をしっかりと学び、習得している人は書道家を目指す上で一歩リードしていると考えてよいでしょう。

また、芸術家にとって最も大切な適性の一つが表現力です。

書道を通し、自分の思いを紙の上に表現できる人こそプロフェッショナルであるといえます。

書道家志望動機・目指すきっかけ

とにかく書道が好き

書道家になるきっかけとしてあげられるのは、とにかく書道が好きということです。

幼いころから書道に親しんでいたり、学校で書道を勉強して興味を惹かれたりと、書道に魅力を感じる人でなければ書道家は務まりません。

また、「書道を多くの人に知ってほしい」「書道を通じて自分の気持ちを表現したい」と書道家を目指す人もいます。

書道家を目指すうえで志望動機を聞かれることはあまりありませんが、「書道家になりたい」という強い思いがなければ、厳しい世界で生き残っていくのは難しいでしょう。

書道家の勤務時間・休日・生活

勤務時間や休日は自由

書道家の勤務日数は、一般的に決められておりません。

書道教室を開いている書道家であれば、書道教室を開く日が勤務日となり、それ以外は休日という扱いになります。

また、作品を売って生計を立てている人は、ほとんどが自由時間であり、また勤務時間ともいえます。

作品を作りながら書道教室を開いている書道家は、書道教室が閉まっている時間を使って作品を書くことになります。

また、経験を積んでいくと、展示会の審査員をしたり、内弟子に教えたりという時間が増え、平日・土日問わず忙しく働くことになります。

書道家の現状と将来性・今後の見通し

伝統文化を継承する

現代では日常的に書に親しむ人の数が減っているように思われますが、海外では日本文化の一つとして書道への注目が集まっており、海外で書道を教えたり、外国人観光客を相手に書道を教えたりする書道家も増えつつあります。

また、機械で印刷された文字ではなく、強い思いが込められた書が欲しいというニーズもさまざまなところにあります。

時代と共に書道家のあり方は少々変わりつつありますが、今後も日本の大事な文化を守り、後世に受け継ぐ存在として、大切な職業であるといえるでしょう。