このサイトは書道家を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「書道家」

仕事内容
書道家とは、書道の道を極め、書道の作品を生み出す人、もしくは人々に書道を教える人のことを言います。芸術の一つの分野として「書」への注目が集まっているものの、作品だけで生計を立てられる人はまれで、多くの書道家は書道教室を持ちながら、自分の製作活動を行っています。また、芸術性をひたすら追究する人もいれば、企業やお店から依頼を受け、ロゴやメニューなどを書くことを中心に行っている人もいます。
なるには
書道家としてどのような活動がしたいかによって、なるための道は変わってきます。教室や学校で書道を教える立場になりたいのであれば、流派に所属して師範と認められることや、学校の教員免許を取得することが必要となります。一方、芸術家としての書道家を目指す場合は、教育系あるいは芸術系の流派に所属し、先生の教えを受け継いで技術を高めていくケースがほとんどです。書を学べる大学や専門学校、スクールも多数存在します。
給料
書道教室で指導する場合、教室に通う生徒さんたちからの月謝が収入源となります。月謝は教室の知名度や地域によって差があるほか、著名な書道家が教えるほど月謝も高く設定されていることが多いです。また作品を売る場合は、1点あたり数万円~数千万円とかなりの差があります。画家と同様、その作品にどれだけの価値を見出してもらえるかがカギとなるため、実力やセンスがなければ収入ゼロということも考えられます。
将来性
現代では日常的に書に親しむ人の数が減っているように思われますが、海外では日本文化の一つとして書への注目が集まっており、海外で書道を教える書道家の数も増えつつあります。また、機械で印刷された文字ではなく、強い思いが込められた書が必要とされる場面も各所で出てきています。時代と共に書道家のあり方は少々変わりつつありますが、今後も日本の大事な文化を守り、後世に受け継ぐ存在として、ニーズのある職業と言えます。