コピーライターの求人、採用募集の状況

コピーライターの就職先にはどんなところがある?

コピーライターの代表的な就職先には、「広告代理店」と「広告制作会社(事務所・プロダクション)」があります。

正社員でコピーライターとして活躍することを目指すなら、電通や博報堂を筆頭とする大手の広告代理店に就職するのが王道です。

しかし、これらの代理店には就職希望者が殺到し、募集人員に対しての採用倍率は50倍から100倍になることもあります。

そして、大手代理店が掲げる求人の条件は「4年制大学卒業以上」となっています。

有名大学の学生もたくさん集まるため、就職活動は厳しいものになると考えておいたほうがよいでしょう。

また、必ずしもコピーライターをはじめとするクリエイティブ系の職種に配属になるとは限りません。

一方、中小の広告代理店や制作プロダクションの場合は、大手広告代理店ほど狭き門ではありません。

学歴も「高卒以上」を求人条件にしている企業が大半です。

自社のやり方にしっかり染まった社員を育てたい企業の場合、新卒や他業種からの第二新卒を積極的に採用し、一から仕事を教えるという方針が多く見られます。

まずは何らかの方法で広告業界に入り、経験を積みながら理想の企業への転職を目指すのもひとつの方法です。

コピーライターの求人の状況

コピーライターは、決して求人が多い職種とはいえません。

広告業界のなかでも、営業職などに比べれば人数はだいぶ少ないですし、小規模の会社では人員不足になった際にだけ募集をかけるところも見られます。

ただし、大手広告代理店では定期的に新卒採用が行われており、新たなコピーライターの卵も育てています。

中途採用では「コピーライター職」として募集がかけられることも多く、基本的にコピーライター経験者のみの募集となります。

この場合、出身大学の知名度よりも過去の実績やスキルが重視されます。

正社員以外にも契約社員や派遣社員が募集されることもありますが、この場合は学歴はほとんど問われず、やはりコピーライター経験者のみの採用となります。

より即戦力を重視した合否基準が設けられているといえるでしょう。

コピーライターの就職先の選び方

コピーライターとして、より大きな案件に最前線で携わりたい思いが強いのであれば、やはり大手広告代理店を目指すに越したことはないでしょう。

高校生のうちからコピーライターを目指すのであれば、できるだけ難関といわれる大学に進学しておいて損はありません。

決して学歴がすべてではないものの、大手の広告代理店では先輩とのネットワークやこれまでの努力といった点から、どうしてもその部分が合否の判断の要素に入ってくることもあるようです。

あとは、自己PRや面接での意欲のアピール、筆記試験などが合否判断の材料となります。

ただし、中小規模の制作会社でも良い面があります。

このような会社では、限られた人数で広告制作を手掛けていくケースが多く、スピード感が求められると同時に、必然的に一人で担当しなくてはならない業務範囲が広くなってきます。

広告制作の流れを広く覚えることができたり、熱意や努力が認められれば、より早いうちからコピーライターとしての仕事に携わるチャンスも得られるかもしれません。

コピーライターの志望動機・面接

コピーライターは専門職であるため、この仕事を目指す人は、最初から広告業界に興味があることはもちろん、「言葉で人を動かす」というコピーライターの仕事内容に強く興味を持っているケースがほとんどのようです。

しかし、広告業界のクリエイティブ系職種のなかでも、コピーライターになれるのはほんの一握りの人だけで、狭き門であることは事実です。

コピーライターを志望する場合は、その人自身のスキルやセンス、感性などが合否を決める大きなポイントにもなってきます。

採用試験を受ける前には「自分らしさ」についてもよく考えて、自分の個性や強みが相手によく伝わるような自己PRができるよう準備しておきましょう。

コピーライターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?