グラフィックデザイナーの需要・現状と将来性

メーカーの広告宣伝費削減のあおりを受け、中小の広告代理店や制作プロダクションにおいては経営困難に陥る企業が相ついでいるのが現状です。

そのため、今後数十年にわたっての安定を望むことは難しいといわざるを得ないため、生き残るための努力が欠かせなくなっています。

また、紙媒体が縮小傾向にあり、一部のグラフィックデザイナーに仕事が集中し、労働時間が長くなってしまうことも問題にもなっています。

この記事では、グラフィックデザイナーの需要・現状と将来性について解説します。

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

グラフィックデザイナーの現状

長らく続く景気の低迷からメーカーの広告宣伝費削減のあおりを受け、広告・出版業界の市場も底ばいを続けています。

大手広告代理店ならばまだしも、中小の広告代理店や制作プロダクションにおいては経営困難に陥る企業が相ついでいるのが現状で、

  • 広告業界全般に昇給の見送り
  • 賞与の削減
  • 人員の削減

を余儀なくされています。

グラフィックデザイナーとして就職できたとしても、今後数十年にわたっての安定を望むことは難しいといわざるを得ないため、生き残るための努力が欠かせないでしょう。

グラフィックデザイナーの需要

広告業界全体の市場低迷に加えて、グラフィックデザイナーには紙媒体が縮小傾向にあることが大きな問題としてのしかかってきています。

グラフィックデザイナーそのもののニーズが減り人員が削減される中、スキルが高くフットワークの軽いデザイナーの需要が高まり、一部のグラフィックデザイナーに仕事が集中し、労働時間が長くなってしまう傾向が顕著になっています。

そもそもグラフィックデザイナーの年収は一般のサラリーマンと大差なく、会社によっては残業代がつかないことも多いのが現状です。

そのため大半のグラフィックデザイナーは「割に合わない職業」だと感じ、転職を考える人も少なくありません。

グラフィックデザイナーの将来性

グラフィックデザイナーになったスキルを生かしながら業界で生き残るために、方向転換をする人も多いようです。

紙媒体の縮小に反比例して市場を拡大しているのが、インターネットやスマートフォンなどの電子媒体です。

中小の広告代理店や制作プロダクションの経営不振に対し、電子媒体のプロダクションは少しずつながらも利益を上げる傾向にあります。

電子媒体においても主要なところにグラフィック由来のデザインが使われているので、電子媒体のプロダクションにフィールドを移して、WebデザインやWeb広告の勉強をしつつデザイナーとして働く道もあり、電子媒体にも手を広げていくグラフィックデザイナーが年々増えています

グラフィックデザイナーの今後の活躍の場

近年は、グラフィックデザインツールの多様化や高度化により、グラフィックデザイナーの業務スピードが著しくアップしています。

また、若手グラフィックデザイナーが次々と頭角を現し、以前のように企業で修業をしてからグラフィックデザイナーとしてデビューするのではなく、いきなり大きな仕事を任され評価されるグラフィックデザイナーも多くなってきました。

そのため、トレンド感があり、スピード感ある仕事ができるグラフィックデザイナーでなくては、今後は生き残っていけないでしょう。

また、時代の変化により企業はテレビや雑誌などの紙媒体による広告から、インターネット上のWeb広告へと変わってきています

今後はよりこうした時代の変化に対応し、マルチな活躍できるグラフィックデザイナーが求められるでしょう。

グラフィックデザイナーの需要・現状と将来性のまとめ

グラフィックデザイナーの現状として、長らく続く景気の低迷からメーカーの広告宣伝費削減のあおりを受け、広告・出版業界の市場も底ばいを続けています。

グラフィックデザイナーの需要として、広告業界全体の市場低迷に加えて、グラフィックデザイナーには紙媒体が縮小傾向にあることが大きな問題としてのしかかってきています。

グラフィックデザイナーの将来性として、電子媒体のプロダクションにフィールドを移して、WebデザインやWeb広告の勉強をしつつデザイナーとして働く道もあり、電子媒体にも手を広げていくグラフィックデザイナーが年々増えています。

グラフィックデザイナーの今後の活躍の場として、時代の変化により企業はテレビや雑誌などの紙媒体による広告から、インターネット上のWeb広告へと変わってきており、マルチな活躍ができるグラフィックデザイナーが求められるでしょう。