インダストリアルデザイナーの現状と将来性

インダストリアルデザイナーの現状

製品を生み出していく企業は、つねに競合他社との差別化をはかり、新規性を打ち出して商品を販売する必要があります。

たくさんの「もの」にあふれている現代社会では、新しい製品を作るうえでも見た目のよさはもちろん、「機能性」や「使いやすさ」といったさまざまな観点を考慮したデザインが求められており、それがインダストリアルデザイナーの需要に直結しています。

インダストリアルデザイナーの職業の現状としては、世の中には多数のメーカーが存在するため、就職先の選択肢も多岐にわたっています。

専門職であることから正社員で雇用されることが多く、また、「ものづくりに携わる」というやりがいと、ある程度の収入・安定性を両立させられることから、人気が高まっている職業でもあります。

メーカーにとって、今後もインダストリアルデザイナーは重要な役割を担っていくでしょう。

転職もしやすい

インダストリアルデザイナーは専門知識やスキルが必要な仕事であるため、スキルを持っていれば転職もしやすいとされています。

簡単にいえば、世の中に工業製品がある限り必要とされる存在であり、将来的にも安定した需要が見込まれる職業といえるでしょう。

インダストリアルデザイナーといっても、どのような製品に携わるかによって求められる知識は多少変わってきます。

応用の効く業種でスキルを磨くことによって、転職もしやすくなります。

デザイナーとしてのスキルやセンスが評価されれば、活躍の場を海外へ移すことも可能です。

キャリア設計が重要

ただし、中小企業にデザイナーとして所属している場合、会社の経営が傾けば給料に影響しますし、将来的な安定性の確保が難しくなります。

インダストリアルデザイナーの勤務先は小規模のデザイン事務所なども多くありますが、ある程度経験を積んだら大企業への転職や独立する道を探るなど、自身のキャリア設計についてはしっかりと考えておいたほうがよいでしょう。