「イラストレーター」とは

依頼を受け、雑誌、書籍、ポスターなどに利用されるイラストやキャラクターの絵を描く。

イラストレーターは、依頼主の要望に応じてイラストを描く仕事です。

雑誌、書籍、ポスター、カタログ、パンフレットなどの印刷物上のイラストやキャラクター作成などさまざまなものを描きます。

イラストレーターになるための決まったルートはありませんが、活躍するイラストレーターの多くは、美術系の大学や専門学校でデザインの基礎を学んでいます。

一般な就職先は、広告制作会社や企業の広告部、デザイン事務所などとなります。

実績を重ねたのちに、フリーで働く人も多い職業です。

しかし、、イラストを描くだけで生活をすることは簡単ではありません。

グラフィックデザイナーと兼業していたり、副業としてイラストを書いているイラストレーターが多いのが現状です。

「イラストレーター」の仕事紹介

イラストレーターの仕事内容

イラストレーターは、依頼主の要望に応じてイラストを描く仕事です。

現在はPCを使ったデジタルでの作画が中心となっています。

描いたイラストが掲載される媒体は雑誌、ポスター、パンフレットなどさまざまですが、必ず編集者や広告代理店など依頼主の希望に沿ったものを仕上げる必要があります。

そのため、求められる絵をいつでも確実に描ききることができる画力はもちろん、相手のニーズを正しく理解する力も求められます。

イラストレーターになるには

イラストレーターは特別な資格や学歴が求められる仕事ではありません。

ただし、基礎的なスキルや仕事に必要な画力を身につけるために、多くの人は美術系の大学やデザインの専門学校で学んでいます。

就職先として代表的なのは、広告制作会社や企業の広告部、デザイン事務所、ゲーム会社等ですが、まずはグラフィックデザイナーとして経験を積んだのち、イラストレーターにステップアップするケースが多く、その後はフリーランスになる人もいます。

イラストレーターの給料・年収

デザイン事務所等の企業に務める場合、年収300万円~500万円程度という人が多く、一般の会社員の給料とさほど違いはありません。

ただし、仕事時間が長くなりがちな割に、あまり稼げないという声も聞かれます。

また、独立をすれば実力次第で収入を大きくアップさせることもできますが、仕事がなければ収入も激減してしまい、会社員のように社会保険などの待遇もないため、状況によっては不安定な生活を強いられる覚悟も必要です。

イラストレーターの現状と将来性・今後の見通し

ポスターからチラシ、雑誌、キャラクターなど、イラストレーターが描く絵は私たちの身の回りにあふれています。

実力主義の世界であるため、成功するのは簡単ではありませんが、時代を問わず需要のある仕事と言えるでしょう。

特に将来の独立を目指す場合は、まずきちんとしたスキルを身につけることが大切です。

イラストの技術はもちろんですが、人の気持ちを汲み取ることに長けている人も活躍しやすいようです。