イラストレーターのやりがい・楽しさ・魅力

イラストレーターのやりがい・楽しさ

人の心を動かす仕事

イラストレーターのやりがいは、自分の書いたイラストで多くの人の心を動かしていけることです。

イラストへの評価はアマチュアでも得ることができますが、クライアントの意図を反映させ、そのニーズに応えることができるのは、プロのイラストレーターだからこそです。

「こんなイラストを描いてほしい」という要望をしっかりと形にし、自分の描いたイラストが世の中に出ていくことは、イラストレーターにとっての大きな喜びです。

個性が広く認知されると、自分の描いたイラストでしかできない企画も担当することができるようになります。

そこまでの実績を積み重ねることができれば、世間からも有名なイラストレーターとして認知され、街中でも自分の描いたイラストを多く目にできるような日も夢ではありません。

好きなことが仕事になる

イラストレーターを目指す人は、「イラストを描くことが好き」「自分の思いやアイデアをイラストで表現したい」「イラストで多くの人を感動させたい」という強い気持ちを持っています。

とにかくイラストを描くことが好きで、イラストを描くことに魅力を感じ、イラストレーターの仕事を単なる仕事としてだけでなく、生きがいとして感じている人もたくさんいます。

世の中にはさまざまな職業がありますが、イラストレーターのように、本当に自分が好きなことを仕事にできる人は決して多いとはいえません。

さらに、イラストレーターの場合は自分が好きなイラストをとことん突き詰めることができ、イラストという表現方法を通じて自分の思いやアイデアを世の中に伝えていくことができます。

イラストの世界で生きていきたいと考える人にとっては、充実した日々が送れるでしょう。

イラストレーターの魅力

世の中に残る仕事

イラストレーターの魅力の1つは、描いたイラストが広く世に知られ、作品として後世に残ることです。

書籍・雑誌・ポスター・カタログ・商品パッケージなど、どのような媒体に描いたイラストが使われるかはイラストレーターによって異なりますが、商品がヒットしたりイラストが評価されたりすれば、多くの人に知れ渡ることになります。

メディアで注目を集めたりSNSで話題になったりすれば、思わぬところからヒットのきっかけを得たり、世界的な評価を受けたりするチャンスもあります。

またたとえ何かの事情で筆を折ったり作者が亡くなったりしたあとも、生み出した作品は多くの人の心に残り、後世でも評価されます。
自分の描いたイラストが形となり、多くの人の手に渡り、作品として世に残ることはイラストレーターとして最大の魅力でしょう。

独立して仕事ができる

イラストレーターは会社勤めだけではなく、独立してフリーで仕事をする人もたくさんいます。

フリーになれば、仕事の進め方やライフスタイルも自ら決めることができるため、より「自分らしさ」を追求しやすくなり、自分が望む仕事にも取り組みやすくもなります。

イラストレーターは、センスや技術・感性などが求められる職人的な要素も大きな仕事です。

フリーランスとして主体的にさまざまなことにチャレンジしながら日々スキルアップしていくことで、自身が理想とするイラストレーター像へと少しずつ近づいていく喜びを味わえるでしょう。