女性のグラフィックデザイナーのキャリアパス・結婚後の生活

グラフィックデザイナーは男女での格差はほとんどありません。

男性であっても女性であっても、仕事のできる人には厚い信頼が寄せられ、多くの案件を抱えています。

近年では、結婚・出産後も働きやすい職場づくりがすすめられていることもあり、グラフィックデザイナーの業界において、「結婚したから会社を辞めなければならない」といったような声を聞くことはほとんどありません。

また、フリーランスになるケースもあります。

この記事では、女性のグラフィックデザイナーのキャリアパス・結婚後の生活について解説します。

女性のグラフィックデザイナーの現状

グラフィック業界では、もともと男女の区別はそれほどありません

女性であっても仕事のできる人にはクライアントから厚い信頼が寄せられ、数多くの案件を抱えています。

かつては給与などで差があることもあったようですが、現在では待遇面で男女の格差はほとんどないでしょう。

ただし、小規模のデザイン事務所などでは、育児休暇などの女性のための制度が整えられていないところもあるため注意が必要です。

グラフィックデザイナーの男女比率

グラフィックデザインを専門にしている制作プロダクションでは、男女のデザイナーの比率がほぼ同じというところもあります

また取り扱っている業種によっては、女性のグラフィックデザイナーのほうが多い会社もあります。

女性のグラフィックデザイナーの方が多い業種例
  • 玩具
  • 子ども服
  • 化粧品
  • ランジェリー
  • 健康器具
  • 栄養食
  • サプリメント

女性のグラフィックデザイナーの強み・弱み

近年は、女性による女性のための商品企画が強く求められる時代になってきました。

これは消費の中心が男性ではなく女性に移ってきたことにあり、グラフィックデザインを発注する広告業界でもすでに、購入や消費の決定権は女性(主婦)にあると結論して、営業やコンサルティングの部署に女性を多く配置するという会社が増えてきました。

そのため、女性グラフィックデザイナーが女性目線でのグラフィックデザインができることは、大きな強みになると考えられます。

ただし、広告業界やグラフィックの世界は他の業界にくらべれば実力重視のため、男女問わず、スキルアップに励むことが大切といえるでしょう。

グラフィックデザイナーの結婚後の働き方・雇用形態

グラフィックデザイナーの業界において、「結婚したから会社を辞めなければならない」といったような声を聞くことはほとんどありません。

会社側としては結婚しても仕事はつづけて欲しいと願っているところが多いのも実情です。

グラフィックデザイナーを含めたクリエイティブ職は、簡単に次の人にバトンタッチできる職業ではないからです。

社員に勤務し続けてもらえるよう環境改善にコストをかけたほうが、新たに新人を雇って教育するコストよりも、企業にとって得だと考える企業も増え、結婚後もグラフィックデザイナーとして働く女性は今後より増えていくと考えられます。

グラフィックデザイナーは子育てしながら働ける?

近年、大手広告代理店などでは、育児と仕事の両立を支援する目的で、

  • 育児休暇
  • 時短勤務
  • 自由出勤(フリータイム制)

など、独自の取り組みで結婚・出産後も働きやすい職場づくりがすすめられています

たとえば大手広告代理店には「両立支援制度」という支援プランがあり、

  • 子育てをする社員のための育児休業、育児勤務といった改正育児
  • 介護休業法に対応した制度
  • 両立支援のための相談窓口

が設けられています。

比較的小規模な企業に勤務した場合でも、自己申告によって柔軟に対応してくれるケースが多いようです。

また、より自由なライフスタイルで、結婚生活や子育てと両立して仕事をしたいと、フリーランスになるケースもあります。

グラフィックデザイナーは女性が一生働ける仕事?

グラフィックデザイナーは、一度得た信頼や蓄積したノウハウが一生生かせる仕事です。

そのため、女性でも一生働きたいと考えることが多い職業です。

ただし、育児などでどうしても家庭との両立が難しい場合は、働き方や職場環境などを考えなくてはならないでしょう。

女性のグラフィックデザイナーのまとめ

グラフィック業界では、もともと男女の区別はそれほどありません。

女性のグラフィックデザイナーの強み・弱みとして、女性目線でのグラフィックデザインができることは、大きな強みになると考えられます。

待遇の改善により、結婚後もグラフィックデザイナーとして働く女性は今後より増えていくと考えられます。