イベントプランナーの働き方とその特徴

イベントプランナーの雇用形態

イベントプランナーの雇用形態は、正社員・アルバイトが主となっています。

正社員としてイベントプランナーに採用されるのは狭き門のため、まずはアルバイトから経験を積み、正社員を目指すというルートが多いようです。

そのほか、経験を積みフリーランスとして活躍するイベントプランナーもいます。

正社員のイベントプランナー

イベントプランナーの多くは、広告代理店やイベント企画会社などに勤めています。

広告代理店やイベント制作会社は就職先として人気が高く、大手になればなるほど給料も良いため狭き門であるのが実情です。

ただし、未経験者が最初からプランニングの仕事を任せてもらえることは多くなく、まずは営業や事務などほかの仕事をしながらイベントのノウハウを学び、適性が認められたところで配属されるのが一般的です。

アルバイト・パートのイベントプランナー

アルバイトから経験を積む

イベントプランナーは、特別な資格も求められない仕事である代わりに、最も重視されるのが現場での経験です。

イベントプランナーになるためには、広告代理店やイベント制作会社にイベントプランナーとして採用されることが最も近道となりますが、これらの企業に正社員のイベントプランナーとして入れなかったとしても、諦めることはありません。

いまイベントプランナーとして活躍する人たちも、最初は事務や営業といった別の仕事からスタートしたり、アルバイトとしてイベント運営のアシスタントをしたりしていたという人が多くいます。

大事なのは、とにかくイベント業界に入り込み、経験を積むことです。

アルバイトであれば未経験でも受け入れてくれることが多いため、イベントプランナーになりたいと思っているのであれば、できるだけ早いうちに現場の仕事を経験してみるとよいでしょう。

現在は学生だという人もイベント業界でのアルバイト経験があると、就職の際に有利になることがあります。

雑用から知識を身に付けていく

アルバイトの仕事は、基本的に先輩プランナーのサポート業務です。

資料作成・電話対応・買い出しなどイベントとはまったく関係のない雑用を任されることも多くあります。

しかし、イベントプランナーは華やかなように見えて、実は会場を手配したり、スケジュール調整に頭を悩ませたりと、地道で目立たない仕事も多くあります。

また、機転を利かして行動できるかどうかも、プランナーとなってからの成功を左右します。

アルバイト時代にできるだけ多くの人と出会って、多くの経験を積み、どのような仕事にも全力で向き合っていれば、きっと道が開けていくでしょう。

また、経験を積みながら積極的に行動して人脈を広げておくことも大切です。

フリーランスのイベントプランナー

イベントプランナーは、フリーランスで働く人はまだ多くありませんが、活躍の場は多くあります。

実力が問われる仕事であるため、大手広告代理店やイベント会社で力を付けていけば、独立するチャンスは多いにあります。

フリーランスになると、人によって年収は大幅に変わり、年収2000万円以上を稼ぐような人もいるようです。