イラストレーターの転職理由・転職状況は?

イラストレーターが今の職場を辞める理由で多いものは?

イラストレーターの離職・退職の理由として多いものは収入が不安定ということです。

企業に所属する場合は一定の給料が支払われ安定感がありますが、年収300万円から500万円程度と同世代と比べると低いところが多く、より給料の高い企業へと転職したり、フリーランスとして独立して仕事をしたりするために今の職場を離れてしまう人が多いようです。

ただしフリーランスの場合は、イラストレーターの仕事だけで生計を立てるのは難しいのが現状です。

多くのイラストレーターが、アルバイトや兼業で生計を立てているため、ある程度の実績があれば生計を立てることもできますが、基本的には出来高制のため多くの仕事をこなさなければ十分な収入を得ることができません。

また一般的なサラリーマンと違い、毎月決まった日に報酬が支払われることは少なく、ときには、納品を完了した半年後に振り込まれるというようなときもあるため注意が必要です。

イラストレーターのつらいこと・大変なこと・苦労

イラストレーターの転職で気をつけるべきこと

イラストレーターが同業種やクリエイティブ職に転職する場合でも、業界が違えば仕事内容が全く違うことがあるということは事前にしっかりと調べて置くことが必要です。

同業種に転職する場合は、イラストレーターとして働いてきた経験から培ったことをブラッシュアップし、今後どのように生かしていきたいか、キャリアの見通しを持っておいた方がよいでしょう。

またイラストレーターという仕事は、一般的なサラリーマンと比べると特殊な仕事のため、異業種へ転職する場合は、ハードルが高くなると知っておくことが必要です。

イラストレーターは一人で黙々と仕事をこなすある意味職人的な面もあるため、異業種に転職する場合これまでとは違ったアプローチの仕方をしなくては採用につながりません。

イラストレーターの職務経歴書の書き方のポイント

イラストレーターのようなクリエイティブな仕事は、仕事内容を理解してもらうために工夫が必要です。

イラストを描く仕事に転職するとしても、イラストレーターとして学んだデザインセンスやイラスト制作のスキルをどのように活用していきたいかを記載する必要があります。

また、デザインやイラストに直接関わるスキルだけでなく、コミュニケーション能力やスケジュール管理などのマネジメント能力、クライアントの要望に応えようと工夫した経験など、一般的なビジネススキルとして生かせることもあるでしょう。

こうした経験は異業種に転職した際にも役立たせられるため、ぜひ職務経歴書に書き加えてアピールしていきましょう。

他の業界への転職はある?

イラストレーターから、まったくの異業種へ転職する人も少なくありません。

イラストレーターのスキルを生かせる場としては、企画職があります。

イラストレーターはイラストを描く際に、クライアントの要望に応えたりコンセプトを考えたりする必要があります。

この時に培った柔軟な発想力や企画力は、メーカー等の企画職で生かすことができます。

また、アートディレクターなど芸術に関わる分野に転職をする人もいます。

アートディレクターは、クライアントやスタッフなど大勢の人と関わりながらデザインの方向性を決めていくコミュニケーション能力が必要な仕事です。

イラストレーターとして培ったデザインのスキルや、コミュニケーション能力を生かすことができる仕事といえるでしょう。

イラストレーターの転職先はどのように探せばいい?

同業種またはクリエイティブ職への転職を目指す場合、アートやデザイン系に特化した転職サイトもあるため、求人は見つけやすいといえるでしょう。

そのほかに、今まで仕事をした関係者や仕事仲間から仕事や就職先を紹介してもらうという方法もあります。

異業種への転職先を探す際は、ハローワークなど公共機関の利用や転職サイトなどを利用する人が多いようです。