イラストレーターに向いている人・適性・必要なスキル

イラストレーターに向いている性格・適性

イラストを描くことを仕事にしたいと思える

イラストレーターにとって、最も大事なことは「イラストを描くことが好き」「イラストを仕事にしたい」という思いでしょう。

イラストレーターになると、ひたすらイラストのことを考え続けるため、「趣味で時々イラストを描くことが好き」くらいの生半可な気持ちでは続けることが難しい仕事です。

「絶対にイラストで成功する!」くらいの強い思いがある人でなければ、イラストレーターとして生き続けることは難しいかもしれません。

また、この仕事ではただ好きなイラストを描くだけでなく、仕事としてクライアントが望むものを作り上げなければならないため、相手の期待に応えることで喜んでもらうことにやりがいや充実感を得られる人であれば、イラストレーターには向いているといえます。

オリジナリティを追求しようとする

世の中にイラストレーターはたくさんいます。

そのなかで多くの人に支持されるイラストレーターになるためには、やはり「オリジナリティの追求」が不可欠です。

この世界では、あまり上手とは言えないかもしれないけれども「一度見たら忘れない」「他の人には描けない」といわれるイラストレーターのほうが、結果的に成功しているケースが多く見られます。

最初からオリジナリティを見出すことは難しいかもしれませんが、イラストの勉強をしていくなかで、自分にしかできない描き方や画法を見つけていくことも、イラストレーターにとってはとても大切なことです。

プレッシャーに打ち勝つ強さ

イラストレーターの仕事は、常に納期との戦いとなります。

すんなりとイラストが描ければ問題はありませんが、何度かいてもよいものが描けなかったり、アイデアが思い浮かばなかったりすることもあります。

こうしたとき納期は大きなプレッシャーとなって立ちはだかりますが、イラストレーターはこれに打ち勝つ強さを持っていなくてはなりません。

基本的にイラストを描くという作業は、自分一人で行います。

自分自身と向き合いながらイラストを描くという作業は、どうしても精神的な孤独や負担を感じることも多いため、そのような状況でも楽しめる人やプレッシャーに強い人に向いていると言えるでしょう。

イラストレーターになるには

イラストレーターに必要なスキル・能力

画力

イラストレーターにまず求められるのは画力です。

そのためにはデッサンを繰り返したり、さまざまな画材を使いこなしたりと、日々の努力と健さんが必要になります。

こうした努力をすることで、画力向上だけでなくイラストを短時間で書けるようにもなります。

デジタルソフトを使いこなす力

イラストレーターの多くは、アナログではなくデジタルでイラストを描いています。

そのため、スムーズに仕事を進めていくためには、「Illustrator」や「Photoshop」といった専門のソフトを使いこなせることが重要になってきます。

イラストレーターに向いていないのはどんな人?

イラストレーターはクライアントから依頼を受けて仕事をします。

そのため「自分の好きな絵を思い切り書きたい」「自由にイラストを描きたい」と思っている人には、実はイラストレーターにはあまり向いていないかもしれません。

また、イラストレーターは営業活動や広報活動などあらゆる場所でコミュニケーション能力も必要とされます。

絵を描くことにしか興味がない、とにかく一人で仕事をするのが好きという人は、イラストレーターになってから苦労する場面も多いかもしれません。